*All archives* |  *Admin*

2009/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ホルモー六景
ホルモー六景

  
  万城目 学 『ホルモー六景』


 おんもしろ~~~い 


 
タイトルでわかるとおり、あの 『鴨川ホルモー』の


 スピンオフでオムニバスになってる


ほんとは、映画を観る前から 『鴨川ホルモー』が読みたかったんだけど


 図書館に行くたびに探してはみるけどいつも貸し出し中で


代わりに、この 『ホルモー六景』 は必ずあるのよ。。。



 で、ま~いいか と思って借りて読んでみたら。。。。



こりゃ面白い


 もちろん、『鴨川ホルモー』は映画を観てたので、


知ってる登場人物や、ホルモーのなんたるかはわかった上で読んだから


 すっと入り込めたってのもあったやろうけど


これを読んだあと、返しに行ったら『鴨川ホルモー』があったので


 あとから本編を読んだんだけど


正直、本編の『鴨川ホルモー』より、


 こっちの 『ホルモー六景』の方が面白いかも~~~



ホルモーの歴史に伴って、時代も何百年とさかのぼったり


 織田信長とか、『檸檬』の梶井基次郎 とか出てきて、


まるでノンフィクションのような気になってめっちゃ楽しい



 『檸檬』といえば、さだまさしの『檸檬』


    あの日~湯島聖堂~の 白い


     石の階段に~~腰~かけて~~


なんてメロディが頭をぐるぐる。。。でも、その先の歌詞が思い出せなくて悶々としたりして


 で、あとになって、『鴨川ホルモー』を読んだら、


主人公の安倍が、さだまさしを崇拝するヤツだったってことがわかって


  ・・・その点は映画には描かれてなかったからね


で、な~~るほど~~~みたいな。。。


 あっちを読んだら、こっちを読んでみたくなって、


こっちを読んだら、またあっちが読みたくなって。。。


 って感じのとにかく楽しい作品でした~~~
スポンサーサイト
剣岳 点の記
剣岳1


  『剣岳 点の記


予告編を何度も観てて、なんてしぶい映画じゃろ って思ってた。


 なんたって、日本を代表する 【渋い系俳優】がぞろっと、これでもかってくらい出演してます。


  浅野忠信  香川照之  松田龍平  宮崎あおい  仲村トオル  役所広司


   小澤征悦  井川比佐志  國村 隼  夏八木勲 。。。


浅野忠信ってつい最近、『鈍獣』でとぼけた役をやってたけど(見逃したけど^^;)


  つまり、実際に浅野忠信の映画って見たことあったっけ


だったけど、それはそれは穏やかで、でも信念を貫く男って感じで シブい~~


 それから、どの作品に出てても存在感抜群の 香川照之  シブい~~~ この人、東大出てるんだよね。。。

  


 しかし、何よりもすごかったのは、CG一切なしで撮ったというその映像ですがな


ものすごい吹雪 一面の深い深い雪山


 こんなところに、よくこんな俳優さんを登らせたよなって


   絶対びっくりします



 浅野忠信と香川照之が、腰掛けてきのこ汁をすする向こう側に


  一面の雲海 そこに沈む夕陽


突然現れるカモシカや熊や雷鳥


     立山連峰の輝くばかりの紅葉


 美しいことこの上ない



フツーに美しいだけじゃないので、思わずあちこちから


  「おお~~~」 とか 「うわ~~キレイ~~」などのため息が。。。


って、ため息くらいならいいっちゃけど


 どこかの老人会のイベントかってくらい


ほぼ満席のご老人の方々。。。


 しかも、夫婦で来てるっぽい人たちが多くて、


映画慣れしてないのか、上映中でもしゃべるしゃべる


 これがうるさいのなんのって


映画始まる前に 「上映中はお静かに」って言ってたの


 聞いとらんかったとか~~


 
マイケル死す。。。
昨日、水虫くんのお父さん、だから私のおとうさんでもあるけど


 が、前立腺がんの手術だったので、


私も朝から大分に行ってきました


 帰りにFM大分の番組でイントロ当てクイズをしてた


マイケルジャクソンの「Bad」 懐かしいな~ これ、ダンスの発表会でも踊ったぜ


 なんて思ってたら。。。


なんと、朝から大ニュースになってます


 どんなにお金があっても、ちっとも幸せそうではない人でした。


あまり長生きするタイプの人ではないけど、、、それにしても、この早すぎる死も伝説になるんでしょうね。。。



 で、話はころっと変わるけど、大分に帰るにあたって、国東のばーちゃんに電話をしたら


水虫くんは何時頃帰ってくるかがわからん って言うので


 んじゃ、私が水虫くんに電話して、そっちに連絡するように言っとくから


と請合ってから、水虫くんに電話してみた



   「じゃ、ばーちゃんに電話しといてね」


    「なんであんたがせんの


   「なんでって。。。さっき電話したばかりやけん、今度はあんたがすればいいじゃん」


    「なに?そんなにかーちゃんと話すのイヤなん


       はあ


   「そんなことないけど、電話させるって言ったし」


   
    「あんたとかーちゃんの関係ってそんな険悪なん


   
        あああ オマエはアホか


   「何言ってんの めっちゃ仲いいよ



    「そりゃ、かーちゃんが我慢してるけんやろね」


 
       ピキッ


  そりゃもちろんそれは相当あるでしょうよ でもね~~~


   
 あんたが実家に帰らない間も、私はせっせと子供を連れて国東に帰って


  すっかり良好な関係を築いているのだ


 だいたい結婚して20年、水虫くんが実家に帰ったのって20回ないと思う。


  私は多分100回は帰ってるよ


 
 電波が悪くなって携帯が切れたあと、割とすぐまたかかってきた。けど


  ちょうど食後のお茶碗を洗ってたのですぐに電話に出れないでいたら。。。



  「なんですぐ出らんの


   「お茶碗洗ってて手が離せんかったとって」


 
  「なんで?何を洗うって?」


   「何って。。。そりゃご飯食べりゃ~洗うものもあるやろ」


  「あんたご飯作ってんの


   「 そりゃそうやろ」


  「へ~~~ほんとに


    なにそれ。。。


   「当たり前やろ 毎日作るよ」


  「ふ~~~ん ほんとかな~」


    ぶちぶちっ


  何が言いたいと 何 からんできてるんだ



  「あんた酔っ払っとろ


  
   「まあ、飲み会やったけど。。。」

  
        「ところで、もう10年ぐらい俺たちやってないよね


   な・な・な・なんだ その話か


   「あんた、どこかよその男と済ませてんの


   ぎょぎょぎょ それを聞く


 基本的に嘘をつくのが苦手っちゃけん、答えにくいことは聞くなよな


  「あ~~まあ、オンナの人はしなくても平気だから

 
   「あ~なんかそうらしいね~」


    ほっ。。。


   「じゃあ、今度しようか


    あ~~~~~~~  嘘やろ
 

  「いや、お断りさせていただきます」


  
   「なんで?なんでなんで?」


      「子供たちが育ちあがって俺たち2人になって、一緒に生活できるんかな~とかいろいろ考えるんやけど。。。」


    そりゃそうだ だけど、そんな難しい話は先送りにしとこう



  「私はね。。。今は自分たちのことより、まずは子供たちを大学にやることを最優先に考えておきたいっちゃけど。。。」


   「なに?私はって?」

 
        「あんた1人で子供を大学にやるつもりってことやろ


  
    あん なんだそりゃ ひがんでんのってか、激しく揚げ足取りじゃね


  「何?あんたはお金出さないって言いたいのか


   「だって、ないし。。。」


 ・・・・いいから死んでくれ  


この後も、水虫くんの”ただの酔っ払いのからみ”は1時間も続いたのであった


 『白い春』の最終回の日だったので、半分くらい進んだあたりで、


  「いいかげん、白い春を見せてくれ」って電話を切ったんだけど


    ・・・『白い春』 よかったよね~~ 号泣したわ~~




 昨日、じーちゃんの病院で会って、


  
   「あんたさ~~昨日、電話で私にさんざん絡んだのって覚えてんの


 って聞いてみたら


    「ぜんぜん」 って。。。。



    はぁ。。。。


 まあ、いろいろストレスもたまってんだろうけど。。。仕事も全くぱっとしないしね


 すぐにおかあちゃんにもチクってあげといたよ



   どっちにしろ、こんなことを続けてたら、将来、一緒に生活することはないって覚えとけ~~

 
 
 
MW ビジュアルブック
あ~~~~~もう どうしてこの人はこんなに美しいんでしょ

20090623203321.jpg

 いい男は後姿もかっこいい っちゃ、


キムタクを見送る青森のリンゴ園のおばちゃんのセリフだったけど


 まさに、そうですね~~~


 『MW~ムゥ VISUAL BOOK』は、まさに玉ちゃんの写真集って感じ


イーバンクにお金を補充しなきゃな~と思いつつ、あまぞんで予約しないままだったので


 今日フタバ図書に並んでたのを見つけた時は飛び上がりましたわ


なんたって、ここ粕屋郡は、本屋に行ったところで、目的の本がないことが多い


 発売日だって、東京から3~4日送れるのはあたりまえ


とうとう入荷しないことだってある


 玉友さんたちの掲示板の書き込みを見て、買うと決めたらあまぞんで注文ってことも


ほんとに、インターネットって便利



 前は、玉ちゃんが載るってわかれば内容はともかく必ず買ってたけど


最近はものすごく増えちゃったからね


 選ばなきゃいけなくなったのも、嬉しい悲鳴だわね


今日は『JUNON』も買ってきた


 最近は、玉ちゃん好きじゃなけりゃお目にかかることもなかったやろね~


って雑誌を買うことも多くなってきた。


 ここ最近買った玉ちゃん関連の本で、特によかったのは


  もち『MW ビジュアルブック』


 『月刊TV navi』 『日本映画magazine』 『からだにいいこと』 『FLIX』 『日本映画HEROES』


  本棚の玉ちゃんコーナーがもうあふれてきた。。。どげんかせにゃ~~
トランスフォーマー リベンジ
トランスフォーマー1


  7月にあるダンスユニット発表会のリハーサルで


朝からず~~~っと踊りっぱなしだったんで、なんかくたくただったけど


 息子たちと一緒に見に行ける映画が減ってきた昨今。


   『トランスフォーマーリベンジ』観てきました


 若干子供向けの予告がいくつかあって、本編が始まる頃には


くたくたの母はもうまぶたが重~~~くなってきて、こりゃやべぇな。。。


 なんて思ってたけど。。。


ま~~~始まった途端、すっごいスピードとド迫力の映像に


 上のまぶたもぶっとんだ 



ターミネーター4に比べると、やっぱ少し子供向けな所もあるけど


 一歩間違うと完全な子供だましな映画になるところを


圧倒的なアニメーションの技術で完璧に補ってます。。。


 走ってた大型ロボットが、がしゃんがしゃんってあっという間に車になっちゃうところは


ほんとすごいですよ 


  150人のスタッフが1年かけて作ったシーンだとか


で、結構笑えるシーンも多いし、みんな結構大爆笑してましたね



  前作では情けない、いけすかないヤツだったのが


 今回はまた意外な形で登場して活躍するあたり、


    なかなか芸が細かい


それから、ただロボットに頼るだけじゃなくて、軍人さんたちがかっこよくてさ~~


トランスフォーマー2 この人とか トランスフォーマー3 この人とか、


 かっこいいのよ~~~


 飛んでる飛行機からだ~~~っと飛び降りていくシーンとか


  たまらんです


それから、主人公サムの彼女が、前作の時よりもずっとキレイになっててトランスフォーマー4



 しかも、これでもかってくらいセクシーなのさ


  つまり、いろんな世代の人を思う存分楽しませてくれる映画ってことね



これから夏に向けて、息子たちも見たがってる映画が続くので、


 母としては嬉しいかぎり


  次は7/15~の 『ハリーポッターと謎のプリンス


それから、8月の 『20世紀少年~最終章



 その前に 7/4公開の 『MW~ムゥ』は見らんとかって迫るんだけど


おかあさんと見るのは死んでもイヤらしい


 玉木くんのかっこいいシーンを、おかあさんが黙ってみてるはずはなく。。。


   恥ずかしいから絶対やだってさ

ああ。。。二日酔い
あまりに料理が美味しくて 楽しくて、んでもってお酒が旨くてさ~~


 調子こいて飲みすぎちった


今日1日、二日酔いで頭痛~~~~~ 昨日のこと半分覚えてない


   こわ~~~あせるわ~~


 福岡市内舞鶴にある 『まこと家』 ってとこでした まこと家外観


 実際は、この向かいのビルの2Fにある”離れ”で席を作ってもらったんだけど


まず、刺身の盛り合わせ


 口に入れた途端溶けちゃう中トロ、伊勢えびのお造り、さわらのたたき が特にうまかったな~~~


ほんと、感動ものでしたわ。。。


 それから、さざえのつぼ焼き、の前に ハマグリとかにの茶碗蒸しも出たっけ


それと、すげ~~~美味しかったのがmakotoya05.jpg


 鯛かな?味噌焼き・・・うまかった~~


1500円の飲み放題をつけたんで、梅酒にビールに日本酒いろいろ


 日本酒がうまくてさ。。。最後のあたりは記憶があいまいだ~~~


これで1人5500円って安くないですかぁ


 ちゃんとお金を払ったのか記憶がほとんどないまま、


2次会でカラオケへ。。。


 3:30くらいまで歌ってたんだよね


そりゃ、全員合唱団の人ですから 歌うのは好きやもんね~


 やっと頭痛も治まってきたけど、いい年こいて調子乗りすぎました


これに懲りずにまた誘ってね~~
2度目の『真夏のオリオン』
オリオン5


 『真夏のオリオン』 2回目観てまいりました


やっぱ、いいですわぁ。。。


 映画のPRでいろんな番組に出て玉ちゃんが言ってたことが


映画を観てるとよくわかる こういうところを観て欲しかったっちゃね~って



 私も5年ほど今の在宅ワークをやってきて、今、800人くらいのメンバーさんがいるんだけど


みんな私のことを信じてついてきてくれてるんよね。。。


 まあ、若干の空恐ろしさはあるけど


『真夏のオリオン』で描かれてる【理想のリーダー像】みたいなものは


 まさに私みたいなヤツには、ドンと胸にこたえます。


部下をとことん信頼して、大事に思ってて、何に変えても守らなくちゃ~と思ってて


 でも、決して上から目線じゃなくて、


玉ちゃんは、この倉本艦長のことを「ぶれない人間」って表現してたけど


 確固たる信念だったり自信だったり、迷わないとこだったり。。。


でもって、全てを包み込むような優しさ。。。包容力


 危機に面しても、穏やかで、あんな優しく微笑まれたら。。。



そりゃ~~~~付いて行きますわよ


 これを見てるリバースの各リーダーのみなさん


 是非、お近くの劇場まで 『真夏のオリオン』 観にいってくださいませ


  ってか、みんな忙しいよね~~~ 毎日お疲れ様ですm(__)m



 それと、麻生さんも見た方がいいね ぶれないリーダーってとこを



さて、今日は飲み会だ~~~


 トニカに入ってなきゃ、私みたいな、どこにもお勤めしてない主婦は飲み会なんてなかなか縁がないけど


 飲み事が大~~好きなトニカのみなさんのおかげですぅ~~


  さ~~て飲むぞ~~~~

ターミネーター4
ターミネーター4


    『ターミネーター4


いや~~~すごかった~~~


 2時間が あっ と言う間なのよ。。。ほんとに


もちろんターミネーターのシリーズは1から全部見てるけど


 今まで「2」が1番面白かったかな~と思ってたけど


作品の作り、映像の迫力、情け容赦ないストーリー展開は


 これまでで1番面白かったかも


またさ~~オトナになった【ジョン・コナー】のかっこよかこと~~


 それから、今回のターミネーターさん【マーカス】 いいよ~~~


マーカスを助け、助けられる女戦士 【ブレア】


 すっごいみんなかっこいいとって



こりゃ、観客動員数取れるよ。。。


 なので、みなさん、まず 『真夏のオリオン』を見にいきましょう


 『真夏のオリオン』は、中高生にも観てもらいたいな


玉木宏 熱愛!?
朝、お弁当を作りながら、キッチンから何気にTVを眺めてたら


 玉木宏・・・あとはよく見えない


 ・・・の文字


 よく見えないながらも、こないだの水嶋ヒロ 電撃結婚


 の時のような、いや~~~な気配というか


一瞬、ドキッとしてゾッとして血の気が引いたような気がした


 玉ちゃん。。。どんどん彼女を作るのはいいけど


いきなり結婚ってのだけはやめて欲しいな~~~


 やっぱ、心の準備ってものをしておきたい。おかーさんとしては←だいたいこんな気分


吉高由里子


こないだ、なんかのインタビューで(アルバムリリースイベントの時かな~?)


 今、好きな人はいますか の問いに


   「好きな人はいます」 って


力いっぱい答えてたけど、


 玉ちゃんは、好きな人ができたらすぐ告っちゃうし


玉ちゃんに告られて、イヤっていうヤツはおらんやろうし


 万が一断られたら、時間がもったいない玉ちゃんは、すぐに次の人にGO


な人だからさ~~~


 つまり、好きな人がいる ってことは、「付き合ってる人がいる」ってことなのよ


ま、吉高由里子はキレイだし結構好きなんで、いいんだけど


 それにしても、玉ちゃん、若い子が好きだよね。。。


まあ、本当かどうかはわからんけど、


 おかげで今日はあちこちのワイドショーで玉ちゃんの動く絵までいっぱい見れた


 『MW』の宣伝になってた気がする。。。もしかして戦略



今はヨーロッパにいるはずの玉ちゃんには、この騒ぎは届いてるんだろうか


 たぶん、指揮の練習とか千秋モードにずっぽりはまってるはず


2年後までスケジュールが埋まってるって言ってたもんね


 きっと恋愛も、モチベーションをあげるための1アイテムなのかもな~~
合唱祭
日曜日は合唱連盟福岡支部の合唱祭でした


 なんと全部で51団体


その中でトニカは50番目の出演ってことで、朝9時から練習したから


 ほんとに1日がかり。。。ふぅ~~~~


なんだかなかなか疲れが取れない今日この頃


 講評の雨森文也先生も言ってたけど、ひと頃の合唱祭と違って


結構本気できてる団が多かったな~~ もちろんうちもね



 そりゃ、こりゃなんじゃ?練習か? って団もいくつかあったけど


上手な団がとっても多かったな~~


 午後の部からしか聞けなかったけど


コーロ赤坂 とか RKB女声合唱団 とか コーロ・ピエーノ


 九大混声も福教大も、学生さんたちも頑張ってますね~~


団員のほとんどが全盲っていう 「混声合唱団グリーンハーモニー」とか


 なんだか感動しちゃいましたよ


目が見えないから指揮者もいないんだけど、


 だから合わせるのって大変だと思うのに、accel. とか rit.とかフェルマータとか


さんざん揺れる曲だったのに、みんなで合わせようってのがすごくよく伝わってきて。。。



  よかったです 何より、楽しそうだった



 『らくうた』 から最近独立した(?) 「混声合唱団 うたうたい」


そりゃ~~もともと指導者側にいるような人たちで構成されてるような団だし


 (もちろん そうじゃないチャレンジャーも含まれてるけど


とてもとても美しいハーモニーでした


 ただね~~指揮の高嶋昌二さんなしで歌ったってのもあるんだろうけど


もうちょいうったえるものっていうか、熱いものが感じられんかったかな?


 この名人揃いの団で、なぜこの選曲???の「旅立ちの日に」と 「時の旅人」


お手本になるような演奏を目指してるらしい


 確かにお手本のように美しかったけど


 「旅立ちの日に」があまりにオトナな音色で、ちょっと違和感


やっぱこの曲は、ぴちぴちの中学生あたりに歌ってほしいね



 ヴォーカルアンサンブル・フェスティバルでも有名な 『Pons Show You』


上手でした~~~ 


 あの難しい曲をあの少人数で。。。いや~~~聴かせてくれました



久留米の 『tutti』


 ここは年々上手になるわ~~


ハーモニーマロンでも歌ったことがある 木下牧子の「ほたるたんじょう」


 こんなにキレイな曲だったんだ~~~


全員が手作り(らしい)の衣装。。。それも中世ヨーロッパ系のドレスやら。。。


 でまとめた 『コール秋桜』


これはものすごい目を引いてました。


 あんな衣装が着れるんなら、そりゃ楽しかろうな~~っておばちゃんたちのグループなんだけど


 衣装と動きで精一杯なのか、歌詞が全く聞こえてこない。。。残念


あとは、ステージ袖でしか聞けなかったけど


 『グリーンヒルコール』 うまい


昨年、トニカでも歌った松下耕の 『今年』


 ソプラノの高音が苦し~~い曲なのに、キレイに歌ってましたね~


さて、『トニカ』はどうだったか、歌った側はよくわからんけど


 やっぱ、なかなか練習の時のようには歌えませんな


最後に、ほぼ1時間押しになってしまった合唱祭を、


 最後まで残った人たちみんなでステージに乗って、


雨森先生の指揮で 『大地讃頌』 を歌いました。


 さすがに合唱をしてる人のほとんどが歌えるこの曲


 学生の時に歌ってたので、いまだにアルトパートしか歌えんけど


おかげで隣りに大庭尋子先生、後ろには稲永先生というラッキーポジションだったんで


 超~~気持ちよかったのだ~~~


150人くらいステージに乗ってたかも。。。


 感動して泣いてるおばちゃん多数


ってな感じの福岡合唱祭だったのでした。



 ちなみに、合唱祭があった大野城市で、今日、新型インフルエンザの患者が出ました
真夏のオリオン
とうとう初日を迎えましたね~~

20090614005651.jpgパンフ買ってきた

 今日、玉木くんからきたメールにもあったけど、


『KIDS』 の時も 『ミッドナイトイーグル』 の時も、こんなに宣伝してたっけ


 ってくらい、今回はものすごく頑張って全国宣伝に回りましたよね


毎回毎回、おんなじこと聞かれて、で、何度も何度も同じことを答えて


 嫌な顔ひとつせず。。。


もちろん制作側の思わくもあっただろうけど、


 玉木くん自身が、この作品を多くの人に見てもらいたいって純粋に思ってるんだろうな


って、メールを読んで思ったけど、


 映画を観て、さらにその気持ちがよくわかる気がした


   あ~~~今、ユーキャンのボクシング編のCMがあったかっこいいいいいいい



    『真夏のオリオン』


正直、期待以上、予想以上に、ものすごくよかった


 途中何度もうるうる~~~ってくるんだけど


悲しいとか、かわいそうとか、そんなんじゃなくて、


 なんだか胸がじ~~~~んと来て、


     たまにはこんな涙も必要だわ


 客席は半分までは埋まってないって感じだったかな


 若い女の子、、、明らかに玉ちゃん目的っぽいのは2人だけで


他はみ~~んな年配の方でした。


 だけど、途中で、玉木くんファンならきゃ~~って嬉しくなっちゃうようなセリフのとこでは


意外と劇場中の人から反応が。。。


 あれは完全にサービスシーンでしたね^^



敵艦との心理戦とか、音を立てたら見つかっちゃう~~~みたいなハラハラ感とかもあり
 

 何より、倉本艦長の穏やかで優しい微笑みとか、


そのセリフの1つ1つが、ものすごく心に響く作品でした



 どれかの雑誌に(新聞だっけ?)


 この作品は、玉木宏の【甘みと深みを併せ持つ低音】があって成り立ってる。。。


みたいなことを書かれてたけど、ほんと、観て納得した


 
 エンディングロールが上がってきて、最初に「玉木宏」って書かれてるのを見て


それでまた嬉しくなってじ~~~んとしたりして^^;;;


 玉木くんの演技よかった。ほんとに


堂珍さんも、初めてなのにセリフ回しとか上手でびっくり。



 もう1回見に行こう


ドラマの視聴率は、対象家庭じゃないから協力できないけど


 観客動員数は貢献できるはず


私たちが玉ちゃんを支えなきゃ~~~~~
 

 
玉木祭り~~~
朝刊のTV欄を開いたら、20090613011916.jpg



 いっきなりの玉木くん から始まって


今日は1日 「玉木祭り」でしたね~~


 KBCの『アサデス』・・・オリオンの試写会に福岡に来た時に撮ったインタで、結局2週間も待たせたわりには

     インタの時間 短っっ


     徳永玲子ちゃんが、やたらと 「美しいですよね~~~」とか「目の中にお星様が~~~」


  なんて、きゃ~きゃ~言ってた。。。 ま、気持ちはわかるけど


  ここで初めて聞いた話は、


 玉ちゃんが 「すごく大事にしてますよ^^ 眼球を


    って言ってたこと


 どう大事にしよっちゃろうか あの目の美しさの秘訣はなんだ



 『徹子の部屋』 は、、、やっぱり聞いたことある話が多かったよね^^;


 やっぱ、『A-studio』 が秀逸でしたね~~


鶴瓶と話してる玉ちゃんは、一番リラックスしてたみたいだった


 初めて見る写真もあったし、家でほとんどしゃべらない、とか、


妹にはすごい厳しいとか、スイミングをさぼって公園で髪を濡らしてたとか。。。あと、事務所の社長さんの話とか


 エロサイトの話までしてたよね


 他では聞けない話をこうやって聞きだすのがMCの腕やろ


  鶴瓶いいわ~~


玉ちゃんのお母さんの後ろ頭だけの写真も、なんだか妙に感動したな~~~


 お母さんの髪がちょっとぐしゃぐしゃだったのも、ちょっと親近感っつーか



 NHK 『トップランナー』 も、CMとか民放でのドラマの映像とかいっぱい出て


 へ~~~NHKも結構やるな~~~ でしたね^^


  ただ、ここで、初めて人に話すんですけど。。。って言って


 玉ちゃんが、「財布に塩を入れて持ってる」って話。。。  


これのちょっと前、19;00~BS朝日の『週間しっかり見ないと』なんつー番組の中で言っちゃってたね


 
 朝っぱらから、今日、玉木くんがいろいろTVに出るのわかってる??って


わざわざ電話してきてくれた人もいた


 これが、もはやすっかりはげ散らかした いとこのおっちゃんなんだけど


こんなとこまで私の玉ヲタが浸透したのか~~


 と、感慨深かった1日でありました。はい
ハゲタカ
ハゲタカ


   『ハゲタカ』


 のだめで玉落ちするまでは、基本的に我が家のTVにはNHKが映ることはなかった


  ・・・なんだか、あの空気が性に合わないってか


 朝ドラ 『こころ』に出てた とか 『巧妙が辻』 に出てたとか、


『氷壁』ってドラマで主演だったとか。。。全て、後になって見直したくらいだから


 今でもNHKは大河しか見ない。これも、『篤姫』からだもんね


なので、いつもの習慣でドラマの『ハゲタカ』も見たことなかった


 面白いよ~~~って言われたことあったんだけどね


 でも、映画館で流れる予告を見てて面白そうだな~~


って思ったのと、


 なんたって、玉山鉄二がかっこよくてさ~~ 玉つながりだし



 。。。で、かっこよかったっす


 TVのシリーズを見てたら、もっと楽しめたのかもしれんけど


    映画だけでも充分面白かった


フィクションだと言いながら、登場する企業が、どれも実在のものにかぶるし


 乗っ取られそうになる自動車メーカーは、まるでHONDAだし


破綻するアメリカの証券会社、劇中では「スタンリー・ブラザーズ」って名前で出てくるけど


 どう考えてもリーマン・ブラザーズだしね


そんなリアル感も手伝って


派手なアクションがあるわけでも、キレイな景色が見れるわけでもないのに


 映像も迫力があって、ハラハラしました。


玉鉄のドアップに


 「なんて肌がキレイなんやろ。。。」と


 口がぽか~~~んってなっちゃってました



さ~~て、次はとうとう待ちに待った『真夏のオリオン』だ~


 明日は朝から玉ちゃんはテレビに出ずっぱり


家から一歩も出なくていいように、今日中にすることは全部済ませた


 でもね~夜のNHK『トップランナー』と、KBCの『真夏のオリオン特番』が


最後の10分くらい時間がかぶっちゃうんだよ~~~


   どういうこと
MAZDA 新CM by 玉木
 マツダのメルマガに登録してると、そりゃ、時々メールくるけど

あんまり真面目に読んだことなかった。。。けど、


 今日はこんな文章発見



   新型アクセラCM・キャンペーンCMをWebで12日公開予定!
================================================================

  <その1>
   エコ・スポーツ発進!NEW MAZDA アクセラのCM
   「アクセラランナー篇」と「アクセラスタジアム篇」の2本
  <その2>
   現在TVでオンエア中の玉木さん出演キャンペーンCM
    「ハイブリッド比較検討篇」
 
 「アクセラランナー編」は、街中をアクセラと人が気持ちよく走る姿で、
 アクセラの新・環境技術i-stopをアピール。

 「アクセラスタジアム編」では、マツダzoom-zoomスタジアム広島にて、
 玉木さんが疾走しながら、アクセラの走りの楽しさをアピールしています。

 6月12日、是非、新CMをお楽しみください。
 そして、エコ・スポーツアクセラに触れて感じてください。

   ★TVCMライブラリはこちらから
    https://www.m-wm.com/cm/
アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン
アイカムウィズザレイン


 『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』観てきた


キムタクが出てなければたぶん観てなかったやろね~


 一言で言うなら、「気持ち悪ぃ~~」


  ストーリー:他人の痛みを身代わりとなって引き受ける特殊能力を持つ男シタオ(木村拓哉)が失踪(しっそう)。元刑事の探偵クライン(ジョシュ・ハートネット)は彼の行方を追って、ロサンゼルスからフィリピン、そして香港へとたどり着く。そこでシタオがある女性リリ(トラン・ヌー・イェン・ケー)と一緒にいて、彼女を愛する香港マフィアのボス、ス・ドンポ(イ・ビョンホン)もシタオを探していることが判明する。



 この文章って、全く的確にストーリーをあらわしてない。


ってか、説明するのが難しいよな~~


 私みたいに、全く無宗教なヤツには、少々難しい話なのだ 


ジョシュ・ハートネットが過去に殺人犯を殺したトラウマに苦しむ元刑事ってことだけど


 これが単に、人を殺した過去ってだけの話じゃないし


この殺人犯が、自分が殺した人間の体を使ってオブジェを作ったりしてる


 自称芸術家ってことなんだけど、


このオブジェが、もう吐きそうなくらい気持ち悪い



 イ・ビョンホンが、失敗した手下をなぶり殺すシーンもキョーレツ


相当ハードなシーンが続くので、お腹いっぱいの時とか、妊婦さんはやめた方がいいよ~~


 ↑このイ・ビョンホンの愛人がさ~~~


最初に映し出された時、な、なんじゃこりゃ~~って感じのオンナでさ


 まぶたは真っ青なアイシャドウと、なんだかゴツゴツした顔


 「101匹わんちゃん」に出てくるクルエラ(あの魔女ね)かと思った


 だんだん化粧も取れてきて、ナチュラルな感じになっても、


 ぺったんこの胸に角ばった顔、ちょっと爬虫類っぽくて


  なんだか工藤静香に似てるんだよ~~



 なんと。監督のトラン・アン・ユンの奥さんらしい 職権濫用か



 で、唯一癒されるのが、キムタク演じるシタオのシーン


こういう画面で見ると、キムタクって童顔だな~~って思った。


 けど、それが 「純粋」さや 「崇高」な感じをよく出してたかな


傷だらけ、泥まみれ、血まみれなのに、【美しい】


 瀕死のシタオに向かって、「あなたは世界一美しい」って男が言うシーンがあるけど


ほんとにそうなの



 この映画のタイトルイメージにもなってる十字架の形


    それが最後にすごく印象的な形で現れる。


 あ~~~あんまり書くとネタバレになっちゃうな~~~


 
   けど     ・・・キムタクは神でした



 で、チケットを買う時に、カウンターに「MW」の玉木くんの顔が。。。


おねーさん、チケットと一緒にくれないから、「それください」ってもらってきた


 『GAGA HEADLINE』ってニュースペーパーみたいなやつ


20090610001410.jpg表紙はこれ

 
 裏表紙は20090610001455.jpg


 で、中身は20090610001239.jpg20090610001305.jpg


あら~~~写メ撮ってる自分の足の指が映りこんでるやん ぶぶぶ


 ちょっと小さめの新聞って感じです。


内容も、玉木くんと山田孝之のインタあり 初めて聞く話も載ってて


 こんなもん、タダでもらえるなんて。。。


ここんとこ、玉ちゃん関連の雑誌代だけでとんでもないことになっとーもんね^^;;;;


 「ダークヒーロー結城美智雄」から、過去のダークヒーローへのコメント


なんて、ちょっと笑えるネタも満載です





 
ワールドカップ出場決定!!
は~~~ちかれた~~~


 後半、時間がたつのが遅いこと


血の気がさ~~~っと引いたと思ったら、すぐ急上昇して、


 また、ざ~~~っと血の気が引いて。。。


気分が悪くなる試合だったぜ


 あ~~~でも、よかった


岡田ジャパン 世界最速W杯出場決定


  
 

 岡田監督の 「あんなレフェリーいるのかってくらい頭にきましたけどね^^;」


    ってのに笑っちゃいました


 ウズベキスタン戦       ウズベキスタン戦2


  それにしても。。。


    中澤かっこよか~~~
 
消されたヘッドライン
消されたヘッドライン



ストーリー:ワシントン・グローブ紙は国会議員と亡くなったある女性のスキャンダルとは別に、同じ日に起きたもう一つの殺人事件との奇妙な関連性を発見する。敏腕記者カル(ラッセル・クロウ)は、編集長(ヘレン・ミレン)に渦中のコリンズ議員(ベン・アフレック)と接触するよう言われる。やがて彼の調査は思わぬ事件の真相に迫っていき……。



 面白いんだけど、まあつまり、昔からよくあるタイプのストーリーってこと


バックに大きな権力を持つ黒幕がいて、主人公の新聞記者がそれを暴いていく。。。


 ただ、とにかくどんでん返しが何べんも来るのでちょっとびっくり


黒幕がわかって、あ~一件落着 なんて思ってたら、もう1回ひっくり返されたりして。。。


 その分面白いっちゃ面白いんだけど、一旦解決したつもりだっただけに


 ん で、何がどうなったんだっけって


 ちょっと頭の中ぐるんぐるんになったままだったりして



それはさておき、ラッセル・クロウはなんでまた、こんなにデブってロン毛で汚くなっちゃったの

 
 これって役作りなのか


それに比べて、ベン・アフレックはかっこよかった


 昔は、ただ熱くて頭悪そう~~な感じだったけど、


すっかりオトナになって、正義感あふれる熱血議員の役がはまってました
玉ちゃん in 喰わず嫌い王
2回目の 『喰わず嫌い王』


 好き嫌いがものすごい多い玉ちゃんには何度でも出てもらいたい番組だわ


玉ちゃんファンなら、最初に4品のメニューが出た瞬間に、


 こりゃ、もろきゅうもろきゅう
だわ。。。ってわかったよね


前回 「冷やし中華」で負けた時も、上に乗ってるきゅうりが許せないみたいなこと言ってたのに


 一生懸命平気そうな顔して、2本もきゅうりを食べてる玉ちゃん かわいかったわ~~


 「絶対負けません」なんて、あの自信はどこからやったっちゃろ


私が見てても、ジヒョンの苦手なのがゆで卵やろってわかったけどな~


 メロンやスイカが嫌いって、タカさんのつっこみに見事にひっかかったりして


あの、正直でまっすぐで飾らないところが玉ちゃんのいいトコなんだよね


 罰ゲームの 『はじめてのチュウ』にもびっくり


あんな技を持ってたなんて 20090605020321.jpg


 かわいかったよな~~~


この前髪ふわふわの、ちょびっとお髭の玉ちゃんもいいけど


 前日に米軍横須賀基地で『真夏のオリオン』試写会をした時のデコ出し玉ちゃん


イケメンだわ~~~オリオン試写会にて


やっぱSMAP最高!
剛くん復帰のSMAP×SMAP よかったよなぁ


 平均視聴率も22・0%って今年最高だったらしい。みんな待ってたもんね~


 『ありがとう』ってあんないい曲だったっけか


いろいろ包み隠さず言っちゃうところがいいんだよね。。。


 普段アホなふりしてるけど、ほんとはすんごい真面目で真剣な中居くんも


 この日ばかりは隠せないって感じだったなぁ



今日の 『ぷっすま』 も久しぶりに草画伯参加の絵心対決だったけど


 笑った~~~腹筋ぴくぴく


で、 『ぷっすま』終了後すぐのスポットで


 玉木くんと北川景子が出て、


  「KBCをご覧のみなさん、真夏のオリオン 6月13日公開です。。。」


な~~んてのが流れた~~~~


 『ぷっすま』好きのおにーちゃんが録画してたので捕獲できた わーい


スタートレック
STARTREK_XI_teaser.jpg



  いや~~~ん よかった~~~


 やっぱ、宇宙モノはいいわ キレイだった~~~


 とにかくすごいスピード感 スケール感 地球はあくまでも青く。。。


 昔のスタートレックを見てた人はもちろん、初めての人も楽しめるんじゃないかな


ただ、いったいどの時代の話なのか


 大人のカーク船長から、子供時代のカーク、研修中のカークまで出てくるので


  この人いったい誰 ってちょっと混乱する


 結局、大人のカーク船長は、エンタープライズ号の船長カークのお父さんだったわけで


それよりもっと混乱するのはスポック博士の方。。。


 隣りに座ってた小学生くらいの男の子が、一緒に来てたお母さんに


  「ねえねえ、この人の名前なんて言った さっきの人なんで歳とってんの」って


 おかあさんも真剣に説明してるみたいだったけど、


  歳取ったスポックが未来からやってきたりするもんだから


それに伴って、歴史が変わってしまったりして、


 もともとのTVシリーズのスタートレックの、エピソードゼロ的な話なのね


と気が付いたのは、もう後半に入ってからだった


 でも、歴史をいじっちゃったから、「もう1つのスタートレック」って見方もできるかな


年取ったスポックは、昔のTVシリーズでのスポック本人だったし、


 若いスポックは、「HEROES」で最凶最悪の殺人鬼サイラーやってる人だった。


 ほんの一瞬だけど、「プリズンブレイク2」で議員の手先でこれまた超悪いチャイニーズの人も出てた
 

 つまり、息子2号と観に行ってたら、突っ込みどころ満載で楽しかったやろな



 タイムトリップものは、しっかり見てないとわからんけど


  最後につじつまがあった時の気持ちすっきり感はたまりません


最近、WOWOWで見たばかりの 『僕の彼女はサイボーグ僕の彼女はサイボーグ


 これも、綾瀬はるかが過去と未来を行ったり来たりするから


よ~~く頭を整理してないと混乱する


 でも、綾瀬はるかがとてもとてもキュートで、最後には胸があったかくなるびっくりが待ってて


すごく気持ちいい映画だったわ~~


 今朝、読み終えたばかりの 宮部みゆきの『誰か』 誰か


 こないだ読んだ 『名もなき毒』 のシリーズその1ってやつだけど
 

これが何だかあまり気持ちのいい解決の仕方じゃなかったんで


 読み終わったあとのもやもや~~~が気持ち悪かったっちゃけど


そんな時はSF  スタートレックのおかげで今日もすっきりなのだ




 

 
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。