*All archives* |  *Admin*

2011/07
≪06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   08≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マイティ・ソー』
『マイティ・ソー』


 いや~~~申し訳ない もっとB級映画かと思ってた


   面白かったのだ


 7/2公開で、今週末でもう終わっちゃうってんだから


  まあ、浅野忠信がハリウッド初進出 って宣伝はしてたけど。。。


 神様の息子が地球に落ちてきて・・・って、何故かB級のニオイがぷんぷんしてたんだ^^;



 でも、ソーのおとーちゃんの王様はアンソニー・ホプキンスだし


地球に落ちてきていい仲になるのは、こないだオスカーを取ったばかりのナタリー・ポートマン


 次回作もあるみたいで、エンドロール後に出てきたのはサミュエル・L・ジャクソンですよ



浅野忠信は、セリフとかも少なくてもうちょっと活躍して欲しかったけど


 なかなかの存在感でかっこよかったし


主人公のちょっと毛が濃いマッチョくんは


 聞かん坊のわんぱく坊主で、でも純粋で心根が優しくて、で、すげー力持ち


  って感じで、見てるうちにかわいくなってくるしさ



それから映像もすごいキレイでさ~~


 ま、無理に3Dじゃなくてもよかったとは思うけど


 宇宙好きにはたまらんかも


お家の窓から見える風景が、すぐ目の前が馬頭星雲 みたいな


 気持ちいいくらいキレイなの


神様たちがあんまり神様っぽくなかったけど


 北欧の神話と話がリンクしてるみたいで


  そんなところもファンタジーで好きでした~~


次回作では、浅野忠信にもうちょっと働いてもらいましょ
 
スポンサーサイト
東川篤哉 『謎解きはディナーのあとで』
東川篤哉 『謎解きはディナーのあとで』



 今年の本屋大賞だったんで、


  図書館で予約して、結構待たされてやっと読んだんだけど。。。



 正直、、、なんでこれが大賞なん って感じです


 女子中高生向きの連ドラかなんかにしたくて書いたんかな


  『メイちゃんの執事』とか 『イケメンパラダイス』みたいな


軽~~いノリの、くだらな~~いドラマみたい



 いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様 麗子は


その身分を隠して刑事をしてる。


 そのお嬢様のお抱え運転手で執事の 影山 が、


  お嬢様の話だけを聞いて、難事件を次々に解決していく。。。


って、聞くからに陳腐だもんね


 
  ま、その影山の毒舌と、麗子の上司のお坊ちゃま刑事のキモぶりが


 面白いと言えば面白いのか。。。



 ドラマ化するのを前提に書いてるんじゃないかと思えるのは


  
  執事 影山 のビジュアル設定ですよ


 『メイちゃんの執事』の時の 水嶋ヒロ が本当にかっこよかったしね


  その時の、向井 理 もかっこよかった


 全身黒で決めた執事姿って、まじでかっこよいもんね



  でもね^^ この 影山は、30歳代、長身で渋い低音の声。。。



 これって・・・玉木宏 あなたしかおりません


 読めば読むほど、執事姿の玉ちゃんが思い浮かぶのよ~~~毒舌だし


 
  お嬢様の麗子は、北川景子かな~~


 『真夏のオリオン』の時とは全く違う2人になるやろな~~



 上司のお坊ちゃま刑事には、ミッチー及川光博しかやっぱ思いつかんけどどう


  ・・・なんて、ドラマになればもう少しは面白いかもって作品でした
まだ脳内は玉、玉、玉。。。
あ~~~まだ頭の中は、昨日の


 お肌トゥルットゥルの、お目々キラッキラの玉ちゃんであふれてます


ま~だいたい、会うたびに痩せてたりぽっちゃりしてたり


 髪が長かったり短かったりおひげがあったりなかったり。。。


全く同じ玉ちゃんってことはありえないんだけど


 今回の玉ちゃんは、ちょいデコ出しの、ロックな感じの千秋先輩って感じだったかな


  後頭部だけ見ると、まさに指揮台に立つ時の千秋先輩


 ちょっとだけ口の上にうっすらおひげがあって。。。。


相変わらず、腕も足も背中もチュルチュルで、わき毛もほとんどないよね。。。


 
 ブルーのタンブラーで何度も水分補給してました。


こんなやつ ⇒4580244684458.jpg


 でも、形はこっち ⇒4524785112223_2.jpg


 やっぱりスタバのタンブラーだったんだろうか


でもすごくキレイなブルーだったのよ 今はもう売ってないのかな~?


 ・・・って、玉ちゃんの私物ってわけじゃないよね


同じようなのが何個か置いてたし。。。



 それと、今回のステージでは、ライブハウスでもできる限りの仕掛けがしてあって


 
B'zやSMAPのライブだったら、器もステージもどでかいからさ



 大きなモニターをいくつも配して、ステージのデザインの一部にしたりもするけど


そこんとこはZeppですから


 
 パソコンみたいなモニターを4つくらい置いてて


  『仮想現実~Virtual Reality』の時に、歌いだしのデジタルな声のトコは


モニターの中で玉ちゃんが歌っててという演出



 外でしばらく待たされただけのことはあって、こだわってましたね~



香港のライブを見に行ったって人が言ってたけど


 香港の時の方が、断然玉ちゃんはよく声が出てたらしい


   今日はものすごく苦しそうだったって



 そうなの~~



 『Free』で「カミスン」に出た時のことを考えれば


   全然歌えてたけどね~


アルバムタイトル 『START』の意味を話し始めた玉木くん


 震災で日本全体が元気がなくなってることから


 震災の翌日に放送される予定だった『砂の器』が延期になったことに触れて


  ・・・私の知らない間に放送されたんやろかって思うくらい


        誰もそのことに触れなかったもんね~~


 前日まで番宣のためにあちこちの番組に出たりしてたし


  「砂の器」って、犯人の背景に東北が出てくるしね


それもあって延期はしかたない、と思いつつ、玉木くんは随分心を痛めてた感じだった



 それが今秋、放送枠が取れたことの報告もあり


まあ、そんなこんなで、結局「START」の意味を話し始めたはずだったのが


 ちゃんと答えに着地できなかったトコなんかも、


   玉ちゃん かわいいわぁ



 グッズに対する思い入れも、僕はなみなみならないものがあり


 絶対「玉木宏」の名前がどこにも入ってません


  いつも言ってるように、今後もみなさんが使いやすいように


 わざと、TAMAKI とか入れてないわけで


  「わかる人だけわかればいいんです。あ、玉木くんのファンなのねって」


    そうそう


 でもさ~~、よく玉木くんグッズのTシャツとか、パーカーとか着てるけど


まだ誰にも声をかけられたこもないし、誰か着てる人に会ったこともない


 
 でも、ライブ会場では、携帯の待ちうけ画面が、あっちもこっちもみんな玉木くんでさ


   「あ、これはRA★MGの時ですね~~」なんて、知らない人に声をかけて

 
  それからすぐにお友達になったりする


      玉友の輪
玉木宏ライブ!!玉ちゃんかっこいいいい~~
昨日まですんごく涼しかったのが、また真夏の日差しが戻ってきた今日


 やっぱり夏のイメージの玉木くんが福岡に


   キターーーーーー


Photo0600_convert_20110724000001.jpg


 国内ライブ1発目だからってことだったけど


ゲネプロが長引いて、開場が30分くらい遅れて


 紫外線を浴びながらひたすら待たされてる行列です



ま、でも、そこんとこは、いい人ばっかの玉ファンのみなさん


 香港ライブの時の情報とか、いろいろ楽しくお話しつつ。。。


前回とほぼ同じ位置。ちょいと右寄りの、ステージから1メートルくらいの場所でスタンバイ



 R・B・Gツアーにちなんで


まずは真っ赤なウエスタン風、皮のフリンジ付きのベストと真っ赤なパンツで


 玉ちゃん登場~~~~



   きゃ~~~~~~~~~かっこいいいい~~~~~


の黄色い声に惑わされることなく、キリッとロックに決める玉ちゃん



  赤のイメージの疾走感あふれるロックな曲からスタート


歌の途中で、「マイクの音量上げて」みたいな合図をスタッフに送る玉ちゃん


 
  ステージ慣れしてきたなぁ。。。


ギターのみの伴奏から始まる曲なんかは、音が取りきれないのか


 途中までピッチがずっと下がったままで(ほぼ半音近く^^;)


   伴奏と合わないとこもあったりしたけど


でもさ~~~前回のライブよりも、全然グレードアップしてましたよ~~~



 前回のライブの時は、「みんなでマフラータオル回すよ」と言ってた割りに


開演前のグッズ売り場は、すぐに売り切れて閉めちゃうし


 タオルをGETできないままの人がたくさんいて


   ・・・私もその1人。。。


 でも、今回はほぼ全員がマフラータオルを持ってて


ニッコニコしてタオルを回してみせる玉ちゃんに合わせて


 全員でぶるんぶるん回したきた


 
   楽しかった~~~~~


ただ、みんなでタオルを振り回してたら、大量のホコリが舞い上がって


 そりゃーーーすごい状況でした


右隣りのおねーさんが咳込んでてかわいそうだったし



 お着替えタイムで後ろに下がった玉ちゃんが、カーテンの向こうに消えたと思ったら


  そのカーテンごと、ステージ下手に移動していった


ちょっと高校の学園祭のような。。。



 次に出てきたのは、Green玉ちゃん


  グリーンの袖を取られたパーカー と、チャコールグレイの七分丈パンツ 


     白のハイカットスニーカー



     かわいい~~~



 Greenのステージではうってかわって、しっとりした曲構成


アコギとパーカッション、ベースで生っぽいシックな演奏スタイルです。


 アカペラの歌いだしもあったりして


  玉ちゃん 集中してます~~



今日1番テンションあがったのは


 曲の終わりがけの間で、玉ちゃんが


   「山笠があるけん 博多たい


 って叫んだ時かな~~



 「ロッカーズ」の時のレスポールで、またここ博多で演奏できるのを嬉しく思う


    
    とか


 屋台の存続が問題視されてることに触れて、「屋台がなくなったら嫌だよね~」みたいな話とか


   「今日も(屋台に)行くの」って誰かの問いかけに


 ニヤッ としつつ、「行きます」とも言えず


  
  「またいつ行けるかな~」なんて

 
    ・・・こりゃ絶対今晩屋台に行ってるな って感じだったよ


 でも、昨日の『Naked』でも言ってたように


  今、禁酒してるらしいからね~


 屋台で食べて、ビールが飲めないなんてのは、私的にはありえない


あと、ツアーに向けて体力作りのために毎日10km走ってるって話


 ストイックだよね。。。ほんとに



 私なんて、生の玉ちゃんに会うまでもうちょい痩せなきゃ なんて思ってたけど


  減るどころか増える一方だってのにな




昨日も東京で走ってたら、『全開ガール』のロケをしてる所に遭遇した話をしてました。


 東京ってすごいな。。。普通に汗どろどろになって走ってる玉ちゃんがそこにいたりするわけだ



 『全開ガール』のスタッフは、『のだめ』と一緒なんだって


玉ちゃんに聞くまで知らんかった じゃあ、見てみるか。。。



 玉ちゃんはその後、ブルー玉ちゃん ピンク玉ちゃんとお色直し



やっぱ色白やけんさ、ピンク似合うわ~~


 そのシャツを最後に脱いで(下に黒のスタッフTシャツ着てたけど)


で、それを丸めて・・・投げた


 投げたら、それが2階席まで飛んでった~~~~~



  すご~~い




アンコール最後の曲は『絆』


 ライブ企画 『絆』の時にみんなで手をつなごう ってのは


  ぜ~~んぜん行き渡ってなかったのか、全くできてなかったけど


 最後にアカペラでしっとり歌った時には、子宮がうずいたーーー



  玉ちゃん ほんとにかっこよくて可愛くて素敵だったよ~


何度も何度も「ありがとう」って言ってた。


 いやいや、こちらこそほんとにありがとう


明日、腰がどうなってるか、若干不安はあるけど


 やっぱりライブは楽しい 玉木宏 最高だーーーーー
『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』
鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星


  いや~~~よくできてました


やっぱり日本のアニメってすごいです


 手を抜いてないなぁ。。。って感じ^^ 


エンディングの汽車がず~~っと走っていって、だんだん夕暮れから夜になっていくトコとか



 脚本が『アマルフィ』『ホワイトアウト』の真保裕一ってことで


とても壮大なストーリーになってました


 前半ちょっとわかりづらいくらい、ちょいと深い話でしたね



タイミング的なものもあってか、


 マスタング大佐があまりにも活躍しなさすぎ


  なトコが多少残念ではあったけど。。。



 原作が、驚きの展開と怒涛の終末を迎えて終了したあとの


  途中、こんなこともありました的な話でよかったけど


 元を知らない人が見ても、


  「なんでこの人たち、手を合わせてなんか触ったら、ないものが出現するんや

 
  とか


 「なんで、でっかい鎧がかわいい声の男の子で、ふんどしと頭にもリボンをひらひらさせてんだ


 って、頭ん中  だと思うので


基本設定には目をつぶって見るしかないよね



 それにしても、福岡市内では、ユナイテッドシネマ キャナル13のみの上映


で、わざわざレディースデイに街まで出たんだけど(田舎の人特有の言い方だよね^^;)



 それにしても、結構私くらいの年頃の(たぶん)


  おばちゃんたちもたくさん見にきててびっくりでした



 音楽監督は、あの 岩代太郎 だし


 ラルクのエンディングの曲も、ハガレンのための曲って感じで


   よかったですわ~~~
土用の丑の日
次男もいないし、おにーちゃんと2人で、うなぎ 食べに行ったのだ



 篠栗町のはずれ、というか、粕屋町になるっちゃけど


  【柳川屋】の工場がもともとあったところに、


何年か前にお食事処 【山椒の木】ができて、今日はそこで食べるのはお初でした


山椒の木


 店構えもおしゃれでいい感じ



 めったに鰻なんて食べにこないから


   後悔しないものを頼まなきゃね


 
 うなぎのせいろむし 【山椒】2000円 


Photo0599.jpg


 
 いや~~~ん 美味かった~~~~


おにーちゃんは、すのこに残ったご飯粒も、1粒残さずこさいで食べちゃってました


 肝吸いも美味かったし


  ご自由にどうぞって取り放題の【自家製のお漬物】も


 もんのすごく美味しかった~~~~



 誰かがネット上で、


  「土用の丑の日なんて、平賀源内が(だったかな?)うなぎ屋の売り上げを上げるために始めたもの


 そんなのに乗らされるなんてアホだ!」


  なんて言ってた人がいたけど


 いいじゃないね~


  あおられて、調子に乗らされたって、


 そんなでもなけりゃ、なかなか息子と鰻なんて食べれないわよ
『アイ・アム・ナンバー4』
『アイ・アム・ナンバー4』


  好きだ この映画好き


 なんたって主人公の男の子がイケメンだし


 製作は、あの『トランスフォーマー』のマイケル・ベイだから


  映像はスピード感あふれる迫力のCG、特撮満載だし



で、ストーリーも単純明快で、な~~んも難しくないし



 ディズニー映画だそうで。。。そりゃ、家族で楽しめるし


  エグくないし、残酷すぎることもないし


 いかにも続編がありますよ~~って終わり方だったけど


  あるのかな~



そういうのって、1作目が当たらなきゃ、続編を作る予定が変わったりすることもあるんだろうね


 
 今回は、ナンバー1~3までが殺されて


  次は4番のオレの番か~って話だけど


 ナンバー6のかっこいいおねーさん系の女が出てきただけで


  この後、5番とか7番とか、またまたかっこいいキャラが出てきそうじゃないですか



 『X-MEN』みたいなシリーズになりそうな、ちょっと期待できるニオイがしました
海きらら
で、佐世保でちょびっと仕事したら


   もうあとは遊ぶのみ


もう夕方近かったので、佐世保と言えばここしかないでしょ


 って「パールシーリゾート」へ。。。



で、昔、住んでた頃は、まだものすごくしゃばかった水族館が


   【海きらら】 なんてかわいい名前に変わってから


まだ来たことなかったので、


 とにかく涼みに、癒されにきました~


                    Photo0571_convert_20110719004317.jpg



 いわしの群れ きれ~~い

Photo0570.jpg


     きらきら光ってる~~~

                Photo0572.jpg


 このでっか~~~い魚は、息子たちが4~5歳の時からいたぞ

Photo0565.jpg


 フグかな ハリセンボンかな

  正面から見る顔のかわいいこと

         Photo0569.jpg


 伊勢えびなのか 旨そうだ。。。

Photo0568.jpg


 イルカさんもかわいい よく見えんけど^^;

        Photo0576.jpg



 くらげばっかりのお部屋もあってさ

暗くてよくわからんなぁ。。。電流が走ってるみたいに光が流れてて

 ものすご~~~~くキレイだったんだけど

 Photo0578_convert_20110719004356.jpg


 あ~~~~クラゲの美しさは、写真には全く映りません

  
    実物を見に行ってくれ~~


↓世界でここしかいないってクラゲ

Photo0580.jpg


くそ~~写真で見ると地味だけど


 こんなちっちゃいクラゲどうやって取ってきて、どうやって管理してんの


  みたいな粒みたいなちびクラゲとかもいて、なかなかでしたぞ


 
さて、佐世保といえば、もう1つ


 ハンバーガーを食べなきゃですぅ~~


いつもは、日本で最初にハンバーガーを出したっていう


 【バーガーヒカリ】が私のお気に入りだったんだけど


今回は、友達にオススメされた【伽耶】って店に行ってみました

Photo0584_convert_20110719143822.jpg

 
 佐世保高専の近くにある、ちっちゃなお店。一見たこ焼きやさんみたい


Photo0585.jpg

 お値段は、だいたい他の佐世保バーガーと同じくらいね


ここの特徴は、バンズがパリッとこんがり焼けてるトコ Photo0586_convert_20110719143852.jpg



 めちゃめちゃ美味かった~~~~~


    佐世保サイコ~~~



もう1つ、佐世保を代表する絶景ポイント


 【展海峰】で夕日を見て帰りました


Photo0582.jpg


 

ご先祖さま 見っけ
仕事がてら、久しぶり~~~に佐世保に行ってきた


最初に、松浦の方に寄ったんだけど、あまりこっち方面は知らなくて。。。



 海の武士団、松浦党と言われる水軍がこの地を治めてたそうで


  その象徴らしい、ちょっと怖い顔したでっかい兜がどーーんと鎮座してました。


Photo0563_convert_20110716172918.jpg


 で、隣にその説明書があったんだけど、それを見てびっくりした


Photo0564.jpg


 松浦水軍の発祥は、「嵯峨天皇の子孫、渡辺久がこの地を治めるようになって、松浦党を名乗った。」


  ・・・みたいなこと書いてありまして。。。




 私の母の旧姓は「渡邊」っていうんだけど


  羅生門の鬼を退治した『渡辺 綱』の子孫なのよ



その、「渡辺 綱」も嵯峨天皇の第七皇子の系列だって聞いてたからさ



 ということは。。。親戚ですか?



 渡辺綱と、鬼って、今年の博多山笠の8番山 川端流の飾り山が


  その人形でしたね。。。ってどのくらいの人が知ってるんかしらんけど



おふくろさんの実家には、今でも古~~い家系図があって


 なので、ここにきて続けざまにご先祖さまの名前を耳にして


  こりゃ、なんか、ちゃんと供養せ~~とか、そんなことでしょか



 で、うちの旦那の方も、瀬戸内海で活躍してた●●水軍の家系だそうで


 この●●の部分は、まんま、私の今の苗字ってわけだけどさ


ってことは、結局、どっちをたどっても私は「水軍」の子孫だったってことなんやろか



 だけんこげんあるったい と妙に納得したのでした
東野圭吾 『麒麟の翼』
東野圭吾 『麒麟の翼』


  やっぱり東野圭吾 好きだ~~~ おもしろ~い


 加賀恭一郎は、東野作品のあちこちに出てくるけど


  阿部 寛が、連続ドラマ『新参者』で加賀恭一郎をやってから


 もう完全に 加賀=阿部ちゃんですよ



 もともと、そういう設定だったっけってくらい


  今回の加賀恭一郎は、長身で、眼光鋭くて、冷静で観察眼があって


 で、いとこの松宮との関係とか、亡き父親との関係とか


 
  ドラマになる前にはこんな細かい設定じゃなかったと思うんだけど


読んでたら、加賀恭一郎は、阿部ちゃんの顔が浮かぶし


 松宮のところは、溝端順平の顔が浮かんでくるんだよね



松宮の時の溝端順平は、ちょっと大人っぽくて、いまいち可愛くない


 工藤新一の時はかわいいんだけどなぁ~



 『麒麟の翼』は映画化されるんだよね


東京の日本橋あたりが舞台になってるけど


 全然地理関係とかわかんないし、


映像で見るとも~~っとわかりやすいんだろな~


 楽しみだ~~
 
『127時間』
『127時間』



 アカデミー賞の時に何度もノミネートで出てきたからさ


  なんだか面白そうと思って観に行ったら。。。



    おもしろかった~~~



 ↑ この写真は、ちょうど今からこの渓谷のすきまに降りようとして


 向こうに見えてる岩と一緒に滑り落ちちゃって


  その岩に手が挟まれて、身動きが取れなくなっちゃう。。。って話なわけだ



 右腕が岩に挟まれて動けないまま5日間


  動けなくなるまでのテンポ感あふれる映像と音楽



それに相対するように


 
 動けなくて、死を覚悟しつつ、でも


  冷静に、智恵と動かせる部分だけ駆使して


   決してあきらめない。。。


う~~~~~でも、見てるこっちが痛かったり、怖かったり


 ほんとに背中がぞわ~~ としたり


   ぎゃーーーって叫びそうになったり



 すごい迫りくる感じの映画でした


 
 知らんかったけど、なんと実話だそうで


  こういう人がいるんだ。。。と感動しました



 最近見た中では1番面白かったよ



 主演のジェームズ・フランコ ってどこかで見た顔よね~~


と思ったら、『スパイダーマン』の、


  顔に大ケガしながらも、空飛ぶスケボーみたいなのに乗って、親友を助けにきて


で、代わりに死んじゃう男の子やってた


 あの俳優さんだったんだ。。。


   すごいかっこよかったわ


  
座談会なるものに参加してみた
どうしてもPCに向かってることが多いからさ


 自然と、「アンケートに答えてポイントGET」とか


   「クリックするだけでポイントGET」みたいなサイトに


 いつのまにかいっぱい登録しちゃってて


  まあ、気が付くとそこそこの金額がキャッシュバックされたりしてる



 その中に、「座談会に参加できますか?」みたいなのが時々あってさ



時間帯が合わなかったり、そんな議題じゃ何もしゃべりきらん 


 みたいなのがほとんどだったんだけど


  たまたま、「これなら私も語れるぞ」って調査があったので


参加してみた



 だいたい家の近隣の方たち7人(うち男性2人)で


  全く初対面なんだけど


 共通の話題だからなのか


  しゃべりだすと、すぐにもう止まらないくらいの勢いになって



 1時間半、しゃべりとおし


司会の人も、「まあまあ。。。。」みたいな制止場面が何度も。。。



 でも、好きなこと勝手にしゃべって謝礼に7000円もらってきた


   いいバイトだわ~~~ ま~そんなに機会はないけどね



 隣の席だった人がバスで来たと言うので


  じゃ~~私の車に乗って帰る 帰り道だし


 で、お友達までGET 歳もいっしょだったし^^


  
  彼女も 「いや~~~楽しかったね~~~」って言ってた。



 また、なんか楽しいバイトないかな~~
息子が20歳
今日は長男の20歳の誕生日でした


  やっぱりそれなりの感慨がありますねぇ。。。



 
   乳幼児突然死症候群ってのがだいたい1歳のお誕生までの間に起こりやすいってのを


 なんだかやたらと周りから聞かされてたこともあって



  この子が1歳のお誕生日には、

 
   「あ~~何事もなく無事に育ってくれてるよ~~」って


 ものすご~~~くほっとしたような。。。


  それ以来のしみじみ~~~な感慨ぶりです



 それに、今年は初めて、おにーちゃんと2人きりのお誕生日



 なんか食べに連れてっちゃろか 寿司でも というのに



   「おかあさんの手料理がいいなぁ


    
    と、嬉しいような悲しいような言葉。。。


 じゃあ、何が食べたい と聞いたら


  
   「う~~ん。。。エビフライ。。。とハンバーグ



 
    20歳になっても食の好みはまだまだお子ちゃまです


Photo0562_convert_20110710000031.jpg

 ちっちゃいレアチーズケーキに2本ろうそく立てて Happy Birthday です
 
    
  「オレ、ハタチになってまでこんなんするとは思わんかった」らしいけど


    まんざらでもなさそう



 下の子がいないので、大量に作ると余っちゃうんだけどね~


  まあ、冷凍してまた長崎まで持って行っちゃるたい




 ついでに今日は篠栗町の夏祭り


  夜8時からは、にーちゃんの20歳を祝うかのように(んなわけない


   花火があがったのでした



 バルコニーに2人で座って、ビール飲みながら 「た~まや~~


 
  な~~んか涼しいし、幸せだなぁ~


 にーちゃんが卒業して家から出てったら寂しくてたまらんやろな
 
乾 緑郎 『完全なる首長竜の日』
乾 緑郎 『完全なる首長竜の日』


 
  最近ほんとにどんどん本が読めてます 読書の夏です


『このミステリーがすごい!』大賞第9回(2011年)大賞受賞作。


 と、書いてあったので思わず手にとってみた。



『チーム・バチスタの栄光』(海堂尊著)以来の選考委員即決、第9回『このミス』大賞受賞、乾緑郎(いぬい・ろくろう)のデビュー作! 著者は、朝日時代小説大賞でも『忍び外伝』で大賞を受賞。新人賞2冠を果たすという大型新人の登場です。


  だそうで。。。


内容(「BOOK」データベースより)
植物状態になった患者と、コミュニケートするための医療器具「SCインターフェース」が開発された日本。少女漫画家の淳美は、自殺未遂を起こして数年間意識不明に陥っている弟の浩市と対話を続けている。「なぜ自殺を図ったのか」という淳美の問いかけに、浩市は答えることなく月日は過ぎていた。そんなある日、謎の女性からかかってきた電話によって、淳美の周囲で不可思議な出来事が起こりはじめる…




 自殺未遂で植物状態になった弟と、なんとかいう最新の医療器械を通して


  コミュニケーションが図れるとかで

 
    ・・・こういうのって実際にあるんですか 

 
   ないよね。。。あったら使いたいよね~


ま、それをやってるうちに主人公の売れっ子漫画家の女性が


 だんだん夢と現実の境がわからなくなって。。。



  なんか、「インセプション」みたいな感じです。


でもさ~~それを文章で表現するんだから


 この人上手いよね~~~


最後の方は、だんだんもしかしてこういうオチなのかってわかってくるけど


 それはそれでいいんじゃないでしょか


  とても楽しめましたよ



「チームバチスタの栄光」以来の審査員全員一致のこのミス大賞 なんて


  そりゃ~~読んでみらなね
今日も息子LOVE(#^.^#)
長崎から、「もうそろそろ米がない~~~」と電話があったので


 ・・・うちは水虫くんの実家から米を送ってもらってるので


 
 それを精米したものと、ついでに、いろいろ作り置きしてたおかずとか


  冷凍食品とか、いろいろ食材も入れてクール宅急便で送ってみた



 ちょっと最近、週末に行事が入ってて、なかなか長崎まで行けないしさ



 そしたら、「おかあさん 今着いたよ」って


  そりゃ~~~ハイテンションな声で電話がかかってきた



 「もう米も全くなくて この高菜チャーハン どうして食べると


   
    って。。。そんなに喜んでくれるんや


 
 そういえば、貧乏学生だった頃、実家から大きな段ボール箱が送られてきて


  中から野菜とかハムとか、いろいろいろいろ出てくるのが


 ほんとに宝箱を開けてるような。。。超~~嬉しかったよな~~



 のだめちゃんも実家からいろいろ送ってもらってるみたいだったよね



 1人暮らしの学生には、なんとも幸せなひとときなんだなぁ



 今日は授業はなかったけど、夏のキャンプの打ち合わせと


  キャンパスが七夕のライトアップしてるから。。。と出かけてたにーちゃんが



結構夜遅く帰ってきて、もう夜の12時近くになってから



 「早く晩飯喰ったけん、微妙に腹へったな~~」と言うので


 
   「じゃ、冷やしうどんでも作っちゃろか


   
     と誘ってみたら


  「また。。。こんな時間にそんな悪魔のささやきする



 と言いながら、にこにこして「うめぇ~~」って完食しやがった




  思い起こせば、旦那が飲んで夜遅く帰ってきてさ


    
    もう夕飯の後片付けもすっかり終わってたりすると



  今頃帰ってきて何か喰うもんないんか

 
    とか・・・



     ざけんじゃねーーーーー



 って思ってた



息子には、何をしてあげるのも、なーーーんも苦にならんのにね
 


 
  
 

   
『SUPER 8 スーパーエイト』
『super8』



 「M:i:III」「スター・トレック」のJ・J・エイブラムス監督が、スティーブン・スピルバーグをプロデューサーに迎え、「未知との遭遇」などスピルバーグ初期監督作にオマージュをささげて製作するSF大作。


 なんて触れ込みだし、予告でも 「早くもこの夏最高傑作との呼び声」とか言うし


 もう面白くて当たり前、的な感覚で見てるからさ


  
   ま、普通に面白かったかな


 映画製作にはまってる子供たち(中学生くらい


  カメラを回してると、列車がやってきて


   なんだか、こんな激しい事故が起こるものなのか ってくらい


 めちゃめちゃ激しくクラッシュして飛んでく車両



  列車に積まれてた謎の物体。。。


 
 21世紀版『E.T.』って。。。確かにそんな感じです。


  列車の事故のシーンとか、最後の戦闘シーンとか


   特撮やCGはお手の物なんじゃろね それはすごいです。


 けど、な~~んか設定が、か、ストーリーがテキトーなんだよね~



 子供たちがそれぞれ、映画の 「監督」「音響」「メイク」など


  自分の得意分野を活かして映画作りに励んでるんだけど


 そこんとこがすげーな~~と思った。


  ま、近頃のお子様たちって、まじですごい子がいっぱいいるもんね



 うちのおぼっちゃまは2人とも、ほーんとなんも取り得がないよな。。。


  これって、やっぱり親の責任だろか。。。
  


   
有川 浩 『ストーリー・セラー』
有川 浩 『ストーリー・セラー』


 
 有川 浩 3連発


  『キケン』 『フリーター家を買う』ときて


 続けて読んだ、この 『ストーリー・セラー』は、今までのイメージと全然違って


  いい意味で裏切られまくりの、なんだかたまらん作品だった



 とにかく、読む手が止まらない。睡眠時間をガリガリ削って


  あっという間に読み終わっちゃった



同名の雑誌に掲載された小説が、Side A


それに対を成すSide Bをあわせて、完全版として出版された。らしい。



 Side A を読み終わった時は、激しく号泣したところで


  すごい全身衝撃~~~ってトコだったんだけど



 続けて Side B に突入して、


  え なになに ウソやったん



 ・・・って、最初から、物語だってのにさ



 そのくらい感情移入いちゃうようなお話でした



  で、最後まで読み終わって、また


    
    あれ ほんとのお話だったん 作り話じゃなくて


  
 みたいな。。。どんだけ裏切ってくれるんやろ



  ほんと、面白かったわ
マルモ 終わりましたね 
・・・なんて言ってますが、裏の 『JIN-仁-』を見てたので


 予告を見ては、かわいい~~~ と思ってたものの


『マルモのおきて』『マルモのおきて』
は最終回の今日、前半を見れただけでした



  『JIN-仁-』は面白かったもんね~ tod121650000200.jpg



 今期のドラマで視聴率トップだったしね


最終回もよかった。また続きがありそうな終わり方ではあったけど。。。


 だいたい、私の好きな要素が全部入ってんだもん


  医療系 で タイムスリップして 坂本龍馬 が出てくる


そりゃたまらんですわぁ



 今期のドラマは、『JIN-仁-』と同じく


  続編というか第2部みたいなのが他にもありました。



 『BOSS』  『BOSS
と  『ハガネの女』  haganeno.jpg



 続編ができるってのは、人気ドラマだった証拠みたいなもんで


  どれも期待を裏切らず面白かった



「ハガネの女」は、前作が深夜枠だったのが、今回はゴールデン


  吉瀬美智子もブレイクしたしね^^


 『BOSS』の前作にも出てたので、今回の1話目に出てきて


   「私はこれからハガネの女になるわ」と言って去っていったあたり


 他局なのに、しゃれとんしゃあ~ でした



あと、今期のドラマで1番はまったのが


  『名前をなくした女神』『名前をなくした女神』


 ずっと仕事をしてたので、子供を幼稚園に通わせたこともないし


  お受験なんてものも、しようと思ったこともないので


 まさに”野次馬”的視線で、怖ぇ~~~~と思いながら


  毎週ぞくぞくしながら見てました


崩壊しかけた家族が、また再生していったトコとか


 結構涙なしでは見れんかったかな~~


   久々のヒットでしたね


さて、夏ドラマはどんなんがあるんかな~
『アンダルシア~女神の報復』
『アンダルシア~女神の報復』



 「黒田康作」シリーズは、もう面白くてあたりまえになってるかも


 前作の『アマルフィ』もイタリアに旅行したみたいでおもろかったし


 TVドラマの『外交官 黒田康作』も、TVドラマの枠を超えた感じだった



 なので、今作も、普通に面白かったよ


だまされやすい私は、黒幕の正体にびっくりしたし


 イケメン好きやけん、伊藤英明 やっぱかっこえ~~~ し


サービスのように出てくる 福山雅治にも満足



 スペイン アンダルシア っていうけど、


  フラメンコのシーンとかはあるものの


どっちかっていうと、国境の町の雪景色とか切り立った山とかの風景が


 とにかくものすごくキレイで


  これまた旅行してきた気分



でも、エンドロールで、国内のスキー場の名前がいっぱい出てきたから


 スキー場の撮影は国内だったのか



とは思えないくらい、全編海外ロケっぽい、贅沢なつくりでした



 「踊る大捜査線」の青島とは、全く違ったキャラで


   黒田康作もすっかり自分の代表的キャラにしちゃったね~


 
 原作の真保裕一が脚本の 『鋼の錬金術師』を


  先着で11.5巻をくれるっていうんで、おにーちゃんは朝一から見に出かけたら


 なんと、福岡市内ではキャナルのユナイテッドシネマ1箇所のみってこともあってか


すっごい大行列だったらしい


 
  朝1発目を見る予定だったのが、満席で入れず、2回目の上映を見たって


う~~~ん。。。見た~~~い


 けど、おばちゃん1人でキャナルまで出かけて、アニメの映画観るってどうよ
有川 浩 『フリーター家を買う』
有川 浩 『フリーター家を買う』


  映画『阪急電車』を見てから、有川浩にはまってます



 『フリーター家を買う』はドラマを見てたから


  
  ストーリーはわかってたつもりだったけど



 やっぱドラマ化される時は、キャラクターが増えたり、性別が代わってたり


キャラクターの背景が変わってたりするもので。。。



 正直、ドラマの方が5割り増しで面白かったですね



二宮和也がすごく合ってたし、胸にせまるセリフがたくさんあったもんね



 というか、誰かが言葉にして発してるせいだけだとは思えないくらい


  
  原作の方が、せっかくのいい言葉が埋もれてる感がありあり。。。



 主人公がアルバイトで苦労するトコとか、就職活動がうまくいかないあたりは


 
  ドラマはリアルだったもんな~~



井川 遥 が演じたおねーちゃん とかも、


 ドラマの中では、大病院の院長に嫁いだことで、姑にいびられたり


   なんてことがあったけど、そんなゴタゴタは一切なし



 そんなこんなを考えると、ドラマを作る人ってすごいよね~



ま、原作の方がおもしろいこともありますが


 
 つまり、ドラマや映画を観たら、原作も読んでおくってのもイイ


   ってことね



今度ドラマ化 映画化されるらしい


   東野圭吾の『麒麟の翼』


図書館に予約してたのがやっと来た



   間に合ったぞ~~
『スカイライン~征服』
『スカイライン~征服』


  3月の大震災でしばらく上映が延期になってた映画


 私の好きな”地球滅亡系”なんだけど。。。



  ま~~なんともB級でした


 
 映像はすごいのよ VFXっていうんですか・


  CGというか、宇宙人とか宇宙船とかもすごいよくできてるけど


 あの、機械っぽい生命体を宇宙人にしちゃう設定は


  どうもしっくりこないけど、まあ、タコみたいな宇宙人よりはましかな


くらげそっくりの宇宙人(なのかな?)が飛んできて


 人間を襲うというか、喰らっていくんだよ



どうもあちらさんは、人間の「脳」そのものがご所望だったようで


 頭だけもぎって持っていっちゃうあたりとか


  結構グロい


何よりも、最後、そういう終わり方


 誰も救われないし、すっきりもしないし、いったいどーしたいんよ


   って感じです。。。


 映像がこれだけすごいのに、脚本がこれってあまりにももったいないんじゃね



もうすぐ『鋼の錬金術師』full-metal-alchemist-087_1024-768-s.jpg
の映画があるみたいで


  ・・・でも私がいつも行く映画館では上映しないみたいだ


音楽は L'Arc~en~Ciel だし、脚本は、あの


 『アマルフィ』とか『アンダルシア』ちょいと前の『ホワイトアウト』の原作者


   真保裕一 ですってよ


     期待しちゃうなぁ~~~





   
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。