*All archives* |  *Admin*

2009/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンジリング
アカデミー賞の授賞式


 すんばらしかったよね~~~~


やっぱ、エンターテイメントの国だな~~~


 ヒュー・ジャックマンが司会してたのにも驚いたけど、


そのヒュー・ジャックマンがいきなり踊って歌ったのにまたびっくり


 それがまたキレがよくてハンパなく上手い 


やっぱりハリウッドで第一線でやってる人って、結局なんでもできちゃうってことなんだろね


 『シカゴ』で レネー・ゼルウィガー と  キャサリン・ゼタ=ジョーンズ


完璧なダンスを見た時以来の驚きだったな~~



 で、アカデミー賞の余韻も冷めぬまま、


アカデミーではほとんど何も取れなかったけど、『チェンジリング』を見てきました。


チェンジリング


 【ストーリー】

1928年のロサンゼルスを舞台に、誘拐された息子の生還を祈る母親(アンジェリーナ・ジョリー)の闘いを描くクリント・イーストウッド監督によるサスペンスドラマ。息子は無事に警察に保護されるが、実の子でないと疑念を抱いた母親が、腐敗した警察に頼らずに自ら息子の行方を捜して行動を起こし、同時に市長や警察機構を告発する。


 レディースデイというのもあったけど、ほぼ満席


アンジェリーナジョリー すごかったです


 実話だってわかってても、ほんとにこんなことがまかり通ってたのか


って、もう、ずっと息が詰まりそうで、


 これ、家で1人で見てたら、


 「うぉ~~~~」 「いいかげんにしろよ~~~


なんて、画面に向かって突っ込んでたかも


 子どもを持ってる人は特に、アンジーに感情移入しちゃって爆発しそうになると思う


 いやはや 女は強い。。。そして、事実は小説よりも奇なり。。。



 で、すっかりヒュー・ジャックマンに魅せられてしまった私


見るつもりなかったけど、『オーストラリア』見るぞ~~

 


スポンサーサイト
精華女子高等学校吹奏楽部
精華女子高等学校吹奏楽部

   第25回定期演奏会


友達の愛娘が精華の吹奏楽部に所属してるってこともあって


  定期演奏会を見てきました


・・・びっくりした~~~


 マーチングが世界一になったことがあるってことは知ってたけど、


吹奏楽部=マーチングバンド という構図になってることすら知らんかった


 それどころじゃない


全日本吹奏楽コンクール全国大会でも金賞の常連校


 スタートからぶったまげ~の迫力


うちの息子ちゃん2号が城東高校ですから


 城東の吹奏楽部のうまさに、入学式でぶったまげとったけど


精華の吹奏楽部は、楽器の演奏だけじゃないとって


 踊るわ歌うわ演技もするわ。。。


それがまた半端じゃないんだよ


 ディズニーの曲に合わせて踊りだした時は、


あっら~~~うまい子がいっぱい~~って思ったくらいだったけど


 「きよしのズンドコ節」を歌った子もかわいかったし、


なんたってⅡ部の『ライオンキング』にはとにかくびっくり~~~


 劇団四季のライオンキングを見たことあるけど


ほんとに全然ひけを取らない


 保護者のみなさんが作ったらしい衣装や、


ゾウとかキリンとかのはりぼても、とにかく素晴らしく


 それに負けない生徒たちのダンスやもちろん演奏


セリフまわしとか歌も、もうこのまま博多座のステージに乗れるっちゃない


 ってくらい上手だった


特にスカーの役をしてた子は、もうプロでしたね。。。


 シンバとナラも堂々とした歌いっぷり


そうそう、脇に並んでコーラスをしてた子達も上手だった。。。


 で、そういう子たちがⅠ部では全員普通に楽器も演奏してた子たちだなんて


お~~~嘘だと言ってよ ジョー


 さらにさらに

Ⅲ部ではおまちかねのマーチングステージ


 一糸乱れぬ動きと演奏、それから、なんて言うの?旗をくるくる回すやつね


   とにかく美しい


中央でくるっくるバトンをまわして、自分もくるっくる回ってた子は


 バトンで世界3位なんだって


ほんとすごかった。。。


 
 前半のステージではリズムがあってないとことか、すっとぼけた音を出す子がいたりとか


何箇所か気になったところはあったものの、


 あと、旗を(なんかきっと名前があるんだろうけど^^;)落とす子が時々いたけど


そういう時も慌てることなく、対処の仕方も上手やったな~~



 最後は全員で合唱 もう泣きそうでしたよ


だいたいこれだけの曲目を、振り付けも演技も、


 いったいどんだけ練習したっちゃろうか


ってか、こんなことが限られた時間で可能なのか


 って、ほんとうにびっくりしっぱなしの3時間でした


これで入場料1000円は安すぎやろ


 ・・・しかもチケットもらって行ったのが申し訳なくなっちまった


団体で見に来てた高校生や中学生もいっぱいだった。


 帰りにうしろにいた女子高生が


 「山口と福岡でこんなにレベルが違うんやね。。。


って、がっくりして話してたのが耳に入って苦笑しちゃったよ



 まあ、高校生活をこんなすんばらしい経験をつみながら過ごせてるこの子たちは


まじで幸せだね


 ちなみに、この精華女子高等学校の卒業生に YUI がいるらしい。


  ・・・中退やけど



 
 




007~慰めの報酬
007.jpeg

 
 こういう映画が見たかったんよ 


   『007~慰めの報酬


 出だしから、これぞ007だ~~~ って感じの


 ちょっとセクシーでレトロなオープニング


息もつかせぬカーアクション


 かと思ったら、海上で船でおっかけっこしてドカーン


 空でも飛行機でおっかけっこしてドカーン


それから、なんつったって豪華


 泊まるホテルも超豪華


すぐにチャーター機で世界中どこでも行っちゃう


 オーストラリアで オペラ 『トスカ』 を鑑賞しながら 


  悪い相談をしてる黒幕たちを見つけるシーンとかあるけど


 劇場も豪華だし、ステージがまたまためっちゃめちゃ豪華


前作の 『カジノ・ロワイヤル』 から 何時間後からの話らしくて


 正直、前作のストーリーを随分忘れちゃってたけど


確か、家ごと水に沈んでいって、恋人が一緒に沈んで死んじゃったんだっけ


 なんかそんなんだったと思うけど、


復讐だとか、CIAとか各国の政府の要人が黒幕だとか


 何もかもボンドに濡れ衣着せてって。。。


みたいな流れはあるものの、


 まあ、いろいろ考えなくていいこういう映画が、やっぱ好きなんだなぁ~~


砂漠の真ん中に、なんでこんな豪華なホテルがこんなとこにあんの


 みたいなゴージャスでおっきい建物が、


これでもかってくらい燃えて崩壊していくあたりは


 そりゃ~~壮観です


それと。。。。イタリア行きた~~~い って思った。


 青い海~~~~中世の町並み よかですな~~~


製作費いくらかかってんだろ


 世の中が不景気だってこと忘れちゃいます~
夜のピクニック
夜のピクニック


最近、図書館で本を選ぶのに少しコツがわかってきた


伊坂幸太郎はの「ゴールデンスランバー」は、


 【このミステリーがすごい大賞】と【本屋大賞】のダブル受賞だったわけで


 で、ほんとに期待を裏切ることなく、

 
 びっくりするくらい面白かったんで、


   なるほど~~ こりゃ参考になるわ


 だいたい、芥川賞とか取ったものは、私みたいなのが読んだって、さっぱりチンプンカンプンだし


 直木賞を取るのにも、実績やらなんやら必要みたいで。。。


で、


 今回は2005年本屋大賞受賞の 恩田陸の『夜のピクニック


    読んでみました


 息子の学校が発行してた「オススメの本」の中にも、先生たちがお勧めする本の中にあったし


 まあ、もともとは映画になってることは知ってたので、と言っても


 『鹿男あをによし』 で堀田イト 役をやってた 多部未華子が主演をしたことだけ知ってたんだけど


 年末に地上波でTV放送があったものの、録画してたそれを見ようとしたら


 途中で激しい睡魔に襲われ、最後まで見ることができず。。。


な~~んていろいろ曰く付きの『夜ピク』だったわけだ



 高校生の話だし、こんな年で読んでもな~~ な~~んて思ってたけど


 ところがどっこい


 おばちゃんが読んでも、なんの違和感もない


 ただひたすら歩くだけ、の話に、どんなストーリーが隠させてるのか


   いやいやいやいや。。。


こりゃなかなか深い。&爽やか & 読み終わってすっきり


 スプライトみたいな作品でしたね~~^^


 80キロの行程を、一昼夜かけてクラスメートと歩く


ただ歩くだけだから、普段、時間に追われて先延ばしにしてたような


 あんなことやこんなことを、じっくり考える。じっくり話す。


そんなことって、日常の生活の中では、確かに不可能だよな~~~


 読んでて、主人公の女の子のイメージが、多部未華子にぴったりやな~~~


   と、感心しきり


原作を読み終わってから、睡魔のせいで後回しになってた


 映画『夜のピクニック』を改めて鑑賞


夜ピク 映画


 原作どおりのセリフ  原作が要求してるとおりの表情を見せる出演者たち


    こりゃすばらしい


 ただ、最後の約束の部分だけ、どうして原作と変えたとかいな


 これ、原作を読んでなくて見ても、ちゃんと意味がわかる映画なんやろか


 以上2点 疑問は残ったけどね^^


まあ、これで、これまで話の筋がわかっちゃってるドラマを見るのも


 犯人が誰かわかってる推理小説なんかも絶対読まない人だったけど


それはそれで楽しめるってことがよくわかった


 てなわけで、次は 鹿男 本


 これ、読んでます~~~
ハイスクールミュージカル
ハイスクールミュージカル


 『ハイスクールミュージカル


 映画としては3作目らしいけど

 主演の2人が来日してたのは知ってた。。。

 ふ~~ん。。。って思ってただけだったけど


 

ダンス仲間のりえこちゃんが「すごいよかったよ~~特にダンスが

 というので、おまけに千葉のねーちゃんからも

 観に行って面白かったメールが届いてたんで (これがほぼ毎週くるのだ


 基本的にはミュージカル映画は見ない人なんだけど

 バレンタインの土曜日 おばちゃん1人で見てきました


 14日はTOHOの日ってことで1000円。しかも土曜日だったけど

 劇場内はガラガラ

 
 まあでも、歌って踊るのを見るのは大好きなんで

 充分楽しめました

 曲もよかったし、歌うまいし、もちろんダンスも。。。


 女の子の脚がやたらキレイなのにひたすら釘付け

 じっと座って見てるのは少々ツライかな~~


 踊りたくなっちゃってむずむず。。。


 1も2も見てないし、まったく予習なしで見たけど、そこんとこは全然大丈夫


 たださ~~なんでクラス全員がこんなに踊れるわけ

 ショーの曲も生徒が作って、振り付けも生徒。どんなすごい人たちやねん


 なんていらんところが気になったりして^^;

 つまり、演劇の学校って設定なんだよね


 こんなに歌って踊って、バスケしてパーティして。。。遊んでばかりに見えるけど

 で、スタンフォード大やらエール大やら、ジュリアードに行けるのか


 などど、来年息子の大学受験を迎える母としては、

 やっぱ変なところを突っ込みたくなる映画なのでした

メイちゃんの執事
水嶋ヒロと向井理



 水嶋ヒロ ってほんとにかっこいいよね。。。


 イケメンパラダイスに出てた時は、そんなにいいっけ


 と思ってたけど、『絶対彼氏』で、むむむと思い、


 この『メイちゃんの執事』では、まあ、匂うような美しさ


  なんだかセクシーだよね


 いいオトコの絶対条件、【声】がいいのよ


 で、またこの執事服 かっこよすぎ~~~~~


きっと、玉木くんが着たら。。。う~~~美しいやろな~~



理人


 ドラマ自体は、もうどうしようもないくらいくだらないんだけど


完全に『イケパラ』のパクリだし、まじでくだらない


 なのに、つい見ちゃうんだよね。。。


ってか、セリフなんか聞こえてなくてもいいんだよ。水嶋ヒロが見られれば


 なので、よくキッチンから炊事をしながら眺めてたりする


こんな内容なのに、『ラブシャッフル』よりも視聴率がいいってのもちょっと納得いかないけど


 まあ、イケメンみたさにドラマを見てる私みたいなのが、結構いるんだろな


それに、理人(水嶋ヒロね^^)が使えるお嬢様が、でかいばかりでたいしてかわいくもない榮倉奈々ってところも、


 若い女の子が見てて、なんだか安心できるところなのかもね


 あ~~~~んなにしゅてきなイケメンくんに


  「あなたにお仕えしたいのです


 な~~んて言われたら、そりゃ萌え~~~~だわよ


 究極の願望かもな~~~



 ついでに、水嶋ヒロって、慶応を出てるんだって


中学生までチューリッヒにいて、日本に帰ってきた時には日本語が話せなかったとか。。。


 ってことは、英語もぺらぺら???


これだけかっこよくて、バイリンガルで慶応ボーイ


   ふぅ~~~~なんかすげ~~な~~~
チェ 28歳の革命
チェ 28歳の革命


  『チェ 28歳の革命』


 私にしてはしぶい映画を見たもんだ。。。


 だいたい、チェ・ゲバラという人を知らなかったのよ


 映画を観にいくと、これから公開される映画の予告がじゃんじゃんあるやん


 あれを見るのも楽しみの1つ


 予告編を見て、次に観にくる映画が決まるわけだ。


 チェ・ゲバラって人がいたことも、映画の予告を見るまで知らんかった


 大学受験の時に、社会科の教科選考を「政経」と「地理」にしたので


正直、世界史はぜんぜんダメ


 世界史をちゃんと勉強した人は、チェ・ゲバラを知ってるんだろうか。。。


おにーちゃんは学校で世界史の先生から、この映画は見るようにといわれたらしい。


 ま、とにかく、世界的にはカリスマって言われるほどの人のことをな~~んにも知らない


なんて、ちょいとまずいんじゃないか


 と思って見に行ったわけだ


で。。。途中すごい睡魔に襲われつつ、それなりに勉強になったな~って感じだった。。。



 とにかく全てが事実だそうで、ドキュメンタリー映画みたいだったな~


それから、いろんな時代がとびとびに出てくるので、んんんって


 で、俳優さんのすごいとこで、その度、すっげーやせたり、太って貫禄がついたり、


それで、何歳くらいの設定なのかがわかるってとこがまたすごかった


 
 それよりも何よりも、この映画の前にあった新作予告で


 『真夏のオリオン』がついに登場したのだ~~~


真夏のオリオン



 スクリーンに 『真夏のオリオン』 って映し出された時、


思わず あっっと叫んでしまったけど


 他のお客さんはだ~れも、なんじゃそりゃ~~


って感じだった。。。


 
 その上、この予告を見る限り、どんな映画かさっぱりわかんね~~ってか


「面白そう~~」ってのがないんだよね


 玉木タンは最高にげっそり痩せてる時だし、それで戦時中のあの帽子をかぶると


    ますます細すぎ・・・


もちろん私は見に行きますわよ


 でも、これで動員できるのか~~~


なんて、とてもとても心配になったのでありました。ふぅ~
20世紀少年<第2章>最後の希望
20世紀少年



 『20世紀少年<第2章>最後の希望』


ひゃ~~~~~おもろかったどぇす~~


 いやいや、第1章の時も、コトイチやな(今年1番面白かった映画)なんて


おにーちゃんが大絶賛してたけど


 第2章もますます謎が少しずつ解決しつつ、さらに深まりつつ


今日は映画の日で、かつ日曜日だったんで、映画館はびっくりするくらいの満員御礼



 息子たちと3人並んで見るのに、端っこの席しか取れなかったんだけど


劇場内の人全員が、2時間半の間、ほんとに息を呑んで食い入るように見てたのが


 手に取るようにわかりましたよ



いやいや、、、トヨエツかっこよすぎ


 原作をあえて読んでないので、ストーリー展開にもはらはらびっくり


登場人物もすっごい多いので、子どもの時のアレがこの人で、コレがあいつで。。。


 なんて、見終わってからも、息子たちとあーでもないこーでもない


しまいにゃ、誰が【ともだち】なのか賭けようなんて。。。



 つまり、1人で見たらもったいない 必ず誰かと一緒に観にいくべし



私と同年代以上の人には、万博会場が映った時に感動あり


 アメリカ館やソ連館のパビリオンが、当時と同じ姿で出てくるのだ~~~


この、ソ連館のとこで、妹と2人で迷子になったのを思い出した



 こんにちわ~こんにちわ~~~世界の~~国から~~~


なんて、鼻歌が出てくること間違いない




 ついでに、おとといは息子2号の16回目の誕生日だった


毎回、子どもの誕生日には、ほんとに無事にすくすく育ってくれたことに


 感謝感激ひとしおなんだけど、


勉強もいまいちだし、だからってスポーツが得意なわけでもなし、


 なんとなく全てが中途半端だけど、


こんないい子に育ってくれて ありがたや~~ありがたや~~~



 あ~~~今日も幸せだ~~~
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。