*All archives* |  *Admin*

2010/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


  
  売れてますよね~~


 今週もめざましテレビの、「本の売り上げベスト5」で1位だった


 で、遅ればせながら読んでみました



 最初は、表紙が萌え系の絵なだけで、中身はガチガチのビジネス本だと思ってて


で、敬遠してたんだけど


 小説仕立てになってるってことで、図書館で予約して。。。


さすがにちょっと待ったんだけど


 読み始めたら、読了まではあっという間でしたね~~



文章はなんだか箇条書きのようで、


 小説としての、言葉の美しさとかは、ほぼナッシング


だけど、


 
 ものすごくためになった


まさに、マネージメントする仕事をしてる私にとっては


 ぬぉ~~~~~~~ そうなんだそうだよね


って感じの、


 パソコンの横にいつも置いておきたい 本でした。




高校野球部のマネージャーになった「みなみ」が


 マネージャーの仕事ってと思って


書店で「マネージャーまたはマネージメントに関する本」を求めたら


 100年前に書かれたビジネス本 ドラッカーの『マネジメント』を


店員に勧められたところから、ストーリーは始まる。



 一応、私、経済学部出身なんだけど


学生時代、わけのわからない経済書を教科書として買わされ。。。


 授業にも興味がなく あ~~~もったいない



だいたい、ビジネス書なんて、ちっとも面白いもんじゃないし


 難しい言葉の羅列でチンプンカンプンなのが関の山



それを、弱小野球部を立て直していくことに、『マネジメント』を活用することで


 もんのすごくわかりやすい解説書になってる



  一番大事なことは・・・真摯さ 


一言で言うなら、そういうこと



  と、思った次第です。


毎日、在宅ワークを求める人たちからの問い合わせがあって


 それに電話で説明をして、


契約した人が次々に入ってきて、ちゃんと稼げるようにフォローして


 その中から、グループをまとめていける人に少しずつ引き継いで。。。



「みなみ」が野球部を強くするためにやったこと


  ・部員1人1人の、学校全体の、地域の、要望や期待することを調査した

     ・・・つまり、マーケティングよね


  ・人の得意な部分を引き出して活用した

 
      ・・・これが私には、まだいまいちできてない



 私が読んだ後、そのへんに置いてると、次男が拾ってよく読んでるんだけど


  まあ、それなりに面白かったらしい


その前に読んだ伊坂幸太郎の『オー・ファーザー』の方が


 圧倒的に面白かったらしいけど



 経営者じゃなくても、なんらかの組織に所属してる人なら


  きっとそれぞれに思うところも違いつつ、面白いだろうね^^


 だけん、こげん売れよったい



さ~て、これからも、仕事に真摯に取り組もう



 こちらもよろしく人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
『大奥』 2回目^^;
大奥 香の間


  フリーパス鑑賞13個目は・・・


    2回目の 『大奥』


 もう、今上映中のものは、大概全部観ちゃったので。。。


 
  2回目にして、発見できたのは


 最初に見た時に気が付かなかった 崎本大海


  エンドロールに名前を見つけて、


   あれ どこに出てたっけってくらい


 もちろん、かつらのせいもあるだろうけど、セリフも2~3個のチョイ役



  お三の間に入ってきた水野(二宮)をいじめる3人組の1人だった


 中心になっていじめる役の人が、あまりにインパクトのある脂っぽい顔してるんで


  隣りにいる、小顔のイケメンくんは気づかれにくいわ



 それと、玉ちゃんと蔵さんがなシーンをする時の


   ギンギラギンのふとんも(200万円也)



 将軍吉宗(柴崎コウ)と一夜を過ごした朝、水野(ニノ)が寝かぶってる


   キンキラキンキンキンのふとん(300万円也)も



 ふとんの西川 が提供してるって言ってたけど


水野に想いを寄せる町娘 のぶ(堀北真希)の家の向かいのお店が・・・


  「西川布とん」って看板を出してるのを発見した



そして、再確認したことと言えば。。。


  
  やっぱ、玉木くん キレイだわ~~~~



大奥に入ってきた水野を引き連れて、大奥の説明をして歩くシーンも


 昔は、自分の低い声が、聞き取りにくいと思って嫌だった。


  って、玉ちゃん言ってたけど


 それで、余計に気をつけるようにしてきたせいか?


  大奥の説明がとてもとてもわかりやすくて、言葉もはっきりしてて


    上手だな~~と思った




 実年齢では、玉ちゃんは二宮くんより2歳年上なだけなのに


    随分大人っぽいよな~~ てか、


 時代劇の髪型は、どうしても顔が幼く見えるから、


  ニノがお子ちゃまに見えてしょうがない



 将軍の夜のお相手をするために、白い着物に着替えて、奥のお座敷に向かうシーンも


  脇に、佐々木蔵之介と玉木宏 という長身の2人が控えるもんだから


 ちびっこのニノちゃんは、ますます子供みたいで


なんとかならんかったとかいなね~


  
 「踏んでおる


  「触れるな!見苦しい」


 それと、蔵さまに頬をそっとなでられて、ふとんに倒れこんでいく玉ちゃんには


  やっぱ何度見ても、激しくにやにやしてしまいまふ


 映画館でよかったわ。。。明るい場所で、こんなへらへらにやけきった顔


    到底見せられませんわ~



 こちらも美しいっすよ↓

101025_205658.jpg


 こちらもお願いします⇒人気ブログランキングへ



  
東野圭吾『名探偵の呪縛』
東野圭吾『名探偵の呪縛』


  東野圭吾は、最近ますます流行ってるというか。。


 『秘密』が、連ドラになって、佐々木蔵之介 と 志田未来 で始まったし


 以前、ドラマ化されてた『白夜行』が、


  今度は、堀北真希、高良健吾で映画化が決定


11月のWOWOWの月刊誌の表紙も、


  東野圭吾 『幻夜』 

 
   深田恭子と塚本高史 で21日から毎週日曜夜10時~ だって


これって、WOWOW だけの連ドラだね


 まだ原作読んでないやつだ


まあ、人気なのもうなずける。面白いもん



 さて、『名探偵の呪縛』


図書館を訪れた「私」は、いつの間にか別世界に迷い込み、探偵天下一になっていた。


 この”私”は、読んでると、東野圭吾自身であることがわかる。


それが、不思議な世界に迷い込み、いつの間にか、「名探偵 天下一」になっている。


 ちょっとファンタジーの匂い


迷い込んだ不思議な町は、なんだかちょっと古めかしい感じがする。


 ホームズがそこにいてもおかしくないような雰囲気


推理の仕方もトリックも、古きよき時代の、純粋な推理小説のような。。。



 東野圭吾が、ほんとに、推理小説が好きなんだな~~って思わせる


  愛情こもった作品でした


実は、シリーズもので、これの前に『名探偵の掟』ってのがあるんだって


 そっちを先に読んだ方が絶対いいってさ。。。


なので、「掟」も図書館で借りてきた。


 ちゃっちゃと読めるかな~
『雷桜』
『雷桜』


  フリーパス鑑賞 12個目  『雷桜』


 日本版時代劇版「ロミオとジュリエット」だって宣伝してたけど


  若干イメージと違うかな


でも、よかったよ主演の2人がとっても好演でした


  蒼井優 は、鼻たらしながら、よだれたらしながらの熱演


おっとびっくりのセクシーショットも、とまどった表情とあいまって


  やるなおぬしって感じ


岡田将生は、将軍の息子、だけど、母親が乱心して捨てられてるので


 なんとも微妙な立場ってのを、よ~~く演技してたんちゃう?


何度もアップになるけど、その度に


  「キレイやな~~~ やっぱ毛穴ないわ


 って感心してた


馬で野原を駆けるシーンが何度も出てくるけど


 相当練習したんだろね


友達の息子が乗馬クラブに入ってて、練習を見に行ったことがあったけど


 ギャロップができるようになるまでも、相当かかるって言ってたし


必ず1度はお尻の皮がむけるとか


 でも、特訓の甲斐あって(


草原のシーンも、クローバー畑(日本だからシロツメ草畑か)とか


 どこで撮影したのか 向こうに見えるアルプスの山々


とにかく景色がきれいでした


 そして、なんといっても 「雷桜」


  いちょうの木に雷が落ちて、2つに大きく裂けたところに


 桜が芽をつけて大きくなった、って不思議な巨木


春には桜が咲いて、大きな大きなピンクのかたまりになるし


 秋には、赤く色づいた桜の葉と、黄色いイチョウの葉が混在して


なんとも神秘的


 こういう木がほんとにどこかにあるんですかね~


若い2人も、景色もきれいで、ストーリーもまさに”純愛”


 で、脇をかためる俳優さんたちがまたよいのですよ


最近よく見る 柄本明 ・・・若い殿に仕える腹心 渋い。。。


 となりの藩の刺客(?)みたいな役で出てきてた 池端慎之介

  
   ・・・そう。ピーターさん。低い声で、渋いおっさんでした


蒼井優のおとうさん役の 時任三郎


 この人は強い って勝手なイメージがあるので


意外と情けなくて、すぐやられちゃうのに違和感感じたわ~~


 それと、小出恵介


この人、まだ若いのに、キャリアを感じるんだよね~~


 ず~~~っと前から、ほんとにいろんな作品に出ててさ


 いい仕事してるよね 真澄ちゃん


今、日曜9時の『パーフェクト・リポート』にも


 出世をもくろむ、ちょっと嫌な役で出てるけど


いい人じゃない役ってのも、できるんだよね~~~



 将軍の息子ならさ~~~そんなに好きな人がいるなら


側室にでもして、連れていくわけにはいかんとかいな


 それがダメでも、お庭番にでもして側に置いとくとか。。。


そのくらいのわがままってきかないのか


 な~~~んてことを思いながら、悲しい恋のお話に浸るのも


  秋の夜長によいんじゃないでしょか


『エクスペンダブルズ』
『エクスペンダブルズ』


 フリーパス鑑賞 11個目  『エクスペンダブルズ』


 
 そりゃ~超有名なアクションスターたちがずら~~っと並んだ


   でっかいパネルがしばらく立ってましたから


 予告としてはインパクト大だったんじゃないですかね


スタローンと、シュワちゃんと、ブルース・ウィルスの奇跡の3ショットも


 公開前から話題でした


ま、そのシーンはいかにもサービスカットって感じで、


  ほんの数分だったけど、やっぱすごい絵でしたね


まあ、シュワちゃんに頼らずとも、とにかくすごいアクション俳優のオンパレードなんで


 スピード感あり~の、激しくて、グロいトコも満載


首は吹っ飛ぶ。体が砕け散る。どんだけ火薬使ってんの~~


 すごい。とにかくすごいです


ジェイソン・ステイサム(トランスポーターの人ね)の


 きっとスタントなしだよねって、飛行機の頭のとこに顔出して


埠頭を吹っ飛ばすシーンなんて、


 めっさかっこよかです


個人的にはジェット・リーが好きなんで


  ・・・唯一のアジア系だからでしょうか


 チビだチビだと言われて、それでも基本、カンフーで頑張るジェットリーが


  なんとも愛おしいくらいでした



何も考えずに、ただワクワクしたい人にはオススメだ~~~



 この後、今日は2本立てで『雷桜』も見てきた。


その話はまた後日⇒人気ブログランキングへ




   
『インシテミル』
『インシテミル』


 フリーパス鑑賞10個目  『インシテミル 7日間のデスゲーム』
  

 
 画像をアップしようと思って、映画の紹介サイトを覗いて


 見た人のコメントを見てみたら


  あまり評判よろしくないですね~


でも、私は結構面白かったですよ


 例によって、あまり期待しないで見たからか



原作は、2008年の「このミステリーがすごい!」の10位。。。微妙~~


 時給11万2000円のバイトに応募した男女10人が


心理テストと称したゲームに参加させられて、結局殺し合いを繰り広げる


 細かい部分で、「なんでここでその発言?」とか


  凶器と一緒に置かれてる手紙の中身の謎とか


 きちんと解決した方がすっきりするやろうにな~って所はあるけど


キャストの10人がみんなそれぞれ個性的で、豪華だし


 1人だけ知らない人がいたけど^^;


他の9人はみんな結構ギャラ持っていきそうな。。。


 北大路欣也 はやっぱり存在感でかいし


   石原さとみがとにかくすごいよ



だいたい、こういう、きっと1人ずつ死んでいくっちゃろね


 ってストーリーだと


まずは、あまり大物ではない俳優さんとか、


 こいつ悪人やな~~ってヤツからまず殺される


って想像がつくんだけど


 そこんとこが、予想を裏切られるところもあり


平山あや もキレてたなぁ。。。


 騙しあいの激しさにムカムカしてくる『ライアーゲーム』より


  私はこっちの方が面白かったように思いました



最後のシーンも、何故ここから歩いて帰るとか


 それ、捨てるのかみたいな理解不能なとこも含めて


見逃しながら楽しんで見たらえんちゃうかな~



 やっぱり運はよくなきゃ↓
  金龍1


 こちらもお願いしますm(__)m ⇒人気ブログランキングへ

事情聴取?
へへ^^ おもしろい経験した


 って、面白がっちゃいかん話なんだけど



 実は、うちのマンション1号棟から16号棟まであるんだけど


我が家がある棟の、6階に住んでる人が最近へんないたずらにあっていると。。。


 郵便受けから郵便物を抜き取られて、びりびりに破られて捨てられてたり


   表札を破り取られたり



で、昨日、エレベーターの監視カメラに


 6階の人の家の前に置いてあったクーラーBOXを


勝手にエレベーターに積み込んで、放置していった怪しい女が映っていた



 その女は、その後1階まで降りて、エントランスから1度出て


少しして、高校生らしき制服を着た女の子と帰ってきて


 エレベーターに乗って10階で降りた。



この時に、1階エントランスで、帰宅した女子高生とその女と


 上の階から降りてきた女の人がすれ違っている


  ・・・のが、防犯カメラに映ってた


そのすれ違った女の人が、どうもあんたみたいだから


 確認して欲しいので、防犯カメラの映像を見て欲しい


って、管理センターから呼び出されたわけ



 いや。。。防犯カメラが付いてるのは知ってたけど


実際に自分が映されてるって実感は、普段全くなく


 たくさん並んだモニターの前で、同じ棟の人たちが


エントランスを出てくとこや、エレベーターに乗って、降りて、


 ってとこが、ま~~はっきり映ってるのを見た時には


正直ゾッとしましたね


 ・・・いつも見られてたんだ。。。気をつけなきゃ



その怪しい女と娘らしき女子高生とすれ違ってるのあんたやろ


 この女、誰かわかるって聞かれて。。。



 その映像をよくよく見てみたら。。。


すれ違ってるの、私じゃないし


 チュニックに黒のレギンス それにパンプス


先にその映像を見た、販売センターの人が、


 「これは、●●さんよ~~←私のこと」と断言したらしい


ま、確かに、夏はそんな格好してました


 背格好も似てる。


けど、それは、うちの隣の隣の奥さんでした



その30分後、例のいたずらされているお宅の奥さんが帰宅して


 エレベーターに乗り込んだ途端、中に見覚えのあるクーラーBOXを発見


自分のうちの物だと確認して、エレベーターから降ろした。



 ってところまで、しっかりカメラに映ってて


あとは、その怪しい女が誰なのか、断定するだけなんだよね~



 しかし、世の中、意味不明なことする人が少なくないもんね 


いったい何の恨みがあって、そんなくだらないいたずらしてるんだか



 とにかく、ドラマみたいな光景に、少々コーフンした1日でした
『桜田門外ノ変』
『桜田門外ノ変』


  フリーパス鑑賞 9個目 『桜田門外ノ変』


  もったいない。。。


    『真夏のオリオン』の倉本艦長の言葉じゃ~ないけど


 なんとももったいない映画でした



 聞く所によると、2億5千万もかけて「桜田門」とその周辺のオープンセットを造り


雪の降りしきる山形で撮影したってことだったけど


 確かにそのセットは素晴らしく


まさにその時代にタイムスリップしたかのよう



 最初に、現在の桜田門が映し出されて


  ・・・観光客がカメラを構えてて、車がびゅんびゅん行きかう風景


そこから1度空にカメラが向いて、戻ってきた時には


  150年前の雪の桜田門


私みたいな地方の人間は、初めて東京に行った時


 歴史で習った地名が、信号機の下の標識にあったりして、


  まじでびっくりする


皇居だって、つまりは江戸城だったんだよね。。。


 たった100年ちょっとの間に、こんなに激変する時代って


長い歴史を見ても、この時代しかないわけだ


 
井伊直弼を暗殺しようと決起した


水戸藩士たちの思い、とか、その後の消息とかは


 歴史では習わないし、結構最後まで史実どおり(なのかな?)描いてて


それはそれで、


 この時代の人たちって、ほんっと大変だなぁ。。。って


   ただね。。。


 長いのよ とにかく長い


それに、割と最初の方に、桜田門外の血まみれの格闘が描かれて


 その後、「6年前」 とか 「2年前」 とか


時代があっちこっち飛んで、そこに至った経緯を説明してる


 桜田門外の変に加担した人たちが、どうなったか


  自刃 とか 獄門 とか


1人1人テロップで説明が出るんだけど


 最後には、2人ほど維新後も生き延びた人がいたみたいで


  でも、名前が出るけど、それ、誰だっけなの


 大沢たかお 好きだし


 柄本明、生瀬勝久、加藤清史郎、西村雅彦、伊武雅刀、北大路欣也。。。


豪華俳優陣も出てるけど、見たことない人も多いから


 名前と顔が一致しない。


維新前後のことを、だ~~~っと描こうとしてるから


 実際、時間的にムリがある



  惜しい 惜しいなぁ~~


大沢たかお演じる水戸藩士 関鉄之介 に


 何気に愛人がいるってのにも、なんだかなぁ~って感じ


男の人って器用だよね


 割りとフツーに同時に2人の女性を愛したりできるんだよね



 昨日聞いた、友達の話


奥さんのいる(子供はいない)いとこから相談された。


 「どうしよう。。。彼女に子供ができた」


奥さんは、なかなか子供ができなくて、毎朝基礎体温を測ったりして頑張ってる。


 何より、とっても献身的ないい奥さんらしい 


そのいとこは、彼女にも、「自分には奥さんがいる」ことを話してない


 子供は産んで欲しい。奥さんは捨てられない。。。


   どんなやーーーーーー


身勝手やなぁ


 彼女はまだ20代らしく、普通に結婚を夢見てるかもしれないしね

 

 全く、男って



  いつの時代も・・・⇒人気ブログランキングへ
伊坂幸太郎 『オー!ファーザー』
伊坂幸太郎 『オー!ファーザー』


 こちらも久しぶりの伊坂幸太郎 


ここんとこ、ちょっといまいちな感じだったんだけど


  面白かったよ


新書を本屋で買って。。。って形なら


 帯とかPOPに書かれてる、ちょっとした本の紹介なんかを見て


 少々予習をした状態で読めるんだろうけど


図書館派は、たいがいまったくの白紙状態で読み始めることが多く



 「オー!ファーザー」っちゃ、全く内容が読めないタイトルだし


4人の父親がいる()高2の由紀夫


 
 これまた突拍子もない設定やな~と思うけど


前半は、その4人の父親と、由紀夫の日常が



 「なるほど父親が4人もいると、こんないいこともあるんだ」


的な、わりとほのぼの、おもしろおかしく話は進んでいく


 で、だんだん雲行きが怪しくなって


最後には怒涛の展開に、すっきりの結末


 
 いくつか、細かい部分が解けてないとこもあるけど


  ・・・すりかえられた鞄の中身はなんだったのか?とか


 そういうトコは、伊坂幸太郎の本領発揮とまではいかないかも



でも、4人のお父さん それぞれのキャラクターが面白くて


 4人が4人とも、由紀夫も由紀夫のお母さんのことも大好きで


 全力で子育てしてるってトコが


  子供たちを「育てた」ことも、何かを「教えた」ことも


ほとんど記憶がないであろう、水虫くんを父親に持つ息子たちとつい比べてしまって


 由紀夫がうらやましく思えたりもしたのでした



 また、そんな人たちを虜にしちゃったお母さんにも、すごい興味が沸くし


これがドラマになったら、超魅力的なおかあさん役は誰が似合うかしらん


 今、私が1番美しいと思う女優・・・井川 遥 にお願いしたい


 おとうさんの1人 女にモテモテのイケメンパパ 葵 には、竹之内豊 がええなぁ


  ギャンブル漬けの、ちょっとガサツなパパ 鷹さん には、寺島進 やね


  
 しかし。。。期限があったんで、今回、頑張って読んだわ~


  
  伊坂幸太郎と東野圭吾と宮部みゆきを同時に借りるなんてことは


    もうやめよう



 眠い。。。→人気ブログランキングへ




  
秋の花火
Photo0284_convert_20101017001634.jpg



熊本県八代まで、花火競技大会に来てます\(^o^)/

今年で22回目だという

我が家にとっては年中行事の一つ(*^o^*)

とは言っても、とうとう今年は息子たちは着いて来ず(^o^;)

妹一家に着いてきた(+_+)淋し(X_X)

今年の新作花火の特徴は

ピンクとかきみどりとか、薄いオレンジとか

きっと昔は出せなかった微妙な色が
いろいろ出せるようになったんやろな(^o^)v


PAP_0052.jpg


それと、丸く開いた時に

左から右に、右から左に

時間差で順々に光っていくの^o^♪

そんな初めて見る花火が目白押し!

河川敷が広いからシートを敷いて、寝転がって見れるのもいい(^o^)v

目玉は恒例の「ミュージック花火」

壮大なクラシック音楽にあわせて
これでもかってくらい花火が上がる

圧倒的です\(^o^)/

今年のテーマは「レクイエム」

モーツァルトのラクリモーザから始まって
フォーレ(?)のディエスイレ

あまりの美しさと迫力に
のけぞってしまいましたわ(^o^;)



人気ブログランキングへ
宮部みゆき『小暮写眞館』
宮部みゆき 小暮写眞館


   久しぶりに宮部みゆき 読んでみました


 『ICO』 『英雄の書』でちょっとがっかりして以来だったけど


それに、あまりに分厚い本だったので、若干腰が引けながら読んでみたら


 さすが、宮部みゆき でした



小暮写眞館 って看板がまだ残る、古い店舗つき住宅に引っ越してきた


   花菱英一 16歳


 元、写真館に住んでるってことで、心霊写真もどきの鑑定を依頼される


やっぱり、宮部みゆきと言えば、ミステリーですから


 は~~なるほど、心霊写真の話か。。。と思って読み進めていくと


分厚い本の(713ページ)半分くらいでミステリー色は消え


 登場するキャラクター1人1人に対する愛情を深く感じるような


家族や、友達や、初恋や、青春や。。。


 細かく深~~くつづられていきます



 英一の、ちょっと変わった両親。7つ年下の、できのいい弟 光(ピカちゃん)


 4歳で亡くなった妹 風子


大邸宅に住み、成績もよくて女の子にモテモテだけど、


やっぱり相当変わり者の親友 テンコ


 激しい地黒で「コゲパン」なんて呼ばれてる甘味やの娘


 小暮写真館を花菱一家に紹介した不動産屋の社長


そこの 従業員  垣本順子


 
 1人1人のキャラクター設定がものすごくちゃんとしてるんだな~


小説を書く時って、まずストーリーありきなのか?


 まずキャラクターなんだろうか。。。



この、不動産屋の 垣本順子ってのは、


 お客さんにも、誰に対しても、ものすごく無愛想


というより、にらみ付ける上に、きつい言葉で罵倒したりする女の子


 社長が言うには、昔とてもとても怖いことがあって


今でも、人が怖いから、先制攻撃をしかけてきてるんだと。。。



 ・・・こんな人知ってる~~と思った


ちょっと前まで、トニカにいたんだよ


 新人の大学生が「はじめまして」ってご挨拶に言ったら


  「あっちに行け」とか言っちゃうの


合唱なんだから、みんなで声を合わせて歌わなきゃ と思うんだけど


 輪の中に入らずに、1人後ろで歌ってる。


  「こっちにおいで~」って呼んでも


 「ふん」とか言って、列に加わらないどころか


それをきっかけに、何か捨て台詞を残して帰っちゃったりする


 ほんとに不思議な子だった~~


細くて、薄っぺらい身体ってとこも、垣本順子さんに似てる。



 私も初めて「こんにちわ~」って言った時、


「ふんっ」って無視されたのにはびっくりしたけど


ま、それならそれでいいけどと思って


 普通にしてたら。。。


いつの間にかすっかりなつかれてしまっていた


 本当は、友達欲しいし、くだらない話をしたり


  ケタケタ笑ってたい人なんだよね


でも、異常に人見知りとでも言うのかな?


 慣れるまで、すんごく時間かかるし、自分から攻撃的な態度を取っちゃうんだよね



それで、既に30歳は超えてたんだから、


 よく今までこんなで生きてこれたな~~って不思議だった



 コンクールの曲の練習をしてる頃に、久~~しぶりにやってきたのはいいけど


仕事が忙しくて、練習に来れんかったっちゃけん


 そんなに卑屈になる必要はないと思うけど


難しい曲だったしね。。。


 「歌えない」って泣き出して


練習場を飛び出して行ったっきり。。。来なくなっちゃった
 


 垣本順子さんは、電車を正面から見たいとか言って、


線路に飛び出しちゃうような


 ちょっと難しい、やばい癖を持っている。


  うつ病に近い?ちと違うか



英一は、この垣本さんが気になって


 というか、苦しんでる人をほっとけない性格なのか?



それから、4歳の娘を亡くした母、その夫、その時の記憶はほとんどないけど


 まだ赤ちゃんだった弟 小学生だったし、実はしっかり記憶が残ってる兄


小さい子供を亡くした家族が、その後抱え続けてきた大きな大きな傷が


 その後、かなり衝撃的に描かれてて


   あ~~そうかもしれないなぁ。。。って考えさせられますよ


 結構重いテーマだよね



 でも、この長い長い物語の終わりには、


 辛いものから逃げてた全ての人が


  ちゃんと正面から向き合って(千秋先輩のセリフみたい


最後には、爽やかな風が胸の中に吹いてくるような


 読後感 すっきりの大作でした


図書館の返却日までに、プラチナデータと小暮写真館


 読み終えたぞ~~~


でもまだ手元に、伊坂幸太郎の『オーファーザー』がある。。。


 1日じゃムリだわな~~



   ふ~~ 人気ブログランキングへ
『死刑台のエレベーター』
『死刑台のエレベーター』


  フリーパス鑑賞8個目  『死刑台のエレベーター』


  
  あのですね。。。


 なんとも残念な映画でした


吉瀬美智子も、阿部寛も、とてもいいのよ 雰囲気出してる


玉山鉄二もすごくいい 狂気な感じが。


 北川景子も。。。


他にも、平泉成、りょう、津川雅彦、柄本明 ・・・と豪華キャスト陣



 なのに、なんなんだ


なんか、ツメが甘すぎるというか、ストーリーが破綻してるというか


 だいたい、何故、殺さなきゃいけないのか


動機がゆるすぎるのか、説明がなさすぎか


 もうすぐ止まることがわかってるエレベーターに何故わざわざ乗る


コテージのフロントの人が受付してたのに、どうして目撃者はいない


 ってことになるの 警察はそんなに無能じゃないだろ


北川景子は、玉山鉄二のことを、どの程度思ってるのかよくわかんない上に


 なんで、一緒に責任取るみたいなことになるのか



1957年のフランス映画のリメイクだけど


 元の映画を知らないので、なんとも言えないけど


フランス映画っぽい雰囲気はあったので、それにこだわりすぎたとか



 ま、吉瀬美智子はきれいでした。


毛穴が見えそうなくらいのドアップにも、充分対応できてました


 それにしても、「のだめ」で最初にエリーゼ役で出てきた時は


ほんとにドイツ人かと思ってたし^^;


 その後、『ブラッディ・マンディ』で、テロリストの怪しい女教師で出てきた時


むむむ、、、この名前は、あのエリーゼか


 って驚いたんだった。


のだめファミリーは、ことごとくみんなBIGになったよね


 もちろん、玉木くんもそうだし、来年の大河の主役が樹里ちゃんだし


なんたって、急上昇トップは、菊地くんこと・・・


 今をときめく 向井 理 でしょう


来年の大河では、上野樹里のご主人様役ですよ


   楽しみですな~~



 そうそう この映画の中で、吉瀬美智子の役名が「芽衣子」だった


 『ギルティ』の菅野美穂の役名と同じです


  「めいこ」って悪女の名前か


 トニカにも、「めいこちゃん」がいるけど


  悪女のイメージとは程遠い


 いつもニコニコしてもりもり喰ってるぞ~~~




  商売繁盛 ↓
Corona~王冠1 


  こちらもポチお願いしますm(__)m

人気ブログランキングへ
『ナイト&デイ』
『ナイトデイ』


  フリーパス鑑賞7つ目   『ナイト&デイ』


 期待通り かっこいいキラッキラスマイルのトム・クルーズと


 太陽みたいなキュートなキャメロン・ディアス が見られます。



ストーリーは全っ然難しくないので


 何も考えないで、ただ楽しめる作品です


トム・クルーズはほとんどスタントを使わんかったらしいけど


 それにしては、めちゃめちゃ激しくてびっくりのアクションシーンの連続


ノリの軽い007シリーズって感じ



 わけのわからないまま、トムに睡眠薬を飲まされては


南海の孤島とか、アルプスとか、オーストラリアのザルツブルグとか。。。


 目が覚めるたびに、びっくりするような所に連れてこられてるんだけど


景色の美しさとかに、単純に楽しんじゃったりしてるキャメロンがまたかわいくてさ~



 私の右隣りの席に、結構なおじーちゃんとおばーちゃんがいたんだけど


その2人が、あちこちで 「あら~~」とか「わはは」なんて


 なんともほのぼのな可愛いリアクションを見せてたのが


ますます私を楽しい気分にさせてくれたのでした



 さて、いよいよ『ギルティ』スタート


昼のいいともの玉ちゃんも、かっこよかったよね~~~


 とにかく作品ごとに、全く違うキャラを演じきっちゃう人ですから


やさぐれクリクリロン毛刑事も楽しみだわ~~~



 タマクラからのメールによると、今度の会報では


早くも来年のカレンダーのご案内があるとか


 早いもんだな~~


今年の玉ちゃん日めくりカレンダーは、残りも少なくなってきて


 我が家のリビングの壁は、こげんなっちょります

Photo0266.jpg


 先日、パソコンのメンテナンスに来てくれた人が


  「映画に出てくる、ストーカーの部屋みたいやね~」って。。。


息子にもストーカー呼ばわりされるし、やっぱそういう体質かな



 ポチっとお願いしますm(__)m →人気ブログランキングへ


玉祭りじゃ~~
ギルティ記者会見


 明日はついに玉木くんの新ドラマ


   『ギルティ~悪魔と契約した女』 がスタート


その関係で、番組宣伝のための番組・・・今終わったトコ


 今夜は「大ネプリーグ」 「いいとも特大号」


明日の「いいとも」 と立て続けに玉ちゃん出演


 しかも、金曜日には『のだめカンタービレ最終楽章後編』のDVDが出て


・・・これもまだ全部見れてない


 フジテレビが出すDVDは、特典映像とかがとっても充実してる


「のだめ」にも特典Discが2枚ついてて、内容もたっぷり



そこにきて、4日にスタートした新規ビジネスの説明会を毎晩やってて


 メンバーさんたち全員に告知してあげなきゃいけないし


そんなで仕事の方がやたらと忙しい


 映画もタダ月間やけん、どんどん観なきゃもったいない



そしたら。。。なんと


 金曜日の、玉木宏「Naked」をまだ聞いてなかったことに気が付いた


で、今あわててネットラジオで聞いてるとこだけど


 私としたことが。。。なんたる不覚


玉で忙しい時期は、ツイ友さんとかブロ友さん、主婦玉連の掲示板とかが


 とてもとても大事な情報源


だけど、そのチェックすらなかなかできないとあっちゃ


 どうしようもないわな~



だいたい、今日も、ネプリーグとかいいともに玉ちゃんが生で出てる時に


 トニカの練習とか行ってるだんじゃないんだよ~~~



でも、トニカでは今、新曲の音取り中。三善晃なんで、むずかし~~~


 体は2個ないからね




そろそろコスモスも身頃⇒人気ブログランキングへ
東野圭吾『プラチナデータ』
東野圭吾『プラチナデータ』


内容(「BOOK」データベースより)
犯罪防止を目的としたDNA法案が国会で可決し、検挙率が飛躍的に上がるなか、科学捜査を嘲笑うかのような連続殺人事件が発生した。警察の捜査は難航を極め、警察庁特殊解析研究所の神楽龍平が操るDNA捜査システムの検索結果は「NOT FOUND」。犯人はこの世に存在しないのか?時を同じくして、システムの開発者までが殺害される。現場に残された毛髪から解析された結果は…「RYUHEI KAGURA 適合率99.99%」。犯人は、神楽自身であることを示していた―。確信は疑念に、追う者は追われる者に。すべての謎は、DNAが解決する。数々の名作を生み出してきた著者が、究極の謎「人間の心」に迫る。




 東野圭吾の作品は、面白くてあたりまえ


になっちゃってるので、


 その点から言うと、「普通に面白い」って感じでしょうか


DNAのデータを国家が管理して。。。って、


 理系作家の真骨頂でしょうかね~^^ 


国家がらみってのも「ゴールデンスランバー」みたいで


  ・・・って、ゴールデンスランバーは伊坂幸太郎やし


東野圭吾の作品の中には、とても似てるけれど


 いろんな部分がちょっとずつ違う、もう1つの現代社会が描かれてます。


読んでて時々混乱するくらいリアルなのよ


 あれそんな法律いつできたっけ


   とか思っちゃうわけ


今回は、やたらと「喫煙」に関する法律みたいなのが厳しくなってる世の中で


 東野圭吾ってたばこ吸うんだろか


もしかして、最近、吸える場所が減ってたり、値上げになったりしたことを


 結構気にしてたりするのかな~~


なんて想像してしまいました



  例によって、読みながら自分の中で、勝手にキャスティング~~


DNA捜査システムの開発者で、後に逃亡者となる「神楽」を・・・岡田将生


上から押さえつけられながらも自分で捜査をしていく刑事「浅間」・・・堤真一 


  謎の少女「スズラン」・・・森迫永依(身内びいきで^^;)


神楽の精神科担当医「水上」・・・う~~ん。。。柄本明?


 アメリカからやってきたDNA捜査研修生、謎の女「白鳥里沙」・・・吉瀬美智子



    こんなもんでいかがでしょ



九州はまだまだ紅葉してませんね~⇒人気ブログランキングへ
『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』
アイルトン・セナ~音速の彼方へ


 フリーパス鑑賞 6つ目  『アイルトン・セナ~音速の彼方へ』

  セナ 好きだったんだよね。。。


長男が生まれた時、名前を「せな」にしたくて


 女の子だったら、瀬菜 とか 瀬奈  男の子なら 瀬名か


って、真剣に悩んだんだったけど


 結局、字画の問題で断念


だけど、そのあと、セナが事故で亡くなって


 亡くなった人の名前を付けなくてよかった、みたいな話にはなったのだけど。。。



でも、セナの栄光の裏にあった苦悩とか


 アラン・プロストとの確執とか、


あんまり詳しくは知らなかったんだな~~と実感



 当時、ほんっとにすごいF1ブームだったもんね


年間通して、F1の中継は欠かさず見てたし


 1年間のチャンピオンシップを争う上で、


シーズンの最後から2つ目のGPが日本の鈴鹿であってたってのも


 つまり、最終のオーストラリアGPを待たずに、


日本GPでその年のチャンピオンが決まるってことが多かったもんだから


 日本中、空前のF1ブームだった


なんたって、世界チャンピオンを競ってた、セナとプロストがいたチームが


 マクラーレンホンダ


Marlboroのロゴを背負った、白と赤のボディ


 HONDAのエンジンを積んでたのさ


それが、ワンツーフィニッシュかましたり、


 アイドルみたいな顔した天才セナが走らすんだから


  そりゃ~~~日本中熱狂するわな~~


水虫くんもすごい好きだったみたいで


 フェラーリとか、ベネトンとか、もちろん、赤白のマクラーレンの


プラモデルをいくつも作ったりしてたよ



 セナが事故を起こしたレースも、生で見てた


壁に激突したきり、ピクリとも動かないセナ


 ヘリで搬送されるところも、その後、フジテレビのアナウンサーが悲痛な面持ちで


っていうか、泣きながらセナの死亡を伝えたシーンも



 その当時の全てのことと一緒に、一気によみがえってしまって


想定外だったけど、号泣してしまった



 それと、まだ1度も勝ててなかったブラジルGPで


残り数週を残してギアボックスが壊れて


 6速のみで最後まで走り続けて、ついに優勝した時


首と肩をやられて、触るだけでも激痛が走る中


 ブラジルの国民に向けて、優勝トロフィーを掲げようとするセナ


痛くてなかなか持ち上がらない。顔が苦痛でゆがむ。


 痛みをこらえ、せーので高く掲げるセナ


   ああああ~~~


イケメンで天才。だけど、プロストや、フランス人F1会長からの圧力を受けながら


 それでもポールポジションを求め、チェッカーフラッグを受けるために


戦い続けた。。。


 ってのが、また、判官びいきの日本人には特にたまらんかったんだろな~



あれだけの確執があったプロストと


 最後には、並んで笑って握手して


後に設立されたアイルトン・セナ財団の管財人を、現在、プロストがやってるってのに


 ほっとするというか、救われたような気がしました。



 映像も古くて粗いし、セナの海パンがピタピタなとこも古っ


オンボードカメラの映像も、昔はこんなに激しく揺れてたんだな~って感じだし


 セナが亡くなって16年 


16年って早いようで、結構な時間だよね


 当時から、シューマッハがセナと1位を争ってたのにはびっくりしたけど


セナが事故で亡くなって以来、F1での死者は1人も出ていないし


 今は、あの当時みたいなクラッシュなんて、ほんとに見ないもんね


とは言っても、セナが亡くなってから、ぴたっとF1は見なくなったんだよな^^;;



今日が初日だったけど、TOHOシネマズの1番大きなスクリーンで


 お客さんはたったの6人


でも、私たちのヒーローだったセナが


 命をかけて残したものを、是非見て欲しい




 こちらもポチっとして欲しい!→人気ブログランキングへ
東野圭吾『たぶん最後の御挨拶』
東野圭吾『たぶん最後の御挨拶』


  こないだツイッターで(あ忙しくて最近ツイートチェックできてない


 誰かが、この、東野圭吾のエッセイ集のことをつぶやいてたのを見て


  なるほど。。。エッセイってものがあるんかと思ってたら


 図書館にひょこっとあったので早速借りてみた



大好きな作家の、伝記ともいえるようなエッセイ集


   おもしろ~~~~~い



 「たぶん最後の・・・」となってるのは、


もうこれを最後にエッセイは書かないってことだそうで。。。


 帯にも、こんなん書いてる暇があったら小説を書け みたいな


自分を叱咤するような言葉が書かれてたけど


 そんなこと言わずに、またエッセイ出して欲しい



理系の人だってことくらいしか知らずに、東野圭吾の作品は大好きで


 どんどん読んでたけど


その人の、作家になるまでのいきさつとか苦労とか


 1つ1つの作品に対する思い入れとか、どんなネタを元に書いたとか


普段、どんな作家仲間と、どんなもの食べて、どんなことして遊んでるのか、とか


 とにかく、どれを読んでも、ニヤニヤしちゃうくらい楽しかった



 作家って、みんなものすごく頭がよくて、文章のセンスがあって。。。


と思ってたけど、


 東野圭吾は、小学生の頃から国語が特に苦手で、


勉強もできなくて、昔を知ってる人は、自分が売れっ子作家になってることに


 みんな驚いてるって話には、こっちが驚いた



BOOK OFFとかのリサイクルショップも増えて、新書が売れなくなってることを


 とても危惧してるってあたりは、図書館派の私も、すみませんって感じ



「使命と魂のリミット」までの全作品についての解説は、


 東野ファンにはたまりませんよ


それと、映画化とかされたものについて。。。


 『秘密』が最初の映画化ですか?


初めてのことで嬉しさ爆発って感じで


 撮影現場を見に行った時のことが書かれてて


広末涼子の顔が小さかったとか、


 『ゲームの名は誘拐』の映画化『ga@me』に出てた藤木直人のことを


男性なのに、すごくきれいで顔が小さくて、毛穴なんてない


 っていう感想に、笑ってしまいました


そのまま『変身』の撮影現場にも行ってれば


 きっと、「玉木宏にはムダ毛がない。毛穴もない」なんてなってたかもしれんけど


悲しいかな、その頃には、東野さんも慣れたのか飽きたのか


 試写会を見ただけだったみたいで、ちと残念



それから、怪獣がすごく好きだったみたいで


 『ガメラ3』の撮影現場を見にいく機会があった時のことが書かれてて


当時、『ガメラ3』を見て、


  「すげ~~~~邦画もこんなことができるようになったんか


と感激して、オススメの映画は?と聞かれたら、『ガメラ3』と答えてた私としては


 東野圭吾のガメラ撮影レポートがめちゃめちゃ楽しくて


趣味が一緒だ~~~なんて嬉しくなっちゃいました



 これが最後らしいけど


これの前にも4作エッセイ集があるらしいので、


    それも読んでみたいですね~



 読書の秋 →クリック→人気ブログランキングへ


 
 
『ガフールの伝説』
『ガフールの伝説』


  フリーパス鑑賞5つ目  『ガフールの伝説』



フリーパスがなかったら、観てなかったかもしれんけど。。。


 これはいったい何


  絵じゃないよね。。。 実写みたい。


本物のふくろうが、しゃべったり笑ったりしてるみたい


 アニメにしては、背景とかふくろうが本物っぽすぎる


夕陽とか、海とか雪とか、ものすごくきれいだし


 ふくろうのふわふわの毛が、まるで本物ですよ


   表情豊かだし~~~~


 こんなきれいなCGアニメって今まであった


ってくらい素晴らしかったです



 ストーリー自体は、わかりにくい所もありつつ、よくある話でもあり



ふくろうの王国を支配しようとする、悪の集団に、


伝説の勇者を信じる、若いふくろうが立ち向かい。。。みたいな



 監督は『300<スリーハンドレッド>』『ウォッチメン』のザック・スナイダーだそうで


なるほど、戦闘シーンとか、スローモーション使いがさすがでした


 

 声の吹き替えは 市原隼人と川島海荷


見てる間、藤原竜也かな~~とか思ってたけど


 市原隼人だったんだ。。。違和感なくて、結構上手だったかも


その他は、プロの声優さんたちで、いい仕上がりでした。



 時間が合わなくて、2Dで観たけど


これこそ、3Dで観たらよかったやろな~~



  でも、鳥だけのことはあって、空を飛ぶシーンがものすごく多くて


3Dで観ると、滑空シーンって、自分も飛んでるみたいで臨場感ありすぎて


 乗り物酔いする人は、絶対目が回るので要注意



明日は、映画観るのも一休み


 10/4スタートで新規ビジネスを立ち上げたところなので


   今はそっちも忙しいのだ


図書館に予約してた本が2冊同時に来ちゃったし


 東野圭吾の『プラチナデータ』と宮部みゆきの『小暮写真館』



特に宮部みゆきの方は、すんごい分厚い 


 17日まで2冊とも読んでしまえるのか


次にも予約待ちの人がいるものは、延長して借りてられないんだよね~~



 来週からは玉木くんの『ギルティ』も始まるから


あちこちの特番にも出るみたいだし


 のだめ後編DVDも今週末には届くはず


大変だ~~~忙しいぞ~~~


  
  ポチっとな→ 人気ブログランキングへ
『THE LAST MESSAGE 海猿』
THE LAST MESSAGE 海猿


フリーパス鑑賞4つ目  『THE LAST MESSAGE 海猿


  誰 つまんないなんて言ったの


『踊る大捜査線』も、1も2もすっごい面白かったのに、3はがっかりだったし


月イチゴローでも、テーマがありきたりとか、今までどおりでつまんないとか


 結構けちょんけちょんに言われてたので


あまり期待しないで観に行ったら。。。


 
  めちゃめちゃ面白いやなかですかぁ~~~


最近、1つ悟ったことがある


 映画を観る前に、あまり期待するなってこと


あまり期待してみるとがっかりするし、期待しないで見るとだいたい面白い



 ゴローちゃん曰く、


最初から最後まで、「あきらめない」何があっても「あきらめない」


 そして、愛、絆、仲間を信じる


そういうテーマがわかりきってるからどうとか。。。ってことだったけど



 でもさ それが見たいのよ


何があってもあきらめない、仙崎大輔が見たいのよ



 木村拓哉はなんの役をさせても一緒なんていう人がいるけど


  それでいいの


 いつもの、正義感あふれる、かっこいいキムタクが見たいのよ


毎回毎回、この紋所が目に入らぬか~~~ははぁ~~


 って、水戸黄門を見たいのと一緒よ



 結局3Dで見たんだけど、そりゃ~~~すごい臨場感と迫力でした。


何度も、ひえ~~~ とか、ひゃ~~~~~とか


 落ちてくる鉄骨をよけたり、ハラハラドキドキ


腰を痛めてるのに、見てるだけで余計な力が入って


   腹筋痛かったし



ただし、途中何度も号泣してしまうので、その度、3Dメガネが邪魔でさ


 きっと私も泣くやろな。。。って方は、2Dでも充分すぎるほど迫力あると思うので


2Dをオススメするかな~



 とにかく、伊藤英明かっこよすぎます ほれぼれ~~~


あんなに汗まみれ、泥まみれが似合う人もそうそういない



 それから、下川さん(時任三郎)


映画2の時もだったけど、会議室で指示したり、上と交渉してるだけなのに


  どうしてあんなにかっこいいわけ


もう、戦う男たち、みんなかっこよかった



 それとね^^ 大輔くんと環奈の赤ちゃんが


もう、めっちゃめちゃかわいいいいいいい~~~~~


 
 環奈(加藤あい)に抱っこされて、


アパートのおかあさんたちが集まってる所にきたら、


 にこ~~~って笑うっちゃん



もう、たまらんですよ あ~~~孫欲しい~~~



 自己成長したい方って↓
 Aqua~アクア1加工101005


 こちらもお願いします

人気ブログランキングへ
『君に届け』
君に届け


  フリーパス鑑賞 3つ目  『君に届け


 三浦春馬 いいなぁ。。。 爽やかだ~~~~


  「風早くんってどんな人?」と聞かれて


 「爽やかな人、というか、むしろ 爽やかでできてるっていうか。。。」


って爽子が答えるシーンがあるんだけど、


 まさに、その通りの爽やかさで、三浦春馬ははまり役でしたね~~


原作は読んだことないんだけど、


 昔は少女マンガもたくさん読んでたけど


もう何十年も読んでなくて、今さらあの世界に入りきらんわ



 でも、映画だったら、こんな せつなくて 胸きゅんきゅんを味わえて


  いや~~映画ってやっぱいいですね


予告を見てて、みんなから「貞子」と呼ばれて、気味悪がられてる女の子に


 クラスの人気者の風早くんが、どうして魅かれてるんだろ


って不思議に思ってたんだけど


 爽子ちゃんは、子供の頃から、人の役に立ちたくて、「一日一善」を実行してきた子


学校でも、いつもゴミ箱の整理したり、モップ洗ってたり、花壇の水遣りしたり。。。



 そういうのを風早くんはちゃんと見てるわけだ


  えらいっっ 気に入った


こういう、人を見る目がちゃんとある人って貴重だよ~~



 大学の同級生に「まりちゃん」っているんだけど(前にも書いたことあったかも^^;)


まりちゃんは、化粧っ気もなく、髪はぼーぼーで


 大分弁しかも県南の激しい田舎言葉を駆使するヤツ


確かに、「かわいいキラキラッ」って子じゃ~全然ないけど


 一緒にいたらとにかく楽しくて、絶対人を悪く言ったりしないし


いつも人を感心してばかりいて、回りを幸せ~な気分にしてくれる人



 結婚が決まった時、旦那さんに、「まりちゃんのどこに魅かれたの?」


と聞いたら


 私たち同級生が集まってる中で、まりちゃんが1番光ってた って



それ聞いた時、


  「こいつ やるな 只者じゃないな」と思った。


実際、ほんとにいい旦那さんで、


 おととしだっけ?ガンで亡くなっちゃった



 どうして、いい人って早く亡くなっちゃうかなぁ~



おっと、話が脇にそれた。。。



 ARATA演じる担任の先生も、いいかげんでテキトーなんだけど


時々、ものすごく物事の本質を語ったりして


 ただの軽い青春ものってわけでもないんだわ



 ま、そんなこんなで、遠い昔に青春が過ぎ去ったおばちゃんでも


  キュンキュンうるうる で、


   気持ちよ~くなれる映画です よかったよ~~~



でもね~~今日は、環境が最悪だった


 左側のおばちゃんトリオは、途中で携帯を何度も開けてまぶしいし


後ろには、昨日が運動会で今日が代休なのか、中学生くらいの女の子3人組で


 途中、声を上げて泣くし、大声で笑うし、なんかしゃべってるし


イスの背もたれを何度も蹴りやがる、サイテーなやつらだった


 マナーが守れないなら、映画館に来るな



で、右隣りは、ちょっと小さい子とおにーさんらしきカップル


 何故かずっとしゃべってる。うるさい


おにーさんの方は、いちいちシーンの説明をしてるし


 女の子の方は、さらに大きい声でなんか話してる。。。かーーーー


くっそ~~~マナーがなっちょらん どんなやつらや


 と思って、


  「いい映画だったね~~~」なんて話してる2人を見たら


小さい女の子の方は、ダウン症の子みたいだった。


 そして、連れてきてたおにーさんの方はというと


無精ヒゲがいい感じのイケメンだったのだ~~~~


   なので許す




 こちらも君に届け人気ブログランキングへ
 
『TUNAMI-ツナミ-』
TUNAMI ツナミ


  フリーパス鑑賞2つ目 『TUNAMI-ツナミ-』  



 月イチゴローで、吾郎ちゃんが絶賛してた


韓国映画らしく、笑わせて、泣かせて、


 巨大津波が押し寄せるシーンは、すごいよく出来てました



  韓国映画ってさ、ドラマもだけど、


 必ず日本の俳優さんにそっくりな人が出るんだよね~~


 イ・ビョンホンの『IRIS』でも、北朝鮮の護衛局の人が


  少年隊の錦織にめちゃめちゃ似てたんだよね。。。キム・スンウ


                         ↑この人、この人



この『TUNAMI』にも、


  大泉 洋 似の 主人公 マンシク tunami 2

  (右のくるくるパーマのおにーさん)



  鈴木砂羽 似の キャリアウーマン(って紹介がわろたtunami 4


  河原崎長一郎 に激似の 地区開発のおじさんtunami 3

  (真ん中のおじさん めちゃめちゃそっくり)
 

 とか、突っ込みどころ満載でっせ



実際にメガ津波が到来するまで、こういう人たちの人生だとか人間模様を描くのに

 
 結構な時間を費やしてるので


 ただ、パニック映画的なものを期待していくと


そこまでが相当待ち遠しいかも


  右隣りの、夫婦で来てたご主人の方が、途中いびきをかきだしたくらいだもん


 ま、でも、そこまできっちり描いてるので


  その後、いっぱい泣けます


ニートで、おかあさんに喰わせてもらってるくせに


 就職の面接の話を持ち出したお母さんに悪態つくような


  ろくでもないやつが、何故か悪運が強くて


 津波が来ようが、爆発に巻き込まれようが、降って来るコンテナに襲われようが


なかなか死なないのにイラっときたり


 そうかと思うと、ほんとにいいヤツが、あっさり波に飲み込まれたり


もうだめかと思ったら、すんでのところで助かって


 あ~~~よかった と思ったら、


あっという間にまた流されたり。。。


 
 ものすごくいがみあってた人が、命をかけて助けてくれたり



まあ、いろんな意味で、びっくりしたり、感動したり、考えさせられたりもする


 ・・・三流映画と、紙一重な感じの


 おもしろい映画でしたよ ←びみょー

   


    よかったらポチってね^^↓
 人気ブログランキングへ
『十三人の刺客』 観てきました!
十三人の刺客


 フリーパス鑑賞1コ目  『十三人の刺客』



 いやいや。。。すごいです


  本気やね


本気の男が、本気の大人が、本気で作った映画でした


 
 三池崇史監督って、『クローズZERO』の人だよね


そういえば、その時も、すごいアクションシーンの連続だったけど


 今回は、あんなもんじゃ~ないです



なんたって、吾郎ちゃんの極悪ぶりがハンパない


 全く遠慮も躊躇もなく、女だろうが子供だろうが


  顔色一つ変えずになぶりころすのよ。。。


残酷なシーンが苦手な人は、要注意


 というか、本気で作ってる映画なので、覚悟して見て欲しい



キャストがなんたって豪華だもんね


 役所広司、山田孝之、伊勢谷友介、沢村一樹、高岡蒼甫、伊原剛志、松方弘樹、平幹二朗、松本幸四郎、市村正親。。。


 
 
 松方弘樹が刀を振り回してるの、久しぶりに見た~~


   遠山の金さんや~~~ん



 それから、、、伊勢谷友介 いいよね~~


目ヂカラあるわ~~


 『龍馬伝』でも、高杉晋作 めっちゃいいもんね


    存在感ありまくり


 1人だけ、老中の意向を受けて刺客として放たれたわけではなくて


山の中で拾われて付いてきた、山猿みたいな、不思議なヤツ


 重~~いストーリー展開の中で、1人、笑えるシーンを担当してて


泥まみれで汚いのに、かっこいい~


 「あしたのジョー」の 力石 徹 役も期待してまっせ~~



 13人のサムライが、200人以上の軍勢と戦うわけだけど


斬っても斬っても、どこかからまたわいてきて。。。


 絶対、設定人数以上、いたと思うよ


ま、そこんとこは、絵的に必要だったのか?



 暴君とわかっていながら、主君を守ることに命をかける腹心役の 


市村正親がまたイイ すごくイイ


 
 役所広司がいいのはわかってるんだけど


どの俳優さんも、泥まみれの血まみれで、本気度満点 


 迫力ありますよ~~



 吾郎ちゃんも、キャリアを積んで、今だから、


あんなキョーレツや役もできたんだろな~
 


 ジャニーズのファンが見てるから、これ以上見せられんなぁ~とか


ここは、きれいに見せなきゃいかんよなぁ~


 みたいな、小細工一切ナシ


 是非、見てみて



 
  こっちもポチして人気ブログランキングへ

  
『大奥』 見た!!
大奥 松島と藤波


  あ~~ん


 藤波(佐々木蔵之助)が、松島(玉木宏)の頬をそっと撫で


  少し嬉しそうな、はにかんだような顔をした松島と


 やらし~微笑みの藤波が、ギンギンギラギラのふとんに倒れこんで。。。


   松島の足が藤波のそれにからんで・・・むきゃーーーーーーー



 監督に、ここは声を出した方がいいのか尋ねて、却下されたって


  玉ちゃんが話してたのを思い出して、ニヤニヤ~~



 ほぼ満席の劇場内は、ニノが・・・のシーンでシクシク


  大倉くんが・・・のシーンでも、グシュングシュン


 
 ま、そこんとこ、玉ちゃん目当ての私は、


  「踏んでおる」でも、


 「触れるな!見苦しい」でも、ただただ、ニヤニヤしっぱなしでした



 
柴咲コウが白馬にまたがって、野原を駆けるシーンは


 まさに、 暴れん坊将軍 でした^^



江戸の町並みとか、お城のある風景とか


 大奥の美しい男たちと、そこで働くたくさんの男の子たち。。。


よく描かれてて、楽しかったです



 私。。。関ジャニは全員の名前がわからないくらいなんだけど


大倉くんは、前にも「必殺」に出てたんだよね


 時代劇似合うよね 男の子のポニーテール好きだな~


ニノと大倉くんの剣の試合のシーンも、


 ああいうのさせたら、ジャニーズの子たちって上手にこなすよね~~


ファンの子たちは、きっと目がハートだったんじゃ?



 設定が設定だけに、途中何度も、ハッとするシーンもあって


  びっくりの連続だったんだけど


最後はちょっとあっけないというか、先が見えてしまって、ちと残念



 まあでも、もう1回美しい松島さまを見たいので、


6000マイルたまったことだし また観にいこうかな
 


 
 それにしても、ボーイズラブ 好きな人多いのね~~


  
  花より団子?→ 人気ブログランキングへ
  


 
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。