*All archives* |  *Admin*

2009/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹 『スプートニクの恋人』
スプートニクの恋人


 昨日、『凍える牙』のことを書いたら、


10年以上前にNHKでドラマ化されたよってコメントをくれた人がいて


 いやいや、ありがたいですね~~


ブログって便利やな~~~と思った


 だいぶ前だけど、嵐の大野くんがドラマでやってた『魔王』を


伊坂幸太郎の『魔王』と思ってて、ブログに書いてたら、


 実はそれ、別の『魔王』だよ~~~ってコメントもらってさ~~


ほんと、ありがたやありがたや



 で、昨日に続いて本の話題


     めっちゃ読書してる人みたいやん



 図書館に行っても、いつもほとんど在庫がないのが


   伊坂幸太郎 と 村上春樹


 今、『1Q84』がバカ売れしてて、当然図書館で見かけたこともない


 そしたら 『スプートニクの恋人』ってのがあった。


タイトルからして村上春樹ワールドだよね


 一言で言うと。。。難しい


出版社/著者からの内容紹介
a weird love story
*weird
とても奇妙な、ミステリアスな、この世のものとは思えない、

22歳の春にすみれは生まれて初めて恋に落ちた。広大な平原をまっすぐ突き進む竜巻のような激しい恋だった。それは行く手のかたちあるものを残らずなぎ倒し、片端から空に巻き上げ、理不尽に引きちぎり、完膚なきまでに叩きつぶした。そして勢いをひとつまみもゆるめることなく大洋を吹きわたり、アンコールワットを無慈悲に崩し、インドの森を気の毒な一群の虎ごと熱で焼きつくし、ペルシャの砂漠の砂嵐となってどこかのエキゾチックな城塞都市をまるごとひとつ砂に埋もれさせてしまった。みごとに記念碑的な恋だった。恋に落ちた相手はすみれより17歳年上で、結婚していた。更につけ加えるなら、女性だった。それがすべてのものごとが始まった場所であり、(ほとんど)すべてのものごとが終わった場所だった。



 なんとも【深淵】な感じ


深層心理を言葉を置き換えると、こんな感じになるんかな~


 普段、物事を深く考えることもなく、悩むことも引きずることも、


後悔することも、落ち込むことも、夜も眠れない、なんて


 全く該当しない私にとっては、


ほ~~んとにミステリアスな世界


 だからかな~?


わけわかんないけど、読んでてなんだか気持ちいいかも~~



 村上春樹は 『海辺のカフカ』 が衝撃的に面白くて、


続いて 『ねじまき鳥クロニクル』 を読み始めたけど


 これがまた奇妙な話で、途中でリアイア


その昔、まだ私が青春を謳歌してた頃、(もちろん、今も青春真っ只中だけど


 『ノルウェイの森』 も 『ダンスダンスダンス』 も読んだ


けど、ほとんど内容は覚えてない



 どんなんやったっけ~~


そういうのって、もう1回読むべき


 伊坂幸太郎の 私の1番 『ゴールデンスランバ-』が映画化されるけんさ


それは、もう1回読んでおきたいっちゃけどね


 でもやっぱ、図書館にないんだよね~~予約すべきかな~~
スポンサーサイト
乃南アサ 『凍える牙』
凍える牙


 私にとっては、初 【乃南アサ】 です 


  【好きな作家ランキング】みたいなので


たいがい上位にいるのに、読んだことなかったので気にはなってた。



 先日の大阪出張の前に、


持ってくのに大きくない本を用意しとこうと思ってBOOK OFFに行ったら


   105円で売ってた


直木賞受賞って書いてるし


 で、大阪の行きと帰りでほぼ読み終えちゃった



内容(「BOOK」データベースより)
深夜のファミリーレストランで突如、男の身体が炎上した!遺体には獣の咬傷が残されており、警視庁機動捜査隊の音道貴子は相棒の中年デカ・滝沢と捜査にあたる。やがて、同じ獣による咬殺事件が続発。この異常な事件を引き起こしている怨念は何なのか?野獣との対決の時が次第に近づいていた―。女性刑事の孤独な闘いが読者の圧倒的共感を集めた直木賞受賞の超ベストセラー。



 主人公の女刑事が、超男社会の警察組織の中で


いちいちむかつくような女性蔑視を受けながらも


 バイクをばりばり飛ばしたり、睡眠時間の取れない中でぼろぼろになりながらも


駆けずり回りながら捜査にかける姿がかっこいい


 この主人公の音道貴子って、完全にドMやし


ドラマにするなら、篠原涼子 ま、それじゃ『アンフェア』になっちゃうか


 水川あさみでもいいけど、『オルトロスの犬』での刑事役がかっこ悪いけん


天海祐希。。。じゃあ、年とりすぎか。。。


 女刑事が似合う女って、かっこいいよな~~


無駄な贅肉なんてこれっぽちもなくて、足が長くてパンツが似合って


 で、嫌味な上司にもちゃんと頭をさげられる。。。



私にはぜ~~~ったい無理ってことね


 上司がいる世界がイヤやけん、今の仕事しよっちゃもんね~



ま、とにかく、面白かったわけよ


 乃南アサ  他にもいろいろ読んでみよっかな

 
リモコンを操る息子
 トイレのカレンダーの29日の所に 「ABC」 って書いてある


「ABC」 ってのは、Acid Black Cherry のこと


 Janne Da Arc  のボーカル yasu のソロプロジェクトなんだけど


 とにかくうちのにーちゃんは、Janne Da Arcばっか聞いてるヤツで


Janne Da Arc関係のCDとかDVDは片っ端から買う人なんだけど


 結構ちょくちょく何かが発売になるみたい


 「29日はまたなんかCD出ると


   「そう。。。おかあさん、その日 暇やろ


 「なんで


   「イオンモールに行かないかんね~


 「買いに行って欲しいと


   「いや、おかあさんが学校まで迎えに来て~~」


        


   「で、オレを拾って、イオンモールに行く」


 「はぁ 学校まで 迎えに行くと


   「だって、1度家に帰ってからまた出るのって、二度手間やん


             「オレが


 「・・・・・・」


   「赤本も買わんといかんし


    くそっ 問題集を買うって言われたら抵抗できんやん



 「あんたさ~~そんな無理難題を言って、おかあさんが動くと思っと~と


   「おう オレ、おかあさんのリモコン持っとぉもん」


      「電池1本で簡単に動かせるっちゃん


  と、勝ち誇ったような満面の笑み



 はいはい。おっしゃるとおり


にーちゃんとお買い物だ~~ ってだけで嬉しいアホな母なのでした


 

夏ドラマ!
玉木くんの連ドラがない間は、視聴率を気にせずに、純粋にドラマが楽しめるのだ~~


 『官僚たちの夏』は1回目だけ見て挫折しちゃったけど


なんたって豪華キャストだもんね 復活してみるかな~と思案中



意外と面白いのが、山P見たさに見始めた 『ブザービート~崖っぷちのヒーロー


ブザービート


 やっぱ山Pキレイだ~~


プロバスケの選手なのに、料理上手でオクテでヘタレでかなりの草食系


 彼女がせまってるのに、決して押し倒すこともなく へったくそなちゅ~をする


 私の浅い人生経験から言うと^^;


すぐに押し倒さないオトコをほとんど知らないので、


 こういう男の子って最近多いんじゃろかって感じなんだけど


なんたって面白いのは、出てくる女の子たち


 北川景子は、


 見た目キレイ系で、黙ってバイオリン弾いてれば、上品ないいとこのお嬢様みたいなのに


部屋は汚いし、ビールもガバガバ飲んだり、さばさばした男っぽい性格


 息子たちが揃って 「おかあさんと一緒やん


それから、山Pの彼女役の 相武紗季


 いつも、素直でかわいい役が多い相武紗季が、


外ではめちゃめちゃいい子ちゃんなんだけど、裏では「チッ」なんて舌打ちしたり


 優しいばっかりでなんだか煮え切らない彼にイラっとして、あぶなげな男と寝ちゃったり。。。


 
  いるいる こういう女  わかるわ~~~



いい子ぶってて、裏では悪い子なんだよ~~って言ってたら


 また息子たちが  「おかあさんと一緒やん


って。。。なんやねん


 でも、えらく共感できるところを見ると、やっぱそうなんかも


ちょっとおばさん体質の貫地谷しほりとか


 まあ、この女性陣のキャラが新鮮でイイ


相武紗季の悪女OLは、なかなか魅力的ですぞ



 あと、毎週、男の子たちが脱ぎまくってるので、筋肉大好きな人はたまらんかも


山Pの盛り上がった大胸筋はとにかくすごい


 キレイな顔とマッチョな体のミスマッチっていいよね



キレイな顔でマッチョと言えば。。。タッキーだ


 タッキーと錦戸亮の 『オルトロスの犬


 原作があるのかな?って感じのストーリーだけど、オリジナルなんだって


 優しい心なのに、人を殺めることができる手を持つ青年 錦戸亮  

 
    と


  傷や病気を治す力がある手を持つ、悪魔の心の青年 滝沢秀明


設定は面白いとは思うけど、これってほぼ『MW


 やっぱ悪役を美しい男がやると、その美しさがさらに光るのは玉木くんが立証済み


タッキーめちゃくちゃかっこいいです



 でもね~~~女刑事の水川あさみが、単独で乗り込んではあっという間にやられたり


それはないんじゃない みたいなツメの甘さが見え隠れ。。。


 どこまで見続けられるかはまだわかんねぇな~~



ジャニーズ系で期待しちゃってるのが 長瀬智也の『華麗なるスパイ


 オープニングは007のパクリ


無駄な動きがやたらと多い 世界のナベアツ とか


 変な武器を開発する 友近 とか


お笑いの人を多用してたり、


 最近すっかりセクシー系コスプレが板についてきた深キョンと


くっだらないキャラをさせたらピカイチの長瀬


 な~~んも考えなくてよくて、これでもかってくらい陳腐な作りの特撮とか


これ、面白いかも~~~


 なのに、第2回目を、26時間テレビのせいで、チャンネルを間違えてたのもあって見逃した~~


 でも、多少見逃したって、なんの問題もない って所もまたグー

大阪研修会
じゃんじゃん降りの、交通もズタズタの福岡から、


 新幹線で、2時間ちょっと。。。


新大阪駅のホームに下りた途端、もわ~~~ あつ~~~


 同じ日本で、こんなに天気が違うんだよね。。。ふぅ


普段はパソコンを通して、全国のメンバーさんたちとあれこれ打ち合わせなんかもしつつ


 ひたすら「在宅」のお仕事なんだけど、


たまには、実際に会って、勉強会ってのもよいもので


 よくある、口コミのネットワークビジネスだとさ~


毎週毎週セミナーとかイベントとかラリーとか。。。


 ほんとは稼げもしないのに、あおってあおってあおられて


研修会疲れしちゃうんだよね~~~


 アムウェイの時はラリーに参加したことはなかったけど


イクソンジャパンとか、シナジーとか、メラルーカとかのイベントには参加したことあったけど


 とにかく派手な演出と、ほんの一握りの稼いでる人の自慢話と、


延々と続く表彰式にうんざりしたものでした



 サクセスドリームシステムの研修会は、私自身は2年ぶり


無理に誘ったりしないので、人数も少なくて、和気藹々としてて


 だって、さらなる買い込みとかをさせるための洗脳とか不要だもんね



なんたって、初めて会ったメンバーさんがほとんど


 ほとんど毎日のようにスカイプで話すような人でも、


初めて会うのはやっぱり新鮮 ってか、ほぼ感動



 それとか、メールの文章だけ見てて、こんな人なんだろな~~なんて勝手に想像してたのと


全く違う感じの人が目の前に現れた時には、またまたびっくり


 懇親会でも、気持ちよく飲んじゃって、なんだかすっかりいい気分になってたみたい


研修会にこれなくて、懇親会にだけ顔を出してくれたメンバーさんもいて


 それはそれは楽しい大阪出張でした~~



大阪ですから、もちろん、お土産は蓬莱 551の豚まん蓬莱の豚まん


 ここのシューマイも美味しいんだよね~~蓬莱のシュウマイ



 それと、前にネットで買ってすっげ~~美味しかった「神戸フランツの半熟チーズケーキと壺プリン」神戸フランツ チーズケーキ
も見つけて買ってきた


 大阪って美味しいものばっかり なんて思うけど、


お昼代わりに。。。と思って買った 「とろとろスフレチーズケーキ”熟”(800円)」熟


 注文したら、その場で粉砂糖を振りかけて、バーナーで焦げ目をつけてくれるんだけど熟の作り方



TVでも紹介されたみたいで、NON-STYLEが食べたとかなんとか


 すごい宣伝文句に魅かれて買ってみたけど。。。


それが、別になんっちゃない


 もちろん、まずくはないけど、期待しただけにがっかり


チーズケーキにはうるさい方なんで^^;; もっと美味しいチーズケーキはいくらでもあるのだ~~~


 誇大広告に気をつけよう



帰りの新幹線の中から、広島駅の直前だったかな


  MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島

 
  って文字が暗い中にぼ~~っと浮かんでる


こ、これは


 昨日、プロ野球オールスター第2戦で、玉木くんが開会宣言をしてた


玉木 開会宣言




MAZDAのCMで、千秋先輩風の白シャツ&黒ジャケで颯爽と走ってる


 あの!MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島だ~~~~


ほんとにある意味、いろいろ感動した1日でした
東野圭吾 『同級生』
東野圭吾 『同級生』


 東野圭吾  上手よね~~


面白かった~~~  3時間(2日かけて)で読み終わっちゃった


内容(「BOOK」データベースより)

同級生の宮前由紀子は俺の子を身ごもったまま、そして俺の愛が本物だったと信じたまま事故死した。俺にできる償いは本気の関係だったと皆に告白することと事故の真相を暴くことだけだった。やがてある女教師が関わっていたことを突き止めるが、彼女の絞殺体が発見されるや、一転俺は容疑者にされてしまう。



 江戸川乱歩賞を受賞した『放課後』以来の学園物らしいけど


この人の学園物、いいわ~


 甘酸っぱい青春の味がするってか


     あ~~~よみがえれ青春
大雨だ~~~避難勧告?
先週DVDに撮っておいた 『華麗なるスパイ』 長瀬智也のね


 を、息子2号とへらへら見てたら、友達からあり。。。


  「篠栗に避難勧告が出とぉって どうなっとん


   って。。。


  避難勧告


 そうなん


そういえば、昼の間からずっと、バケツをひっくり返したような雨が降りよぉけど


 
 ベランダから外の様子を見てみたら、パトカーはうろうろしてるし、救急車のサイレンも。。。


 町内放送が何か言ってるけど、雨の音でよく聞こえない


 そういえば「氾濫」がどうとか、「避難勧告」がどうとか言ってるみたい。。。



でも、うちは篠栗でも、ちょっと高台にある大型マンション


 誰も慌ててる気配もないし、、、


そうこうしてるうちに、おにーちゃんの学校から明日休講の連絡網が回ってきた


 にーちゃんはニヤニヤを抑えきれない様子で、次の人に電話してるし


遅れること30分 下の子も明日休講の連絡があって


 すっかり勉強する気モード急降下の息子たち


2人揃ってゲーム始めちゃったよ~~ にーちゃん日曜は模試だろ


 
 明日は、篠栗荘って老人ホームにダンスで慰問に行くんだけど


すっごい山の上にある老人ホームでさ~~~


 登っていく道も狭くて急で。。。


土砂崩れなんてしないよね~~


 生きて帰ってこれるやろか ふぅ~~
 
アマルフィ~女神の報酬
アマルフィ~女神の報酬


    『アマルフィ~女神の報酬


朝はめざましテレビからスタートして、ももち浜ストア~いいとも~~


 と、うちのTVには、何故かフジテレビ系が映ってることが多い


なので、ここんとこ、これでもか ってくらいアマルフィの宣伝ばかり目にしてたので


 普段なかなか映画館まで見に行く映画が限られてるにーちゃんまでもが


 「オレ、アマルフィは見たいなぁ。。。」って言うんだから


やっぱ、宣伝って大事よね


 ってなわけで、ここんとこ続けざまだったけど、


またまた息子たちと3人で映画見てきました 母しあわせ~~


 
 で、結論から言うと、


 映画のツボを完璧に押さえてて、おもしろい


 キャストはもちろん 


やっぱ織田裕二はかっこいいし 無駄なお肉なんかこれっぽっちもなくて、すっとしてるしな~~


 視聴率が取れる人気俳優をぞろっと揃えててさ


  福山雅治も友情出演ながら、思ったよりもずっと重要な役ってか、存在感のせいかもしれんけど


 それから、全編イタリアロケ(1箇所だけ東京で取り直した所があったらしいけど^^;)


 だけあって、景色はばつぐん 世界遺産もいっぱい出てくるし


 そして音楽  


 サラ・ブライトマンの歌うシーンは、息子には長く感じたらしいけど


     私的には大満足


 天使の歌声だよね~~ほんとに 顔は少しおばちゃんになったけど


コンサートホールで朗々と歌うシーンは、まじで至福の時です



 脚本もよくできてる。


そうくるか!って展開だし、こだわって撮ってるだけあって、突っ込むところもない感じ


 続編を期待しちゃうような終わり方だし、


続編には、また福山雅治が出てきてもよさそうだし。。。


 意外なところで中井貴一が出演してて、続編ではもっと露出を期待しちゃうな~~


イタリア行きたいな~~ 食べるものはおいしそうだし、


 建築物がとにかくすごそう


ただ、お気楽な日本人は、ぽけ~っとしてたら全部持っていかれそうだけどね


 今年はおにーちゃんの受験だし、来年は下の子が受験だし、


その次の年くらいにみんなで行けたらいいなぁ がんばろ~~
皆既日蝕
朝から日蝕の話題でもちきりでしたね~~


 福岡でも90%が欠けるってんで、遮光板を生協で3人分用意して


今日は朝寝もせずに、ベランダにキャンプ用のデッキチェアを出して


 すっかり日蝕観測モード全開でした~~



福岡は9:40頃から欠け始めるってことだったけど


 最初の頃はまだ雲が多くて、こりゃ見れね~かな~なんて思ったけど


いやいや、太陽ってすごいね


 多少の雲が出てても、ちゃ~~んとその姿が拝めるってことを


今回初めて知りましたわ


 ってか、逆に、やや大目の雲の隙間からだと、


細い三日月のような形になったその姿も、肉眼で確認できるのだ


 CIMG0322.jpg

 ほれほれ

CIMG0323.jpg


  ほれほれ


 雲が少ないと、太陽の光が強すぎて、その形がわかんなくなっちゃって

こんな感じ

CIMG0326.jpg


 カメラが全く素人の私でも、こんな写真が撮れるっちゃけん


全身、日焼け止めを塗って、ほぼ2時間、太陽を見てたけど、


 太陽よりも、月の存在の方が気になるってか。。。


太陽のず~~~っと手前に月があるってか、


 手が届きそうなところに、そこに月があるな~~って


月の形がものすごく立体的に見えて、模型を見てるみたいだった。


 月が落ちてきて人類がごっそり減っちゃって、砕けた月が空に浮かんでるのを


どこか他の星から見てる。。。みたいなアニメだか、漫画だか


 思い出したけど、それが何かわからないままだ。。。


「パパ お月様とって」 だっけ そんな絵本があったな~とか。。。



 つまり、ほんとにただ太陽を見てただけの2時間だったのでありました。


在宅ワーカーでよかったな~~



 息子たちも、学校に遮光版を持って行かせたけど


ちゃんと見れたかな~~~
宮部みゆき 『英雄の書』 と 『おそろし』
宮部みゆき 『英雄の書


  宮部みゆき 『英雄の書


宮部みゆきの最新書かな


 図書館から借りてきた本があまりにもキレイなんでびっくり


だいたいボロッボロになってるのが多いもんね



 宮部作品は大きく分けて


   ・生粋の推理物

   ・超能力系

   ・時代物のミステリー

   ・冒険ファンタジー系


 って、だいたいこの4系統に分類されることない 


で、この 『英雄の書』 は、 


 『ブレイブストーリー』 『ICO』 を代表とする、4番目の「冒険ファンタジー系」なのですよ


 宮部作品ってすごい好きなんだけど、


冒険物だけは、なんだかちょっとね。。。


  『ICO』はとうとう途中で挫折しちゃったけど、今回は最後まで頑張って読んでみた


結局、ファンタジー物って、この世のものではない風景や生き物や建物や


 作者の頭の中にあるものを、とにかく細かく描写説明し始めるもんだから


それを読むのがものすご~~~くめんどくさくなる


 大分弁で 「よだきぃ」 って言うっちゃんね


   【作品紹介】

森崎友理子は小学五年生。ある日、中学二年生の兄・大樹がクラス
メートを殺傷し、姿を消すという衝撃的な事件が起きた。事件から
十日ほど経った時、友理子は兄の部屋で不思議な声を聞く。
「君のお兄さんは“英雄”に魅入られてしまったのだ」
本棚の奥の見慣れぬ書物が、友理子にささやいているのだった。
書物に導かれ、兄を救い出す旅へ出る友理子。すべての物語が生まれ、
回帰してゆく<無名の地>と呼ばれる場所で、友理子は、世界の根
源というべき、おそるべき光景を目にする――
『ブレイブストーリー』から6年、宮部みゆきのファンタジー最新作。



 ま、ストーリーとしては面白いので、めんどくさい情景描写をクリアできれば


そこそこ楽しめる作品だったかな~~  まあ、60点



 で、続いて読んだのが 『おそろし ~三島屋変調百物語事始 』おそろし


 こちらは、現在、その続編が読売新聞に掲載されてて


     毎日読んでるわけですよ


読んでたら、どうもこれには前があったんだな ってわかる記述が


 何度も出てくるので、図書館で見つけてすぐ借りてきた


こっちは昨年刊行なのに、やっぱり既にボロボロやったけん


 タイトルからもわかるけど、これは宮部作品の中でも特に大好きな時代物


  【作品紹介】


17歳のおちかは、実家で起きたある事件をきっかけに、ぴたりと他人に心を閉ざしてしまった。ふさぎ込む日々を、江戸で三島屋という店を構える叔父夫婦のもとに身を寄せ、慣れないながら黙々と働くことでやり過ごしている。そんなある日、叔父・伊兵衛はおちかを呼ぶと、これから訪ねてくるという客の対応を任せて出かけてしまう。おそるおそる客と会ったおちかは、次第にその話に引き込まれていく。いつしか次々に訪れる人々の話は、おちかの心を少しずつ溶かし始めて…哀切にして不可思議。宮部みゆきの「百物語」、ここに始まる。



 宮部みゆきのミステリーな世界と江戸の町並みや古い言葉遣いや風習なんかが


ものすご~~~く気持ちよくマッチして、相変わらず面白い 90点



 宮部みゆきの時代物で1番面白かったのは、やっぱ 『孤宿の人


  『本所深川ふしぎ草紙 』 で、こりゃおもろいわ~~と思って以来


宮部みゆきの時代物は絶対はずせないのだ~~~~


ハリー・ポッターと謎のプリンス
ハリー・ポッターと謎のプリンス1


  『ロード・オブ・ザ・リング』のガンダルフと見間違いそうなダンブルドア校長


今回もすごい活躍ぶりでございます。。。



 『ハリー・ポッターと謎のプリンス』 


ハリポタシリーズの6作目


 1作目からちゃんと映画館で見てきたけど、


もちろん息子たちと。。。


 その息子たちもすっかり大きくなったけど、


ハリーもロンもハーマイオニーもすっかりオトナになっちゃって

ハリー・ポッターと謎のプリンス2


 みんな演技もうまくなってるし、


ハーマイオニーとかほんっと綺麗だよね


 回を追うに連れて、ヴォルデモートがもたらす恐怖と暗い闇は広がってきて


なんだか街は荒廃してるし、


 え~~それ燃やしちゃうわけ みたいな。。。


そして最後には情け容赦ない展開に。。。



 って感じなんだけど、


やっぱり子連れが多くて、途中で我慢できずにトイレに駆け込む親子が後を絶たず

 
 ちっちゃい子は、どたばたぺたぺた階段を下りて行くんで


それがもううるさいし、うっとぉしいし


 大分弁で言うところの 「しゃぁしい


 博多弁で言うなら 「せからしか


ってヤツね


 おとなしく見てなれないなら、DVDになるのを待って家で見なさい


な~~んて今は思うけど、私も子供がちっちゃい時は同じことしてたんやろね



 まあ、なんだかんだ言っても、やっぱりハリーポッターは面白い


今回はちょっと笑いの要素もあちこち散りばめられてて、


 親子でとっても楽しめました


帰りに館内のショップで、前から気になってたエヴァのグッズを買ってしまったんだけど。。。


20090720153047.jpg


 『MW』でも700円だったのに、1000円もするパンフレット


それと20090720155501.jpg20090720155537.jpg


 2枚組クリアファイルとコーヒー缶6本がセットになった


   「UCC期間限定エヴァセット」20090720155735.jpg



これがさ


 パッケージに、 「全6種類が入った6缶セットではありませんのであらかじめご了承ください」


とは書いてるものの。。。


 よりによって【カヲル】くんバージョンだけが入ってない


だいたい、全6種類なら、6缶セットなら、


 1種類ずつみんな入れればいーじゃん


大学のゼミで一緒だった友達が今UCCにお勤めやけん


 抗議のメール送っちゃろ 見とけよ~~~
エヴァ 再び^^;;
昨日、金曜ロードショーで『ハリーポッターと不死鳥の騎士団』を見て、予習完了


 で、今日は息子たちと 『ハリーポッターと謎のプリンス』を観に出かけた。。。


 昼間、息子2号が友達とサッカーに出かけちゃったので


20:00~の回を見るつもりが、、、


 映画館に行ってみると、その回はすでに完売


字幕版なら入れそうだったけど、やっぱハリポタは吹き替え版でしょ


 これ以上遅い回は、終了時間が23時を超えるので、18歳未満の下の子が入れない。。。


  どうするどうする


ここんとこ、ばかみたいに宣伝してた『アマルフィ』を見るか


 にーちゃんは『アマルフィ』が見たいって言ってたし。。。


でも、それなら、その間オレは『エヴァ』見ていい と下の子


 「え~~~そんなにすごいならオレもエヴァ見たい」 とにーちゃん



で、結局3人で 『エヴァ:破』を観ることにしたのでありました

エヴァ:破破



 いやいや。。。こりゃ何度も観たい 1度じゃわからないとこも多いし


これは絵なのか 実写なのか


 絵でこんな表現ができるのか



まがまがしいまでに美しい使徒の形だとか、色だとか、動きだとか。。。


 アングルもすごいし 変化の仕方は、、、あれはCGだよね


とにかくアニメーターの人たち、ハンパじゃねぇ



 それから、よくあるアニメの映画みたいに、ネームバリューを頼ってその辺のタレントなんて使ってないから


 全員がプロの声優さんたちやけん、ほんとに上手いしリアルだし


英語とか、TV版では惣流(何故か映画では式波)・アスカ・ラングレーがドイツ語をしゃべるシーンもあったけど


 とにかく、声優さんたちって耳がいいのか


英語やドイツ語の発音もすんごくよくて、めっちゃめちゃネイティブに聞こえるんだよね


 特に 加持リョウジの声を担当してる山寺宏一


ウィル・スミスとかエディ・マーフィとか、アンパンマンのチーズとかの声の人ね


 本人もTVに出たりするけど、どの役の時よりも


とてもとてもあの顔と一致しないいい声なんだなぁ


 ほんっと、男前な声なんだわ



エヴァは内容も難しいからね


 その辺のどんな映画よりも、考えさせられる点も多くあり~の


これまた、小難しい専門用語も大量に出てき~の


 14歳の少年少女、めちゃめちゃ悩んでるし


心理的描写も手抜きなし



 いや~~~~今日も、観客多かったです みんなマナーもいいし



明日は、今度こそ『ハリポタ』だ~~~
三者面談
昨日はおにーちゃんの、今日は下の子の、学校の三者面談でした


 おにーちゃんは、学校ではおとなしくて真面目(ぶってる)だし^^


だいたい小学校の時からずっと、担任の先生にいろいろ言われたこともない。


 先日の期末試験はクラスで初めてトップを取ったってのもあって


ちょっと楽し~~い気分で三者面談に臨んだけど。。。



 今日の下の子の三者面談は、日時が決まった時からず~~っと気が重くて


ほんとにお勉強が大っキライで、なんで進学クラスに入っちゃったのか


 ずっと後悔しつつ


その上、昔から担任の先生に恵まれず。。。(と勝手に母が思ってるんだけど^^;)



 だってさ~~~すごいいい子だと私は思うんだけど


授業に対する前向きな姿勢がない、とか、ま、少々だらしないってか、汚くてもへーきって所があってさ


 これまでの三者面談で 「そんなにやる気がないならこのクラスから出てってくれ」


 とか


 「とにかく汚い、だらしない


 とか


 「なんだか存在感ないんですよね。。。」 とか。。。


 
もう、母としてはびっくり  


 みたいなことをいろいろ言われてきたので、


学校に向かう足もそりゃ~~~重く。。。。ふぅ



 でも、今年の担任の先生は優しかったよ~~~


成績の方は、思ってたよりもずっと高い評価だったので


 まあ、それについては 「んなはずねぇよ


ってだけのことだったけど、


 勉強のことはともかく、「みんなにも大変好かれてて、友達も多いですよね


とか、「他の先生からも、いい子だって話を聞きますよ


  って。。。。



 そやろそやろ


先生、わかってくれてるやん


 そうなのよ この子は勉強はせんけどくさ、


友達を大事にするし、優しいいい子なのよ~~~



 ってなわけで、今日はとっても満足して帰ってこれたのでありました


優しいけど口下手なのがちょっと残念


 おにーちゃんは口は悪くて、しょっちゅう私に悪態ついたり、意地悪なこと言うけど


こいつは、たまにびっくりするほど人をヨイショする



 今日の夕食は、おにーちゃんが大好きなパスタ



本日のパスタは


 たことインゲンのジェノベーゼソース


        と


 大葉とトマトの冷製パスタ   ・・・うちはいつもパスタの時は2種類作るのだ



そしたら、おにーちゃんは、うまいうまいと何度も言って


  「おかあさんがおかあさんでよかったな~~


 「料理がうまいって大事だよな~~」・・・私の料理しか知らんもんね


  「お弁当食べる時、みんなに美味そうやな~~って言われるんよ。よかったね~~



な~~んて


 めちゃめちゃ褒めてくれたのでありました


あ~~~にーちゃん 口がうまいわ~~


 これでまた、にーちゃんのいいように使われちゃうんだな。。。


      

 

 
ノウイング

ノウイング


  ニコラス・ケイジ 『ノウイング


 前日にすごすぎる『エヴァンゲリオン』を見てたんで、


負けないくらい迫力のあるものを。。。と思ってたけど


 まあ、期待を裏切らないすごい映像でした


やっぱ、お金をかけられる映画は違うよね


 『MW』も、制作費をなんとか切り詰めながら、でも迫力ある絵を撮りたいし。。。


ってことで、いろいろ苦労したって監督さんが言ってたけど


 タイのカーアクションのシーンは、どうしてもハリウッド映画と比べてしまって


それよりも、山田孝之と石田ゆり子がヘリに攻撃されて逃げるシーンとか


 最後の飛行機を追っかけるシーン・・・ビルに激突するとことか。。。


なかなか見ごたえありましたよね



 だけど。。。。やっぱ、本場のハリウッド映画のそれとは比べようもなく


だいたい20倍くらい制作費が違うそうで^^;;



 で、『ノウイング』もすごいです


地球滅亡系の映画ってだいたい好きなんだけど


 だって、映画じゃなきゃ絶対見れるはずのない映像だもんね


飛行機が真横に傾きながら渋滞する道路に突き刺さってくるシーンとか


 地下鉄が運転制御ができなくなって駅に突っ込んでくるシーンとか。。。


だいたいどうやって撮ってるんやろね



 で、最後に太陽のスーパーフレアが地球を襲って


炎の波がマンハッタンを飲み込んでいくシーン



 もうド迫力の一言しかない。。。


厭世的だって誰か書いてたけど、実際、地球の終わりが来ないとは限らないし


 だいたいにおいて、ハリウッド映画はハッピーエンドが多くて、


宇宙人だろうが、自然現象だろうが、最後は安易に解決して


 地球の危機は過ぎました。チャンチャン みたいなことが多いっちゃけど


『ノウイング』はそこんとこはシビアでよかったかなぁ


 明日、地球が最後の日を迎えるって時に、どうして過ごすかな~~


見たかったけど、見逃してた映画を探してきて、


 うまいもんでも食べながら、息子と一緒に見るかな~~
エヴァンゲリオン新劇場版:破
エヴァ・破 予告

[広告] VPS

 
 『エヴァンゲリオン新劇場版:破


やばい。まじでやばい。。。


 昔はこんな言葉なかったけど、これを、こういうことを「やばい」っていうんだよ


アニメは日本が世界に誇る文化だって思うけど


 エヴァに関しては、こりゃもう芸術ですわ


もともと「新世紀エヴァンゲリヲン」がTVであってたのは1995年~


 いくらアニメ好きな私でも、全く世代じゃなくて


子育て真っ最中


 見るアニメと言えば、アンパンマンとかドラえもんとか。。。


社会現象を起こしてるのは知ってたけど、思いっきりスルーしてたけ



 こないだ、地上波で 『エヴァンゲリオン新劇場版:序』があってたのをちょっと見てしまって


こりゃ~~~最初から見なきゃ ってことで


 youtubeでTVシリーズ26話を何日もかけて見たのであった


映画好きのアニメ好きのわたるも一緒にね



 TVシリーズは最初のうちはほんとに面白いんだけど、


後半になるにつれ、だんだん暗~~~く難し~~~くなってきて


 謎は解けないまま イライラは募るまま終了


その後、ファンの人たちのブーイングに答える意味も含め映画化されたものの


 それまたまたまたブーイングを受ける形で終わってしまって



で、「新劇場版」の登場となったわけだ


 2007年9月の『序』 から、待ちに待たされて1年半後の 『破』


これだけ丁寧に作ってくれるんだったら、待った甲斐はあったんじゃね



 とにかく、絵がキレイ ハンパなく綺麗


昔のアニメーションと作り方も違うっちゃろね


 普通に特撮やCGだけでは描ききれない映像が、アニメでは可能なんだ~


しかも、ハリウッド映画なんかよりも、すごい精密で正確でスピード感があって


 ありえない映像が、違和感なく現実的に味わえたりして。。。



音楽もすごくイイ


 ものすごく残酷なシーンで、林原めぐみの透明感のある純粋な声で


    「今日の日はさようなら」 と 「翼をください」


バックの子供コーラスの天使の歌声と、残酷なシーンのミスマッチが


 もうゾクゾクします。。。


    センスがいい


あ~~~とにかく、書きつくせない


 アニメだからって食わず嫌いせずに、まあ見て


コトイチ映画は 『GOEMON』だったけど、超えたな~~


 正直、スターウォーズより、トランスフォーマーより、ハリーポッターより


面白い 見る価値絶対あり


 ドラマ的にも、めっちゃいいシナリオに変わってます。


     もう1回見たい~~~~~


明日はまた、息子2号と『MW』を見に行くつもりやったけど


 あまりに見劣りしそうなんで、明日はパスです


 

MR.BRAIN最終回
MR.BRAIN』の最終回の視聴率は20.7%だったそうで、


 最終回だけで言うと、『BOSS』と並んで今期トップ


平均視聴率で言うと、『BOSS』よりも上の唯一20%越えってことで


 ほっと胸をなでおろしている人も少なくないんでしょうけど。。。。


なんだか、視聴率を気にしながらドラマを見る方の立場にもなってくれだよね



 キムタクも、みんなに期待されて、期待を裏切っちゃいけないってプレッシャーもありつつ


でも、キムタク自身は、本当は視聴率なんかどうでもいいって思ってるんじゃないのかな~


 でも、責任はあるし。。。ある意味かわいそうでもあるよね


最終回当日も夕方2時間も特番やってるし、


 あのキムタクが一生懸命番宣してるのが痛々しいくらいだったけど。。。



まあ、視聴率関係なく、面白かったよね


 脇をかためる俳優さんたちも、それぞれいい味出してたし


水嶋ヒロとの共演ってのを当初は売りにしてる感もあったけど


 役柄的には、ほどよい絡み具合でよかったよね


ちょっと気になったのは SHIHO


 あの人必要だった  木下優樹菜も微妙だったけど。。。



綾瀬はるかは、ああいう役をさせたらピカイチだよね


 「どれだけ心配したと思ってるんですか」って喰ってかかるシーンは


どこかで見たな~~~ってデジャブのような気分だったけど


 あれは、『鹿男』か 『HERO』か



香川照之は、この人が出てるだけでドラマ全体が締まるし


 市川海老蔵もこのうえなく怖くて怪しいままで、続編につなげるつもりなんやろね^^


あとびっくりしたのは、犯人役でゲスト出演した 東儀秀樹


 『篤姫』の時も、孝明天皇の役で出てて、でも、雅楽師ってイメージどおりでなんとも思わんかったけどさ~~


 今回は、有名なピアニストの役


実際にぴらんぴらんピアノを弾くシーンがあって、それがまじ上手くて


 そっか。。。こういう人っていろんな楽器ができてあたりまえなんだ。。。


で、セリフまわしも普通に上手くて、いったい何者なんや~~


 なんて驚いたのでした



さてさて、夏の新ドラマも続々始まりつつあるけど


 なんか面白いのがあるかいなね~


イケメン見たさの私としては、山Pの『ブザービート


 岡田将生くんの『オトメン』  タッキーの『オルトロスの犬


この3つはチェックしなきゃね


 『官僚たちの夏』は、あまりの豪華キャストに1回目は見たけど、


2回目にして既に脱落。。。


 なんだかめんどくさいドラマみたいで


『マイボス、マイヒーロー』みたいなのを期待して長瀬智也の『華麗なるスパイ』と


 ず~~とシリーズを見てるので 『救命病棟24時』は期待してます


『ラブシャッフル』のDVDも届いて、これも見なきゃいけないし


 あ~~忙しい忙しい ←仕事しろって すいません


お勧めの映画?
出会い系かエロサイトか


もしくは自分の正体がわからないとでも思ってるのか


 誹謗中傷するかのような、アホなコメントを寄せてくるヤツが多い中で


たまに、ちゃんとしたありがたいコメントを書き込んでくださる方もいて。。。



 で、お勧めの映画はなんですか ってコメがあったんだけど。。。



そういえば、つい何日か前にも、


 地元の老人会だか町内会だかで、映画鑑賞会をしたいんだけど何がお勧め


って聞かれた。


 結構映画ネタが多いので、詳しいって思われるんかもしれんけど


意外とこれが、個人的な趣向が大いに反映されるものなので


 だいたい、どういうのが好みかをまず聞かないと、お勧めの映画って、、、


   わかんねぇのよね


老人会で見るって言われて、まず思ったのは


  『剣岳 点の記

 
 たぶん、年配の人、じゃなくても誰でも「おお~~~」って思うんじゃないかな~~


それと、玉ちゃんびいきじゃないけど 『真夏のオリオン真夏のオリオン 3


 年配の人が多く観にきてたけど、これは、若い人に、是非見てもらいたい


学校で教材として、生徒たちにも見せてあげたい


 自信を持ってお勧めできる1本です



・・・なんだけど、今上映中のものじゃなくて、もうDVDになってて


借りてきてどこかでみんなで集まって観るんだってことだったので


 んじゃ~~~~なんじゃろ


年配の人が喜ぶのって


 結局、吉永小百合が出てるものならウケるんじゃないかってことで


  『母べえ』 とか 『まぼろしの邪馬台国』 とかいいんじゃね?って話に落ち着いた


この2本とも、私は見てないのにね~~


 『北の零年』は見たけどね。。。



 つまり。。。私と趣味が一致する人なら、いくらでもお勧めの映画って言えるんだけどな~~


 だいたい、あんまり考えなくていい映画が好き


映像がキレイで迫力があって、スピード感があって、どうやって撮影したっちゃろみたいなのが好き


 あと、SF系とかファンタジー系、サスペンス系、アクション系かな?


実は、今年に入ってみた中で1番好きだったのは


   『GOEMON』


 江口洋介のかっこよさと、紀里谷和明の独特な映像美と、歴史上の人物に大胆に裏ストーリーを与えてる所とか。。。


 歴史ブームだもんね う~~ん も1回見たい


もうDVDになってるのだったら、ちょっと前のものだけど


  デンゼル・ワシントンの 『デジャヴ』 ってのも面白い


 時間が未来と過去と行ったりきたりするっちゃけど


ちゃんと最後につじつまがあってて、えっ って何度も驚ける


 迫力あるし、ドキドキするし、相当、よくできてます。おもしろい~~~マジお勧め



泣きたいなら・・・


  韓国映画 『僕の彼女を紹介します


  こないだ 「喰わず王」で玉木くんと対戦してたチョン・ジヒョンね


 コメディかと思って見てたら、もうこれ以上ないくらいの勢いで涙腺をこじあけてくれます


 不思議で、やさしくて、悲しいけど、なんだか暖かな気持ちになれる。


   おもしろいこと請け合います



恋愛物なら。。。


  『ノッティングヒルの恋人』


ジュリア・ロバーツ&ヒュー・グラント共演のラブ・ストーリー


 ジュリア・ロバーツがなんたってキュートだし、


ヒュー・グラント好きなのよ~~ 目がたれてるとこが。。。


 超有名な女優と、平凡な男性の恋。。。って、この後あちこちで似たようなドラマとかあったけど


その原点ともいえるこの映画 音楽もいいしね~~



 アクションなら。。。


   最近見た中で一押しは 『ドラゴンキングダム』


      ジャッキーチェン すごいっす 


 でも、でっかい画面で見ないと損した気分になるかも~~


ま、あくまでも私のめちゃめちゃ個人的な意見ですので



 実は1番好きな映画は 『インディペンデンスディ』 なのだ


今まで何回見たかわかんない。


 もちろん、『ロードオブザリング』とか『ハリーポッター』シリーズとか


 『スターウォーズ』シリーズとか 宮崎駿の作品とか、『インディジョーンズ』とか。。。


  言わずと知れた大作系はやっぱオモシロいんだけど


わたるが唯一泣きそうになるらしい 『アルマゲドン』 


 より、内容は似た感じだけど、私は 『ディープインパクト』 の方が好きだったり


そうそう、泣けると言えば、これ有名だけど


     『ショーシャンクの空に


    めちゃめちゃいい映画です

2回目のMW
昨日はおにーちゃんの18歳の誕生日でした



外づらはいいけど、うちではわがままほーだいって


 若干、水虫くんに似た性格ってところはさておき、


大きな病気やけがをすることもなく、ありがたいことですなぁ。。。


   



にーちゃんは「MW」は観に行かないって言い張ってるけど、


 わたるは 「おかあさんの3回目くらいだったら一緒に観てもいいよ


って言ってくれてるので


 ・・・つまり、玉木くんのかっこいい姿を見て、息を呑んだり、ひゃ~~なんて横でやられたらイヤ


だそうで。。。


 3回目ならもう慣れてるんじゃないかと



ってなわけで、「MW」2回目を観にいきました


 改めて・・・かっこいいわぁ


 それから、5月で思った以上に水温が低くて、その上


体脂肪4%まで落ちてた玉ちゃんが、本気でおぼれて死ぬかと思った


 って言ってたシーン 20090710165028.jpgこれこれ



 細いのに、筋肉質の引き締まった二の腕 



あ~~~たまらんわぁ やっぱ、男は二の腕よね



 それから、賀来が何度も


  「俺はおまえさえいてくれたら、それでいいんだ


とか


  「俺と一緒に死のう


とか、


 どう考えてもLOVELOVEな告白をしてるシーンが随所に出てくるんだよね。。。


原作では結城と賀来のベッドシーンが何度もあるのを、


 映画では全くカットしたものの、2人の目とか、空気とか、こんなセリフで


充分伝わってるんだよね^^


 玉ちゃんでボーイズラブ いいわ~~見たいわ~~~



最後に、結城がMWと人質を取って警察と対峙するシーンがさ~~


 人質になってる山下リオちゃんがあまりに無表情で


もう少しおびえてるとか、緊張してるとか、なんか表情はないのかな~


 あれで、あのシーンが台無しになってる気がするんだよね



出番待ちの間にうたたねしたら、玉ちゃんが枕を挟んでくれてた って話を


 山下リオちゃんがしてたけど


そんな優しいことしてもらっとっちゃけん、しっかり仕事せ~~~



 そうそう、それと、MWのグッズがほとんど売り切れ状態だったのにびっくり


ストラップが2個残ってただけで、最後の1つになってたポストカードセットを


 私の前にいた女の子たちの1人が買っていったんで


MWのグッズコーナーはからっぽになっちゃってました
千秋せんぱ~~い(*^_^*)
千秋様映画版



 ぐぉわ~~~


来ましたね~~~~


 ウィーンからの「のだめ映画版」現場撮影リポート


のだめツアーに参加できた玉友さんたちもしっかり映ってましたね


 
  あ~~~~~いいなぁ。。。。


上野樹里もすっかりのだめちゃんになってたし


 玉ちゃんも、結城美智雄とも、倉本艦長とも全く別人の


千秋先輩そのものになってました



 ウィーンフィルの本拠地【楽友協会】でタクトを振る千秋さま


ほんとに、前よりももっともっと上手になってた気がするのは


 気のせいですか


プロのオケの人たちも、「もっと下手な指揮者だっている」とか


 「もうちょい指揮の勉強を専門にすれば、本当にプロの指揮者になれるんじゃない


なんて、玉ちゃんをべた褒め


  またまた母のような気分になって、うれしか~~~



だいたい、こんなに黒の燕尾服が似合ってて


 指揮台に立つ姿が美しい人は、そうそういませんわよ


今度は、谷原章介とか、なだぎ武もキャストに加わる


 2009年12月19日公開 「のだめカンタービレ最終章前編」


  楽しみ~~~~


でも、その前に、明日また「MW」見てこ~~


 TOHOシネマズで「MW」のチケットをネット購入した人にもらえる


  【結城美智雄の着ボイス】


セリフは一言  


  「お目覚めか」


映画を見た人は、「あ~~~あのシーンね」ってわかるけど


 このミッチーの「お目覚めか」を、明日の朝から目覚ましに使ってみます。。。


   どんなお目覚めじゃい
MW~ムゥ 初日!!
結局、どうせ観にいくっちゃけんと思って


 いつもなら朝寝してる時間を、寝ないまま、朝一の上映をめがけて


キャナルシティのユナイテッドシネマまで 『MW』を観にいきました


 チケット売り場で、山積みの『シネコン』20090704234430.jpg

を見て、


いきなりテンション


 小腹がすいてきた。。。『ディア・ドクター』の時、お腹がでっかい音出してたし


と思って、チュリトスとアイスティを買って着席


  ほぼ満席だ~~~~


玉木くんのメッセージビデオ


  「MWの初日に劇場に足を運んでくださってありがとうございます


って、7月4日って書かれた黒いボードの前に座った玉ちゃんのご挨拶から始まって


 山田孝之のメッセージの部分は、BIGLOBEだかYahooだかで見たことのある絵でしたね^^;;


 「2度見てください」ってどこかで言ってたもんね 


玉木くんのメッセージは、ちゃんとこのために撮られたものだったみたい。


 ここまで来てよかった



 本編が始まったら。。。。


とにかく、結城美智雄がかっこよくてかっこよくてドキドキ


 結城が怖くて怖くてドキドキ


 え~~どうなっちゃうのって情け容赦ない展開にハラハラ


  結城と賀来の妖しい雰囲気にまたドキドキ


もうずっとドキドキしっぱなしで、おかげでのどがカラカラ


 持って入ったアイスティをぐびぐび飲んでたら、途中でに行きたくなってきて


ドキドキハラハラソワソワ ドキドキハラハラソワソワ。。。


 
 はぁ。。。明日にでももう1回みたい


原作は、ほんとにベースになってるってだけで、完全に映画なりのストーリーになってるので


 で、原作の持つ世界観とかメッセージを全くそぐことなく


すごい仕上がりでした



 まあね タイロケのカーアクションとかすごいですよ~~って言ってたけど


そりゃ、日本映画にしてはすごいかも


 でも、ハリウッド映画を見慣れてる人には、まあ、こんなもんかなかもね


 石橋凌さんは、そりゃ~~~よく走ってました


それと、カメラワークが。。。


 やたらフラッシュみたいに画面が揺れたり、凝ってるのか いらん動きがちょっと気になったかな


 ま、でも、もっとゆっくり見せて~~~って感じで


玉木くんの超かっこいいシーンがすぐ切り替わっちゃういわゆる【チラリズム】に


 あ~~~~~もう1回みたい!!と思わせるとこがあるのかな~


グッズ売り場では、カタログ20090704234309.jpg
がばんばん売れてました。


 その他に、結城と賀来のダブルイメージメモ20090704233625.jpg



こっちからめくると20090704233737.jpg


 で、こっちからめくると20090704233823.jpgみたいな~~~


 クリアファイル 2枚組み・・・正直結城のだけでいいんだけどね20090704234021.jpg


 それから、ポストカードセット20090704234050.jpg



 ふふふ~~~ しばらくダークな玉ちゃんに浸っとこ~
flumpool×吉高由里子
今週の 『僕らの音楽


 明日公開のMWの主題歌を歌う flumpool と


何故か彼らが希望したという 吉高由里子


 は~~なんとも 玉木つながりな。。。



最近、ピアノが弾ける女子に憧れてて


 キーボードを買って練習してるっていう吉高由里子



これって、のだめの撮影でプラハに行ってる玉ちゃん⇒千秋先輩⇒のだめLOVE


   みたいな


だとしたら、吉高由里子 かわいいよね~



 そうそう、若い頃は、好きな男子の好みの女の子になりたい


な~~んて、殊勝な乙女心も持ち合わせてたつもりなんだけど


 はて。。。今やそんなカケラも残っとりませんなぁ。。。



さて、ついに『MW~ムゥ』公開



ユナイテッドシネマまで行けば、上映前に玉木くんからのメッセージビデオが流れるとか。。。


 あ~~~どうしよう。。。


TOHOシネマズなら車で7分


 キャナルまで行くとしたら、40分はかかるな~~


それで、流れたメッセージが、さんざんあちこちで見たのと同じだったらショックだな~~
スヌスムムリクの恋人
スヌスムムリクの恋人


  野島伸司 『スヌスムムリクの恋人


 スヌ?ムム??って、


何度復唱しても覚えきれないタイトル



 スヌスムムリク とは。。。


読み進んでいくと途中で種明かししてくれるんだけど


 『ムーミン』に出てくる ”スナフキン”の本名なんだって


中学の頃か?高校の頃か?


 妙にムーミンがブームだった時があった


で、やっぱり1番人気はスナフキンだったっけ


 この小説の中では、スナフキンの生き方とか風貌とかセリフとかが


象徴的に出てきます。



   ストーリー・親同士の縁で生まれたときから幼なじみとして暮らした四人の男子。最後に未熟児として生まれた野坂望(通称ノノ)は、いつしか自分の心が女の子であることを自覚する。


  四人の父親は大学時代に同じラグビー部に所属し、別々に就職はしたがほぼ同時期に結婚し多摩川沿いの3LDKのテラスハウスを向かい合わせに四角く四棟購入した。というところから物語は始まる。

 まとめ役の気の弱い知的な清人、お腹にいた時は双子だったがそのもう一方の養分を吸い取ってそのもう一方が消滅して生まれてきた運動が得意な肉体派の哲也、花形選手の父とミスコンの女王だった母を持ち八方美人でいろんな女の子と付き合っている容姿端麗な主人公の直紀、、最後に生まれた望は未熟児で病弱な体質だが、見た目は女の子にしか見えない。

 そろって私立の幼稚園に入れられて大学までエスカレーター式で父親たちの大学の附属だった。彼らは生まれたときからずっと一緒だった。やがて、望ことノノの肉体の中に女の子の心が宿っていることを知り・・・。



 漫画化されてるらしいけど、わかるなぁ~~


4人の幼なじみの男の子たち、その中に1人、同一性障害を持つ子がいて。。。


 なんて、やっぱドラマにしたいって思うよな~~


ただ、中心になるのは主人公たちの中学~高校生の頃の話なので


 あまりオトナな俳優じゃだめなのだ。。。


女の子の心を持つ【ノノ】には、、、女の子の格好をさせても超かわいくなきゃダメだから・・・


  小池徹平くんあたりがいいんだけど、意外と年いってるからな~~


 できるだけジャニーズに頼りたくないから


  『ダイブ!!』の 林遣都くんとか、私お気に入りの 池松壮亮くんとかいいかも。。。


 でも、ちょっと視聴率は取れにくいかな~~


  とか、どうでもいいことが気になったりして



野島伸司らしい、重~~~い問題提起もありつつ


 最後は、あ~~~よかったってほっとする作品でもあります。


 一言でいえば。。。


   めっちゃおもしろいけん、読んでみて~~ ってことかな
ディア・ドクター
ディア・ドクター


    『ディア・ドクター



 予告を見てて、おもしろそうやな~~


 と思ってたのと、


 
 こないだ、鶴瓶師匠の『A-studio』に玉木くんが出た時にすっげー面白かったし


最後に鶴瓶さんが「今後も玉木宏をよろしくお願いします」って言ってたっしょ


  あ~~~いい人だ~~~ と思ってたので


 映画の日だった今日、ちょいと観に行ってきました



 やさしい嘘 と 残酷なやさしさ 。。。でも、なんだかほっこりする


 みんなに期待されて、でも自信がなくて、自分はにせものなのに。。。


   きっと苦しいよね~~


 でも、鶴瓶演じるドクターは、ひたすらに優しくて頑張って。。。


   いい映画でした


 舞台がすっごい山奥の田舎の、山並みや田んぼがきれ~~なとこなんだけど


 こりゃ、水虫くんの実家のある、国東の景色とそっくりで。。。


  年寄りばっかりなところも^^;;


 観客も年配の人たちが多くて^^;; ってことは、私も年配の人に見えてるってことなんだな~~


 途中で大いびきをかいて寝ちゃってた人もいました


ま、そのくらいほのぼの。わき腹をこそっとくすぐられたみたいにくすっと笑っちゃう



 鶴瓶あっての映画ですね^^ 他の人じゃ考えられん



玉木くんが載ってたので買ってきた『Domani』に、


 監督の西川美和さんと、ミスユニバース代表だった知花の対談が載ってて


この映画を作ったきっかけだとか、期待されて苦しかった時のこととか


 とっても興味深い記事でした 是非読んでみて




  いつも私が行くTOHO CINEMASは、上映時間1分につき1mileがカードにたまっていくんだけど


 マイルがたまったら、ポップコーンに引き換えてくれたり、


   プレミアスクリーンにアップできたり


 でも、まったく使わないので結構たまってた


 何気に見てたら、たまったマイルで「プレス用パンフ(非売品)」がもらえるって書いてある


 しかも、そこに『真夏のオリオン』の文字が。。。


で、1500マイル分交換してもらってきました


 
 普通に買ったパンフレットに比べるとふた周りくらい大きなサイズ20090701232448.jpg




 でも、ページ数は1/3くらい?

20090701232700.jpg


中身は一緒ってか、ダイジェスト版って感じ 


 玉木くんのサイン入りプレス用パンフがあちこちでプレゼントになってたけど


    これのことだったんだ


 でも、玉ちゃんのサインがあるのとないのとで雲泥の差だ~~~~
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。