*All archives* |  *Admin*

2010/02
≪01  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28   03≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『人間失格』
『人間失格』


 ほおづえをつく生田斗真


 あちこちの表紙で使われてるこの写真とは別に


 本編の中でも、何度もほおづえをつくシーンが出てくるんだけど


  それが太宰治のイメージとリンクして。。。


 で、斗真くん。。。すごいイイ 美しい かっこえええ


太宰治の『人間失格』は、その昔読みました


 3ページだけ。。。


 あまりの暗さにすぐ挫折しちゃったのであった



 超お金持ちの家に育ち、流されてばっかのお坊ちゃま 葉蔵


  何故か女にはモテモテ


 でもさ~~~あんなにダメダメで甘えん坊で、


 目がちょっとたれてて、甘~~い顔してさ~~


  薬欲しさに 「キスしてあげるから」


 な~~~んて言われたら。。。


  そりゃ~なんでもしてあげるわよ~~~~~


 もう母性本能くすぐりまくりですよ


  斗真くん はまりすぎ
 


 原作には出てこない(らしい)中原中也 に 森田剛


男声合唱で『中原中也の詩から 汚れっちまった悲しみに』って


 めちゃめちゃいい曲があんだけど


 27歳くらいで亡くなるんだっけ 薄幸の詩人。。。


太宰治 & 中原中也 なんて、超萌え~~~


 2人のシーンはとてもとても幻想的で綺麗でした



 ただひたすら堕ちていく男の話で


正直内容は、いまいちよ~わからんぜだけど


 もともとそんなもんだと思ってみれば


芸術にどっぷり浸かった感が、劇場を出てからも持続して


   なかなかGoodですぞ



 
 それよか、晩ご飯が終わっても、すぐに部屋にこもって勉強することもなく


 ずっとリビングのソファでテレビ見たり、ジャンプ読んだりしてるにーちゃんに


  慣れない~~~ 気持ち悪い~~~~~



 前期入試が終わって気が抜けたのは本人だけじゃないみたい。


  もう何年も風邪も引いてないのに、なんだか頭痛いし熱っぽい


 母も気が抜けたみたいです
スポンサーサイト
終わりました。。。
今日で、前期入試終了~~~


 
 ほんとは、前期で受からなかったら、後期試験を受けることになるんだけど


おにーちゃん的には、もうすっかり終わってます



 昨日が英語と数学 今日は国語だけだったので


  「お昼には終わるけん迎えにきて~~


 その足で、プレステ3を買いに行くらしい。。。


 長いこと禁欲生活を送ってたにーちゃんの、はじけぶりが怖い



  試験が終わって出てきたにーちゃんは、なんだか微妙な顔をしてる


   「どしたんできんかったと


    「いや終わったな~~~と思って」


 
   ・・・って、苦笑いやったんかい



  「オレ、勉強せんで死なんかいな


 
   「毎日、何したらいいんやろ



  「あ~~~遊べる~~~



   「運転気をつけてよ~今死んだら浮かばれん。。。」



  「ここで死んだら『呪怨』どころじゃないくらいうらみが残るけん
   

  

 はいはい。どんだけでも遊んでください



   「この日のために東に入ったんやもんな~」


 って言ってた、東福岡高校を、もう月曜日には卒業です



 あ~~~早い~~~~3年間なんて あっ と言う間だ~~~
吉田修一『パレード』
吉田修一『パレード』


  吉田修一って人を知らんかったっちゃけど


 『パレード』ってのは、映画になるので知ってた。名前だけ


 行定勲監督作品


  行定勲と言えば。。。


 こないだ見たばかりの『今度は愛妻家』・・・よかったなぁ



  それから、『世界の中心で愛をさけぶ』 『春の雪』 『クローズトノート』 『北の零年』


 なかなかすごい監督みたいです




 映画の評論を見てると、


それぞれの登場人物が、見事なキャスティングでぴったりはまってるらしい



 1つの部屋に住む5人が、それぞれの目線でつづる、何気ない日常。


確かに読んでるうちに、良介のシーンでは小出恵介が(真澄ちゃ~~ん


 未来のシーンでは香里奈が(あいあい~~


 琴ちゃんのシーンでは貫地谷しほりが(芽衣~~~


  それぞれその役柄の顔をしてるのが目に浮かぶわけです


 
 先輩の彼女に一目惚れをしてしまった、一見お気楽な大学生 良介


  恋人である人気俳優からの電話を待ち続ける 琴美


 酒ばっか飲んでる自称アーティストの 未来


  映画会社勤務でしっかりした社会人っぽい 直輝


 それから、男娼()ちょっと謎めいた サトル



  このまま何気ない日常の語りで終わってしまうのか~


 と思ってたら


  まじで衝撃の結末


 いや~~~びっくりした



 深いよ いろんな意味で面白い


 何故『パレード』ってタイトルの謎も、


  最後の最後でやっとわかる。そういうことかぁ。。。


  
 いつ頃の作品ってか設定?


 「ナツメロの、河合奈保子『スマイルフォーミー』」をカラオケで歌うシーンとか。。。


   いまどき、河合奈保子は知らんやろ 


 携帯は一応持ってるみたいだった。


  いろんなテレビ番組のタイトルとか、


 タレントの名前がやたらと出てくる


10年後に読んだら、感慨深いかも



  

 
『サロゲート』
サロゲート


 1ヶ月フリーパスの期限が切れてからは


 週に1回レディースデイに映画を観にいくようにしてると。。。


追いつかない~~~


 どんどん見たい映画が公開されるのに、


気が付くと3週目とか4週目とかになって


 見れる時間帯での上映はなくなったりする



 今日はちょこちょこ仕事も入って、時間がタイトだったので


上演時間95分の『サロゲート』ちょうどイイ



 しかも、公開から随分たってるので、【プレミアスクリーン】での上映だった


座席は広くてゆったり リクライニングだしテーブル付いてるし



 【ストーリー】

ブルース・ウィリス主演のSFサスペンス。遠隔操作可能なロボット・サロゲートが人間の役割を代行する未来。人は自宅から1歩も出ることなく、自分の理想の姿をしたサロゲートの行動をバーチャルで体験していた。だがある日、安全だと思われていたバーチャル世界で何者かにサロゲートが破壊され、そこに接続していた人間までもが死亡してしまう。監督は「U-571」「ターミネーター3」のジョナサン・モストウ。
 




 自分の理想の姿が、髪の毛フサフサの、ちょい若いブルース・ウィルスってのが


  見てて、なんだか「痛い」


 だけど、最後には、年齢を重ねた、無精ひげの、しわが刻まれた生身の中年男が


なんともとってもかっこよく見えてくる



 自分の分身が、自分の代わりに仕事も遊びもやってくれちゃう世界は


スレンダーなブロンド美女が、実ははげちらかしたデブのおじさんだったり


 考えてみると結構怖い


「月イチゴロー」では、ごろ~ちゃんがけちょんけちょんに言ってたけど


 まあまあ、面白かったよ~~



ついに明日は、九大の前期試験1日目


 おにーちゃんの分身はいない 頑張れよ~~~~~~
東野圭吾 『パラドックス13』
東野圭吾 『パラドックス13』


いや~~~ 東野圭吾。。。こう来た


だいたい東野圭吾の作品にははずれがないので


 安心して読めるんだけど


  加賀恭一郎シリーズしかり、ガリレオシリーズしかり


 よ~~く練られた、純粋な推理物が多かったんだけど


今回の 『パラドックス13』は、


 読み始めてすぐに、あれ SF


  ・・・そう。サイエンスフィクション


 しかもパニック映画っぽい。。。ってか、


 ディザスター映画ってか、


私の大好きな、地球滅亡系SF映画の様相なのだ



 そう。映画です。まさに映画を見てるみたい



 もしも地球がこうなったら。。。みたいな発想でいろいろ考えるのは


   結構面白い


 巨大隕石が地球にぶつかったら・・・『ディープインパクト』とか『アルマゲドン


 巨大な低気圧が発生して氷河期が来たら・・・『デイ・アフター・トゥモロー


 人類が子供を産めなくなったら・・・『トゥモロー・ワールド』←これおもろいよ^^ 


 ある日突然植物から有害物質が出て、人間がばたばた死んでいったら・・・『ハプニング


 ある日突然空間に穴があいて、四次元の世界から怪物が・・・『ミスト


 人類が全員目が見えなくなったら・・・『ブラインドネス



こんなんですよ


 『パラドックス13』では、ある時、突然回りの人間が誰もいなくなった世界に


   取り残された数人の人間を描く



 普通ではありえない状況にさらされた時、人間はどういう行動にでるのか


  あ~~~そっか~~こういうことも起こりうるよね~~


みたいな発見が、こういう作品には必須なのだ


 それと、その状況をどう結末をつけるのか


  これ、すごい大事


 
『デイ・アフター・トゥモロー』とか『ハプニング』とか『ブラインドネス』とか


 あまりに安易な解決で、最後にめっちゃがっかりする


 その点、『パラドックス13』はよく出来てます


さすが、東野圭吾といったところでしょう。



 最初っから、映像が頭に浮かんでしまってたので


 久しぶりに、勝手にキャスティング~~


  東大出のエリートキャリア刑事の【誠哉】には。。。


    ふふふ 玉木くんで


 その弟で、おにーちゃんにコンプレックスを感じつつ、尊敬もしてる熱血刑事の【冬樹】には


  玉木くんと似てるし、成宮寛貴


 冬樹と気が合って行動を共にする女子高生【明日香】には。。。


   北乃きい とかいいかな~~


 看護婦として大活躍の【菜々美】には。。。竹内結子


  豪華だな~~~ 映画になんね~かな~


 
3日かからずに一気に読破 おもしろいよ~~~
もう1度太宰府
moblog_c48fc579.jpg



  今週の木曜と金曜が、


   とうとう長男の本命の大学2次試験です


   こないだのセンター入試前に、太宰府にお願いに行ったら


    なんだか効果テキメンだったので


   最後のお願いに、もう1回行ってきました



moblog_c0c3b50c.jpg


 今の太宰府は、梅でいっぱい^^


moblog_5fd4fa6f.jpg


 梅干しとか、梅昆布茶とか、もちろん「梅が枝餅」も。。。


 太宰府と言えば、梅 だもんね


moblog_24bc3dcc.jpg


 今日も、平日だってのに結構な人手でした。


moblog_0aebb29c.jpg



 菅原道真を追って飛んできた【飛梅】も満開(もうちょいか?)です


moblog_ddd45b53.jpg


 参道には、梅が枝餅を売ってる店が何件もあるけど


行列のできてる店が2、3件あるんだよね


 1番有名で、いつも大行列なのが 『きくち』


その昔、「みなさんのおかげです」とか


 テレビで紹介されたこともあって、なんだかすごいことになってます。


だけどね~~「きくち」だって、美味い時もあればそうでもない時もある


 すぐ右隣りの店で買ったら、きくちよりもずっと美味しいこともあったし。。。


私は、皮がぱりっと焼けたのが好き


 あんまりふにゃふにゃ柔らかいのは好きじゃない


今日は 『かのや』で買ってみました


 パリッと焼けてて、あんこも美味い


moblog_597e2d3c.jpg


 ↑ この しだれ梅の後ろは、「しょうぶ池」


 夏には大振りの菖蒲が池を覆いつくすように咲き誇ります




じーちゃんの誕生祝い
18日がうちのじーちゃんの誕生日だったので


 今日、妹一家とうちの息子たちもみんなでお祝いのお食事会


  
  ・・・って、フツーにステーキを食べに行っただけなんだけど



 
  福間にある 『ハイポー』ってお店


ハイポー外観



ハイポー1


  テーブルに来てから、まだ熱々の鉄板でお肉をひっくり返して焼いていただきます。



 特に美味しいのは、前菜で出てくる生ハムサラダ ハイポー2




 「じーちゃん いくつになったと


  
   「おー 79歳



 「あら~~~~じーちゃん頑張っとるやん



   「頑張っとるよ~~~



 近頃、とうとう要介護4の認定になってしまったじーちゃん。。。


 最近はもっぱら


  「オレをもっと大事にしてくれ~~~」って文句を言うらしい


 大事に。。。って、どう大事にして欲しいか聞いたら


 
  自分のやりたいことをやらせて欲しい


  お金を自由に使いたい


  免許を取り戻して、車の運転がしたい


つまり。。。こういう普通のことができなくなってるわけだ


 年を取るってことは、こういうことなのかな~


時々、すっげ~~~元気なお年寄りもいるけどさ~~


 うちのじーちゃんは、好きなもの食べて、


不摂生しまくってきた人生なんで、


 今や体も脳みそもボロボロやし


かわいそうっちゃかわいそうなんだよね



 死ぬまでピンピンしてて、コロッといくってのが理想なんだけどな~
図説・幕末志士199
図書館で借りて読む本は、何も小説ばかりじゃない


 よく料理の本とか借りてきて、


作ってみて美味しかったレシピのページだけコピーしてファイルしたり


 ガーデニングの本とか、旅ガイドの本とか借りてみたりする


今回のヒットはこれ~~~~


moblog_556387a5.jpg



 『図説・幕末志士199』


表紙の坂本龍馬、近藤 勇、高杉晋作を始め、


 将軍さまから新撰組、寺田屋の女将まで。。。


幕末に活躍した人たちを、写真とか年表とかいろんな図説解説つきで紹介してる

moblog_51d94d75.jpg



 これは息子たちにも大好評


なんたって、毎週ジャンプでもアニメでもはまって見てる『銀魂』には


 桂小五郎  ならぬ  桂小太郎(しかもヅラと呼ばれている^^;)


 近藤 勇  ならぬ  近藤勲(しかもゴリラ扱い)


 沖田総司  ならぬ  沖田総悟(超ドS)


 土方歳三  ならぬ  土方十四郎(マヨラー)


が登場する。


  服部半蔵 は 服部全蔵

  柳生十兵衛 は 柳生九兵衛

  高杉晋作 は 高杉晋助

  吉田松陰 は 吉田松陽


その他、岡田似蔵 とか 武市変平太 とか


 どこかで聞いたような、でもちょっと違う名前の登場人物が目白押し


全国のPTAから大ブーイングを受けているとかいないとか



 でも、意外とこの作者、よく調べてて、


へ~~~こんな人もいたんだって幕末の志士が


 名前を変えて控えめに登場してたりする。。。


それを、この本で発見しては、


 「お~~~~そうやったんか


と、感心している息子たちを見て、にやにやしてる母なのでした



 『銀魂』関係なく、『図説・幕末志士199』は


かなり読み応えのある図鑑になってますよ~~~
 
村上春樹 『1Q84』
村上春樹 『1Q84』


 やっと『1Q84』読みました~~~


今頃って感じだけど


 図書館では予約しとかないと、普通に書棚には並ばない


  と気が付くのに数ヶ月


予約をしてから順番が回ってくるのにさらに数ヶ月


 BOOK1を読み終わってから、BOOK2の予約をしてないことに気が付いて。。。


そして。。。


 やっと読めたわけだ


BOOK1を読み終わってからBOOK2が来るまでの待ち遠しかったこと


 
 やっぱりあれだけ売れただけのことはある


  おもしろい


 村上春樹独特の不思議な世界


  あ~~~どうなるの~~ って先は気になるし


よくアニメおたくの人って、もんのすごく難しいこと知ってるけど


 例えば、エヴァンゲリヲンでも、


科学的な超専門用語とか出てくるやん


 読んでてさっぱり意味がわからなくても


読んでるうちに、なんだか自分が難し~~いことを知ってるような


 超専門的なことに触れてる快感っていうのかな~


そういう気持ちよさってあるんじゃないかな


 エヴァにも、村上春樹にも、そんな共通点があるかも




もう4月にはBOOK3が出るそうで。。。


 今度は早めに予約しとこ~~~
インビクタス~負けざる者たち
インビクタス~負けざる者たち



  『インビクタス~負けざる者たち


 南アフリカの黒人大統領 ネルソン・マンデラの実話


 監督はクリント・イーストウッド


  モーガン・フリーマン に マット・デイモン


そう聞いただけで、きっと面白い映画やろな~~


 って期待してみたけど、


   期待以上の感動ものでした



南アフリカの歴史とマンデラについては


 例によって、世界史を勉強してるにーちゃんが少し解説してくれてたけど


むか~~し学校で習った【アパルトヘイト政策】のことと


 ネルソン・マンデラのほぼ名前だけの知識で映画を見ても


まさに心が揺さぶられるような感動で


 何度も何度もウルウル~~~~~



 長い間、激しく迫害されてきた白人たちを


  「赦す」ことから国を変えていった大統領の姿と


 ラグビーのワールドカップで優勝を目指す南アの選手たち


 WBCで日本が世界一になった時、


  ホークスが日本一になった時(博多限定


 そこにいる人たちがみんな1つのチームを応援してる時の一体感って


  確かにすごいけど


 最初はよそよそしい、というよりは、まだまだとげとげしい空気だった


  南アの国民たち・・・白人と黒人が


 手に手を取って、全員でチームを応援する


そして、それに応える選手たち


 いや~~~~~感動しますよ


リーダーとして、みんなの力を導き出してあげるにはどうすればいいか


  とか


 27年間、刑務所に入れられてた大統領が


自らを救ってくれたと言う詩・・・


 我が魂の征するのは我なり。。。だっけ


とか


 いちいち胸に響く言葉があちこちにちりばめられて


 ストーリーはたんたんと進む一見地味な映画なんだけど


   いや~~~~よかったよ~~





あら~~~~『インビクタス』の公式HPを見てたら


 東福岡高校で試写会の記事


  むむむ。。。そんな話聞いてないぞ


 と思ったら、


 全国制覇したラグビー部員だけ招待されたって。。。


  そりゃそうだな~~~


 この映画の公開日って、同志社の入試の日だったんだ


で、今日、合格発表でした


 おにーちゃん 同志社も無事合格~~~~


  あとは本命を残すのみ


 スーパーでいいもの見っけた1266421281ce.jpg



  「農高の粘って 合格する梅(合格するばい)納豆」


 太宰府の梅を使った梅エキス。。。


  これで粘り勝ちだ~~~~
ワイン試飲会
今日は、天神ソラリアホテルで開催された


  ワイン試飲会に行ってきました~~~



 ボルドー、ブルゴーニュ、イタリア、スペイン、


ニューワールド(オーストラリアとか。。。)


 それから、今年大注目!話題の南アフリカ!なんてコーナーも



 輸入ワインがずらりと並んでて、全139種類


126633295817.jpg


  ↑こ~~んな感じ



で、レストランとか料亭とかホテルの方たちが


 お店で出すワインの品定めに来てるわけですよ



もちろん、私は仕入れ担当でも、飲食関係でもなんでもないけど


 ワイン好きって知ってる人が誘ってくれたわけ



会場に入るなり。。。


 わ~~~~い 飲み放題だ~~~~


126633109026.jpg


こんなパレットをもらって、


 ほれほれ、右上にワイングラスを置けるようになってて


 どれがどう美味しかったかチェックしながらってわけ


おつまみは、ソフトフランスパンのみ


 初物のオリーブオイル(500ml 3000円)ってのが添えられてたけど


このオリーブオイル濃い~~~


 岩塩も置いてくれてたらもっとよかったんだけどな~



高いワインから飲んでいくように言われたけど^^;


 意外と安いワインの方が美味しいんだよね


1本950円~10,000円まで


 チェックシートを数えてみたら、34種類飲んでました


少しずつとは言え、それじゃ~結構な量だったわな。。。


 おかげで、足元はフラフラ バスで帰る途中気持ち悪くなって


  家に帰ってそのままバタンキューでした(古い言い回しだ~) 



 美味しかったのは。。。


イタリアシチリア産  グリッロ2009  白  1,250円


 イタリア  キリエラ モスカートNV  1,600円


 イタリア  サンタ・マツダレーナ ケヴュルツトラミネール クレインステイン  白 3,300円


 北イタリア  チャントンス2007  白  4,500円


 アメリカ  カベルネ・ソーヴィニヨン サンタ・イネズ・ヴァレー2005  赤 7,000円


 オーストラリア  ウィンランガ グルナッシュ2007  赤  2,000円


南アフリカ  グラハム・ベック ブリュットNV  白  2,650円



 
 やっぱり冷やしてくれてるのは美味しかったな~~ 



小郡音楽祭
昨日はバレンタイン。。。なんて行事はあまり関係ないお年頃だし


 【小郡音楽祭】ってのに、混声合唱団トニカ で参加してきました



 小郡は、福岡と佐賀の県境に近い、ま言ってみれば田舎っちゃ~田舎なんだけど


毎年この音楽祭には、小郡市内の小中学校とかPTAサークルとか以外にも


 県内の、わりとあちこちに出没する上手な団も参加することもあって


朝から夕方まで、結構な盛り上がりです



 大学時代に同じ混声合唱団にいた友達が小郡市内に住んでて


子供の学校のPTAで急遽出場したこともあって


 彼女とも3年ぶりくらいに再会



合唱をやっててよかった~~~と思うのはこういう時なんだよね


 合唱祭とかコンクールとか、あちこちの音楽祭で


大分とか長崎とかばらばらになった友達とかにも


 結構ひょっこり会えたりする


昨日はおまけに、サクセスのメンバーさんが3人見に来てくれて


 しかも花束まで

1266217515d8.jpg


 お花をもらうようなたいそうなステージでもないんだけど(1曲歌っただけだし^^;)


でも、お花ってもらうとほんとに嬉しいものですよね



 1番最後にいろんな合唱団の人がステージに立って


みんなで『筑後川』の5番 『河口』を歌ってフィナーレ


 さすがに九州の合唱団の人は、『筑後川』やってますね~~


これだけ大勢で歌うのはやっぱ楽しいし気持ちイイ



 それよか、昨日は立命の合格発表の日だったのに


私はす~~~~っかりそれを忘れてしまってて


 2時すぎに息子からメールが来てた


   「受験番号どこ


 あり なんだかえらく怒ってるぞ



立命には、センター利用受験ってやつにしたので


 ・・・つまり、試験は受けずに、センター試験の点数のみで判定してもらう方法


でも、立命用の受験番号ってのが別にあるんだけど


 それは私が保管してたので


センター試験の時の受験番号で一生懸命合格者の番号を探してたらしい


 いや~~~~~ごめんごめん



私はこんなにぼ~~~~っとしてるのに


 長男はびっくりするくらい心配性なのだ
  

間違いなくこれは水虫くんの遺伝だな



 とにかくこれで、1つ行き先ができたので一安心


あとは、家から通える国立大学 頑張ってくれ~~~~
B’zライブ 最高だ~~~~\(~o~)/
Bz MAGIC



次男とB'zのライブに行ってきました~~~~~


 いや~~~盛り上がるな~


 アルバム『MAGIC』の1曲目 『DIVE!』から始まって


・ Time Flies
 ・ MY LONELY TOWN
 ・ long time no see
 ・ PRAY
 ・ MAGIC
・ Mayday!
 ・ TINY DROPS

・・・何故か、私の大~好きな『夢の中で逢いましょう』以外はMAGICの中から全部歌ってましたね


  『だれにも言えねぇ』 ・・・盛り上がったな~~


 途中でステージがガ~~~とせり上がって


  むむむ。。。だんだん近づいてくる~~~


 大掛かりな移動ステージ


 稲葉さん近い~~~~~~~~~かっこいいいいいい~~


  それから、ウルトラソウル hai


 『愛のままにわがままに僕は君だけを傷つけない』 『OCEAN』


   『LOVE PHANTOM』←みんな好きだよね~~~


 『IT'S SHOWTIME!!』 『愛のバクダン』←かわいいバクダンの形をした


  黒くて大~~~きな風船がどこからかぼんぼんやってきて


 客席の頭上で爆発


  中からハート型の風船とかたくさん飛び出してくる演出。。。カワイイ


 『今夜月の見える丘に』・・やっぱイイ ギターでイントロ弾けるようになりたいわ~


 知らない曲が2曲あった


  カップリング曲かな~ シングルは買わないからね


 2時間以上さんざんバリバリあの声で歌った後


  アンコールで『イチブトゼンブ』をアコースティックで歌い上げたのにもびっくり
 

 声がかすれることも、音程がふらつくことも


  1ミリもピッチが狂うこともなく。。。


 稲葉さんスゴイすごすぎる~~~~~


どんだけ体鍛えてるんや


 あんなに細いのに、胸板はしっかり厚いし、


  あの声量、音域、息の長さ。。。


 ふぅ~~~~~やっぱ腹筋した方がいいかな~



明日は小郡音楽祭でドイツ語の歌を歌ってきます


 ライブで叫びすぎた 明日声出るやろか
ギター キターーーー\(~o~)/
何故か物をもらうことが多い。。。って書いたばかりだったけど


 今度はギターをもらっちゃいました~~~


1265951584d4.jpg


 わーいわーい


高校生の時、”フォーク同好会”でギターを弾いてた私


 その時使ってたフォークギターがまだうちにあるんだけど


考えてみりゃ、もう30年前の時代物


 管理も悪いから^^;ネックは反るわブリッジ高くて押さえる指は痛いわで


それを見かねたギターオタクの友達がくれたっちゃけど


 こ~~んな木目のかわいい子がきた~~~



最近、夕方『ロンバケ』の再放送をやってて


 瀬名の弾くピアノを聴くと思わず弾きたくなって


 『のだめ前編』で千秋先輩が弾いてるバッハのピアノ協奏曲を練習してたんだけど


ギターも練習しなきゃな~~~


 まずは爪を切らなきゃ
『ゴールデンスランバー』
ゴールデンスランバー


 
  『ゴールデンスランバー



 いやいや期待以上でした


 ってか、あんまり期待してなかったけんやけど


 原作は2回読んだし、とにかく面白いからね


 映像化するとだいたいがっかりかななんて思ってたけど


  よくできてました~~



 原作では、街中を監視する「なんとかポッド」ってヤツと


それをお掃除する仕事をしてるなんとか君が


 青柳の逃亡に大きな鍵を握ってたりするんだけど


映画ではその部分は見事にカット


 でも、ややこしくならなくて、かえってよかったんじゃないかな


そういう近未来的な設定というか、現実社会とはちょっとだけ違う部分って


伊坂作品にはよくあるんだけど


 その部分を削除したことで、余計にリアル感が出たかも


あと、原作を読んでる時は、


 『ゴールデンスランバー』ってどんな曲だっけって


ピンと来なかったけど、


 映画では、ちゃんとバックに流れてくれるので


そういう意味でも登場人物のバックグラウンドがよりリアルに描けてたかも



 それと、配役の妙ですね~~



連続殺人犯 キルオ に 濱田岳


 伊坂幸太郎は、最初から濱田岳くんを頭に置いてこの作品を書いたんじゃね


  ってくらい見事でした


 それと、「オレの息子は犯人じゃない」ってテレビの前でお父さんが言い切るシーン


ここが1番好きな所なんだけど、


 伊東四朗 いい味出してた~~~


 病院で逃げる手助けをしてくれる不思議なオジサンの柄本明


 轟煙火の社長の ベンガル


 青柳を追い詰める怖い怖い刑事 佐々木一太郎 に


  ここにも出てる な、香川照之


  いやいや面白かったです


 ほのぼのとしてクスッと笑えるトコもあり


  ピンチにはらはらするトコもあり


思わずジーンとくるトコもあり



  最後に残された武器は、人を信じることだから・・・



伊坂作品ファンの人も、決して裏切られないから


 見てみそ~~~~
泳いできました
何を隠そう。隠してないけど。。。


 うちのマンションにはプールが付いてます


 ついでを言えば、トレーニングルームとかピアノ室とか


  カラオケルームもゴルフレンジもサッカーコートも(フットサルサイズだけど^^;)


 バスケットコートとか、


  そうそう、バーベキューコーナーとか陶芸室まで



 だからと言って決して高級マンションでもないんだよね


そこはホレ、福岡の田舎だから


 プールは25mの4レーン


 ジャグジーも子供用プールもサウナも付いてて


ここに引っ越してきた当初はよく利用してたけど


 今日はほんとに1年以上ぶり


 だいたい毎日半身浴でお風呂に2時間近く入ってるんだから


その分、プールで汗流した方が効果的だよね~~~


 マンションのプールと言えば、


 『ラブ・シャッフル』でうさたんたちが住んでたマンションにも付いてたけど


もちろん、あんなオシャレな雰囲気じゃ~~ないよ


 でも、管理費払ってるんだから、使わなきゃ損なのだ~~~


 3LDK~4LDKで新築でも1800万~2600万


 時々競売にかけられた部屋が790万とかで出てます。


  マンション一部屋いかがすか~~
受験ってあなどれない。。。
にーちゃんが学校から帰ってきて

 
  「あ~~~なんだかな~~~」って


 落ち込んでるのとはちょっと違う微妙な顔


 何かと思ったら、


 クラスの子が1人、今日、九大のAO入試で合格を決めてきたらしい



 AO入試ってのは、


 普通の試験じゃなくて、自分の得意なものでアピールする入試方法


その子は、芸術工学部に、【環境問題に関する小論文とデッサン】


 で受けたらしい



 うちのにーちゃんよりも、センター試験では180点も低かったらしくて


 普通入試なら、国公立はどこも受けられないくらいなのに


  AO入試でとっとと決めてきた~~~~


 クラス全員 脱力したらしい


  「いやね いいヤツなんよ すっごくでもな~~~」


 特に理系の子たちは、さらに同じ学部を受けるのは隣の席の子らしくて


センター試験ではしっかり点が取れてるので、普通入試で落ちたら。。。


  「やだ~~~~ほんとにヤダ~~~


 しかも、受かった子は明日から学校にも来なくていいわけで・・・


   「あいつ、遊んでんだろうな~~


 脱力してます~~~~
恐るべしCHANEL
先日、グループのメンバーさんから


 「いつもお世話になってます~~」って


 CHANELの紙袋を戴いた 


 正直、なんもお世話とかしてないけど


で、息子からまた「おかあさん。。。職権濫用やん」って言われるっちゃけど



 キレイにラッピングされたCHANELの包みから出てきたのは。。。


   コットン  12655535694f.jpg




 だいたいセコい私は


コットンなんて、安けりゃいいなんて思ってた


 せいぜい、コットンパックを推奨してる、なんとかいう美容家の


   400円のコットンでも、


 高級コットン買ったぜ~~


なんて思ってたのに、


 「CHANELのコットン


 これがびっくりするほど使い心地がいいのよ~~~


 しっかりしてて大判で、厚みもきっちりあって 126555687575.jpg



このコットンで化粧を落としたり、化粧水つけたり、


 それだけで美しくなれそうな気がする~~~



 1月に誕生日だった友達にまだプレゼントを贈ってなくて


 なんかいいのないかな~?ってずっと探してたけど


  そうだ これいいかも


 でも、篠栗には売ってない


 天神に出なきゃ~~~待ってろよ~~~
『ラブリーボーン』
ラブリーボーン


 「私は14歳で殺された」


ってインパクトのあるナレーションで予告されてた


 『ラブリーボーン


 
 ああ美しきかな黄泉の国。。。


14歳で近所の男に殺されたスージーは


 日本的に言えば、成仏してなくて


  ・・・犯人も捕まってないし、遺体も発見されてない。


 で、天国とこの世の堺みたいところにいるんだけど


 ま~~~それが、この世のものとは思えないくらい美しい


  ・・・って、この世じゃないしね


 ミステリーっていうより、ファンタジー映画だね


レディースディってこともあったけど、


 ほぼ満席の、ほぼ全員女性


あちこちでぐしゅぐしゅすすり泣き



 まだファーストキスも経験しないまま


突然殺されてしまう、純粋で汚れのない美しい少女と


 残された家族の、


 ・・・特にお父さん 泣かせてくれるわ~~


 『ハプニング』の時にも、子供を命がけで守るお父さんを演じてた


 お母さんもキレイだし、お父さんと超ラブラブ



 娘を亡くして崩壊寸前の家に、


救世主のつもりでやってくる破天荒なおばーちゃんも


 キョーレツで笑わせてくれます


そういう細かい描写まで、ほんとよく出来てて


 上質な映画でしたよ~~~

雫井脩介『犯人に告ぐ』
雫井脩介『犯人に告ぐ』


  映像化すると、


 意外と「アレ?」ってことになりかねない



 昨日見た『サヨナライツカ』だって


 原作を読まずに映画を観たから


 正直、「むむむ今のシーンはどういう意味だっけ


 な~~んてことが多々あるわけで


  ・・・そういえば、あのバンドの曲は、ほんとに「Air's Call」だったのか


 お風呂でふんふん鼻歌を歌ってたら、


だんだんわからなくなってきた。。。


 だからと言って、のだめじゃあるまいし


何度も映画館に観に行くわけにもいかず


 誰か、玉木くんの歌を知ってて、


なおかつ「サヨナライツカ」を見てきたら教えて~~~



 そうそう、だから、きっと『サヨナライツカ』も、原作を読んだら


  すご~~くいいのかも



この 『犯人に告ぐ』を図書館で見つけた時


  「これ、映画になってたな~トヨエツで。。。」


 って認識はあった。


だけん、きっと面白いやろと思って読み始めたら。。。


 始まって何ページもしないうちに


  「おおっ こりゃ見たぞ」キラーン



 花火大会の大混雑の中で、


犯人らしき若い男と目が合って、


 追おうとしたら、別の緊急情報が入って

 
  ついに犯人を取り逃してしまうトヨエツ


 記者会見の場で逆ギレしてしまうトヨエツ


すごい既視感と共にページをどんどん繰っていく



 映画もよく出来てたよね 面白かったもん


で、原作もめちゃめちゃ面白い


 一気読みです



 ここんとこ、映画も見て、原作も読んで


ってことがいくつもあったけど


 結論としては、


  『だいたい原作の方が圧倒的におもしろい』です


 さだまさしの『眉山』とか、まだ映画の方は見てないけど


  どうやろか。。。


 伊坂幸太郎作品で最高に面白い~~~と思った


  『ゴールデンスランバー』


 公開になってますね~


 予告編のシーン1つ1つ見ても、すぐにどのシーンかわかるくらい


結構忠実に作ってるっぽいな~とは思うけど


 どうでしょね^^


ま~見たらまたご報告します\(~o~)/
『サヨナライツカ』
サヨナライツカ


 中山美穂。。。キレイやね~


 キレイでエロかった~~~


観客のほとんどってか、たぶん全員女性でした


 右隣りの人は、途中ぐじゅぐじゅ泣いてましたね


ああいう、かなわない恋愛の経験でもあるんやろか


 な~~んて、勘ぐってしまいましたわ



 中山美穂の夫で作家の 辻仁成 の原作


  
辻仁成 と言えば。。。「冷静と情熱のあいだ」の原作も読んだし映画も見たっけ


 すごい「ロマンチック」なイメージかな~



 今回、辻仁成の原作に、『私の頭の中の消しゴム』の監督がメガホンを取ったとかで


エロくて激しいシーンとかも、すごい綺麗でしたね^^


 それと、2人でオープンカーに乗ってるシーンとか


『私の頭の・・・』のラストシーンを彷彿とさせるし


 ひたすら謎の女 沓子(中山美穂)が住んでる


バンコクのオリエンタルホテルとかも


 とにかく美しい


その圧倒的なゴージャスさと、まさに「おぼれていく」感じが


 見てる自分とは、全く別世界~~ってとこもよかったな~



西島秀俊のおしりが半分ぷりっと出るシーンとかあってさ~~~


 きゃ~~~お尻かわゆす~~~



とか、


 愛人←中山美穂 に引導を渡す 正妻になるべき婚約者←石田ゆりこ


   う~~~ん。。。怖い


とか、びびっとくるシーンが結構てんこもりでした


 25年後の2人が、それぞれきっちり歳を取ってて


メイクってすごいよね~~


 手の甲のしみとか、微妙なしわとか。。。


変なトコに感心しちゃったぜい

 

そうそう何に1番びっくりしたかって


最後の方で、バンドの演奏シーンがあるっちゃけど


 そこで歌われる曲が、なんと


玉木くんのアルバム『Times...』の最後の曲 『Air’s Call』



 ・・・と思ったら。。。


もちろん違ったんだけど


 でも、最初の歌いだしから16小節は、絶対全く一緒なんだって


玉木くんの曲のカバー 英語で歌ってるのか


 なんて本気でびっくりした


途中からメロディが変わっていったんで、


  あ、そう。。。って気が抜けたけど


    誰か検証して~~~
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。