*All archives* |  *Admin*

2011/09
≪08  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   10≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
湊かなえ 『夜行観覧車』
湊かなえ 『夜行観覧車』



 湊かなえ は 『告白』『少女』以来の3作目


  共通して言えるのは、


     ・登場人物が不気味

 
     ・あっという間に読破できるくらい面白い


     ・けど、すっきりしない読後感


    ですね



 母親に対して、キレる。暴れる。大声で叫ぶ女子中学生。


  冒頭からすげー描写で引き込まれます。


 そして、周囲からは、理想の一家のように思われてる


  医者の父親に美人の母親。私立のお嬢様学校に通う姉と、


イケメンで部活のバスケでも活躍する男子中学生


 
 その一家で家庭内殺人事件が起きるわけ


 特別、誰が悪いわけではなかったり、


  本当は普通の感情だったりするんだろうけど


 ちょっとしたすれ違いとか、ちょっと見栄張っただけだったりだとか


  そんな少しのほころびが、こんな大事件に発展するってこと。。。


   ありそうやな~~~


 
 うちは、父親がほとんど不在のまま、男の子2人だけど


  2人とも、反抗期らしきものも全くなく


 ・・・にーちゃんは、大学受験前は、相当ピリピリ、トゲトゲしてたけどね


  親子なのに、お互いの考えてることがこんなにわかんないって


   わからなくても、そんな暴力に発展するくらい怒りを感じる、なんてこと


    どうしたらそんなんなるっちゃろか


 10/1にB'zのライブがあるんで


  そのために、ちょいと早めに今日、次男が帰って来た
 

 ついでにランチ喰うぞー ってエサをちらつかせたら

 
  お迎えにおにーちゃんも着いてきた


 博多駅を歩きながら、


   「この辺って、何気に知ってるヤツと会いそうでやだな~」


    「どうするおまえ、彼女と歩きよったって言われるかもよ


  
   「んあ~~~おかーさん、自分がどんだけおばさんかわかっとらんのかい


   
     あだだだ。。。やっぱそう
   
スポンサーサイト
『ライフ いのちをつなぐ物語』
『ライフ いのちをつなぐ物語』1


 素晴らしい~~~~~


 どうやって撮影したっちゃろ のオンパレードです


 人間だけが知恵を持ってるわけじゃなくて


  動物やちっちゃい虫とかも、生きていくための知恵も、愛情も


   もしかして人間以上に持ってるんじゃ。。。ってことをつくづく感じさせてくれます


でも、とにかく撮影した人たちもスゴイ


 松本幸四郎と松たか子の親子ナレーションも、ほのぼのしてていい


『ライフ いのちをつなぐ物語』2


赤いちっちゃいカエルくんが、背中におたまじゃくしを乗っけて


ぴょこぴょこ木を登っていって


  葉っぱの真ん中の水たまりに置いてくる。


7匹子供がいるので、7回、木に登る。


  ご飯をあげるために、さらに毎日7匹分木を登る。。。


 ぴょこぴょこ登る姿は、なんだか本物じゃないみたい。


  造り物をアニメーションで撮ってるみたいだ



 なんとかクワガタが、メスをGETするために、木を登って登って


  ライバルのオスのクワガタと対決する。


 負けたオスは、はら~~~~~と木から落ちていくんだけど


  なんだか笑っちゃうのよ



 動物たちの一生懸命な姿が微笑ましくて


  あちこちで、くすくす笑う声が。。。 癒されたわ~~~



 新聞にデカデカと「自殺予防週間」って書いてたけど


  今日も、うちの在宅の仕事をしたいけど、


 運営資金がない。パソコンは調子悪い。支払いに追われて苦しい。


  っていうメンバーさん(というか、登録前のゲストさん)からメールが来てて


   「苦しい・・・。死を考えてしまうくらい。生きた心地がしない(T_T)」


      って。。。


 実際に会ったことがあるわけじゃないし、近くに住んでるわけでもなく


  こんなメールもらって、私はいったいどうすりゃいいの



 こんな映画みて、とにかく落ち着け~~~って思うけど


   きっと、映画を見る金もないって言われそうやな


 支払いができなきゃ、そんなに慌ててしなきゃいいんじゃね


  それで命を取られることもないよね


 なんとかなるって なんとかなる
山崎豊子 『運命の人』
51VqIzeOtTL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_


  山崎豊子らしい、大作ですね~~


 いったいこの人は、どんだけ取材して、下調べして、どんだけの労力をかけて


  作品を仕上げていくんだろね~~~



 全4巻だけど、あっという間に読了できます


途中、体調を崩して、発行に間が空いたらしいけど


 全部揃ってから読み始めてよかったよ これじゃ先が気になってしゃーねーや



まあ、正直言うと、1巻目の前半はなかなか進まんかったんよ


 1巻の終わりくらいから、大きな事件に発展してから急に面白くなってきた



 日航機墜落事故を含め、日本航空社内の腐敗を描いた『沈まぬ太陽』と同じく


  この『運命の人』も実際の事件をモデルとしてる。


【西山事件】っていうらしいけど


 1971年の事件で、当時まだ小学生だった私は、全く知らなくて 


  へ~~こんな事件があったのか。。。って感じだった


 政府の不正を暴こうとした事件だったのに、暴露した新聞記者の男女関係のみに焦点が当てられて


  本質はどこかに埋もれちゃったみたいな結果だったみたいで


 小学生には、男女の話も、政治の話も全く興味なかったんだろな~~


事実ほど面白いものもないわけで


 登場人物も、実在の政治家の名前をほんの少しいじったような名前になってるし


  あ~~~あの人のことか~~なんてわかって面白い



 沖縄返還協定に関しての政府の密約に絡んで、結局有罪となってしまった新聞記者が


  生きる気力を失った状態で、流れ流れてたどりついたのが、沖縄だった。



で、後半は、主人公が沖縄で触れた、沖縄の歴史・・・


 唯一、地上戦に巻き込まれ、日本政府に見捨てられ


戦後は、米軍基地に埋め尽くされ、軍人が起こす数々の事件にも泣き寝入りさせられ続けてきた


 作品の中では、主人公の弓成亮太が聞いてまわった、現地の人の生の声が


  こんな現実があったのかと本当にびっくりさせられる話のオンパレードで



 同じ日本人なのに、対岸の火事みたいに、全く知らない


  興味もない、って思ってきた人がたくさんいるんじゃないやろか。。。


山崎豊子は、とにかく、この沖縄のことを伝えたかったんだろうね


 辺野古 とか 普天間基地 って出てきます。


そういえば、沖縄の基地を県外に移転するとかしないとか


 それで首相がころころ替わったんだよね


もう何十年も沖縄の人は苦しんできたのに


 早くなんとかしちゃらんと、


そうこうしてる間に、今度は東北が大変なことになって


 こっちも、復興するのにきっと何年もかかるだろうに


  ぐずぐずしとったらいかんってことやね


 政府を、東京と大阪と2つ作っちゃうってのって駄目かな~


誰がなっても一緒、みたいな状態がずっと続いててさ~


 いつか、頼りになる日本政府 なんて時代がくることがあるんやろか


 
「いっ得家」
住吉の 「いっ得家」 


 ぐるなびで見ると

 
   呼子活イカ五島ゴンサバ石モツ鍋 いっ得家


 って名前になってるだけのことはあって、

  
  イカが新鮮でしたぁ


 内臓抜かれて、切り刻まれて、大根のつまの上に乗っけられてるのに


  宇宙人が触手をぎゃーと開いて人間を喰らう時みたいに動いてました



今回、トニカの飲み会だったわけだけど・・・


 テナーのパートリーダーで、トニカの宴会部長でもあり、


  ドイツ語とか発声の師匠でもあるKさんが札幌に転勤になり。。。


ま~集まった団員の多いこと


 普段の練習で、こんなに集まることはない


  コンクール本番の日よりもたくさん集まりました。。。どんな合唱団やねん 



 ほれほれ、イカ  003.jpg


  イカの刺身と、さんまの刺身です。

 
   さんまのお刺身ってのは、ちょっと珍しいよね


残ったイカの足は、天ぷらにしてもらいましたよ~~ 005_convert_20110925015511.jpg


   ふわっふわで美味しい





002_convert_20110925015451.jpg


  【もつ鍋】


またまた鍋の美味い季節がやってきました


 もつ鍋は久しぶりで美味かった~~~


 お約束通り、残ったスープにちゃんぽん麺を入れてくれて、これも美味いよね~


他にもいくつか単品料理が出たあと


最後に杏仁豆腐が出て、飲み放題もついて3500円?


  安いですね~~


トニカのグルメ担当が札幌に行っちゃうので、


  今度は札幌まで美味いものを食べに行きたいなぁ~
『うさぎドロップ』
『うさぎドロップ』


 う、う、う、、、芦田愛菜ちゃん かわいいなぁ


 松山ケンイチも無条件によかです


原作は漫画なんだね


 
 いわゆる、今話題の「育メン」のお話ってことね



おじーちゃんのお葬式に行ったら、そこに1人残された、寂しげな女の子が


  しかも、じーちゃんの隠し子 


 とまあ、漫画チックな設定


で、かわいそうやし、つい「オレんとこ来る?」って言っちゃうわけだけど


 
 芦田愛菜ちゃんの、なんとも淋しそうな表情を見たら


  そりゃ~~~引き取りたくもなるわな って感じ


 愛菜ちゃんを抱っこして、保育園までダッシュする松ケン


  愛菜ちゃんも松ケンもなんとも楽しそうでさ~~~



 「オレは間違いなくりん(愛菜ちゃん)に癒されている」


  ってセリフがあるけど


 いや~~~~私も癒されましたわ



 子供を育ててると、弱気になる。。。みたいなセリフもあったけど


   確かに、子供を育ててると、毎日、無事に帰ってくるかな~とか


 ちゃんとお友達と仲良くできてるかな~とか


  心配ごとは増えていく一方


 2人とも大学受験が終わって、今が1番ほっとしてる所だけど


  もうじき、今度は就職の心配して、結婚の心配して


   離婚しないか心配して


でも、そんな心配も、子供と一緒に生きてきた人生の楽しみというか


 幸福感に変わってくんだな~



  ・・・みたいなことを、思い出させてくれた、なんともいい映画でした


↑ 上の写真でも着てる、2人お揃いのパンツがすんごいかわいいの


 松ケン演じる 大吉くんも、なんだか気持のいい、いいヤツなの。


  もう上映終わったかな~~ 是非見てみて
くうてん 磯らぎ
今までJRと地下鉄とバスを乗り継いで大学に通ってたけど


 2年後期からは箱崎キャンパスに代わるので


  西鉄バス乗り放題の「エコルカード」に変えよう


これまで定期代がひと月15200円+バス回数券4000円分ほどかかってたのが


 エコルカードだと、ひと月7000円 おっしゃ~~~



  ということで、息子が 「おかーさん 博多に一緒に出らん」と


   ・・・母の耳には 「おかーさん デートしよう」に聞こえ。。。


 で、いそいそと2人で博多駅に出たのはいいが。。。


  エコルカードって、普通の定期券と違って、●日~●日までの1カ月分とかじゃなく


 毎月1日~末日まで って使い方になってるらしい


ってか、それ以前に、日曜日だったので窓口が17:30で閉まってた


 
  あらま~~どうする


じゃあ、せっかく出てきたことだし、飯でも喰って帰るか


  
  3月のオープン以来、JR博多シティはいつもすごい人、人、人。。。


 9F、10Fの「くうてん」⇒9と10 で、くー と てん らしいけど


  くうていかん(食べていかない?)にもかけてるんだろか?


 つまり、お食事処のフロアです。


今日も結構な行列をあちこちの店で作ってるけど


 1番行列が長いのは、相変わらず、仙台から来た牛タンの店 【利久】ですね~


さんざん悩んだ結果、【矢場とん】・・・にしようかと思ったけど


 その隣の、海鮮丼・茶漬の店 【磯らぎ】に決定


590_convert_20110922021116.jpg


 私が選んだ『海鮮ひつまぶし』


  ごまだれをかけて食すもよし甘めのさしみじょうゆをかけて食すもよし


 最後に、おだしをかけて茶漬けで食すもよし


  いや~~~~~美味かった~~~


 ここで、しょっちゅう美味かった美味かったって言ってるけど


  いやいや、今までのは何だったんだってくらい


 ここは本気で美味かった


589.jpg


 息子が選んだ 『マグロ丼と鯛茶漬けの2色セット』


  息子も涙ちょちょぎらせながら、何度も「美味い」を連発しながら


 残ったおだしも全部飲みほしてましたもんね


  いや~~~~まじで美味かった



夏休み、バイトもせずに遊び呆けた息子は、今になって金欠病
 

  金ねぇ金ねぇ と言うので


 んじゃ~~~エコルカードを買ったおつりはあげよう と言うと


  顔がパッとキラキラして(3000円だけなのに^^;;)


 「おおっ じゃあ、デートしちゃるけん


って。。。こいつ、母心をよー知っちょんな~~


  「あんた、ホストみたいやな~~」


   なんて言いつつ、母はニヤニヤしつつ


 オープン当時、人が多すぎて登れなかった、屋上の「つばめの杜」に付き合ってもらいました。


592_convert_20110922021140.jpg


 博多の夜景が綺麗に見渡せて、デートスポットとしては抜群じゃなかですか


   暗いし。。。


 あ~~今日も幸せだった
お酒も弱くなったのか。。。?
区の敬老会に、役員として出席


  ・・・もう何年役員やってんだか すっかり顔なじみです


 がんばろう東日本の意味もあったんだと思うけど


  福島の【奥の松】ってお酒を、前区長さんのおススメで取り寄せてたみたいで


   これが美味くてさ~~~~



 敬老会なんだから、こちらがおもてなしをしなきゃいけないってのに


  皆さん、可愛がってくれるんで ま~飲まされます


 ってか、調子こいて飲みすぎました



家に帰ってきたあたりの記憶がほとんどない


 昼の12時にスタートした敬老会が終わったのは、15時くらいだったんでしょうかね~?


バンドの練習から帰ってきてた息子が

 
  「おかーさん 今日はトニカの練習やないと」と起こしてくれたのが


 もうすっかり外も暗くなった夜7時


   そやった と起きたら


 あら いつの間に脱いだのか。。。裸で寝てたんだ


  起き上ったのはいいけど、頭がくらくらする


息子には 「酒くさっ」って言われるし


 こりゃ、トニカの練習に行けないわ。。。酒気帯びどころか、飲酒運転だわ



  息子が言うには、玄関のカギもかかってなかったらしい 


 テーブルの上には、敬老会からもらって帰ったと思われる、


   ワインと日本酒のボトルが。。。覚えてないわぁ


 時間がたつにつれ、めまいが更にひどくなってきた


目をつぶったら、ぐるぐる回る。加速度を増してぐるぐる回る。


 回って回って、またそれに酔って吐きそうだーーー



なんか、歳とってお酒も弱くなっちゃったかな~ ちきしょーーーー
『日輪の遺産』
『日輪の遺産』


 毎度おなじみ 私のいとこの娘でもある 森迫永依 ↑この子だよ が出てたので観てきました


 
  どっちにしろ、堺雅人 の出てる映画で失敗はないけどね


 それにしても、いい映画でしたよ


 
  永依ちゃんのおばーちゃんから、「戦争映画よ」としか聞いてなくて


なんの予備知識もなく観に行ってしまったけど


  浅田次郎の原作だったのね おもしろいはずだ



 ストーリー(映画.comより)

ベストセラー作家・浅田次郎の同名小説を、「半落ち」の佐々部清監督が堺雅人主演で映画化。昭和20年8月10日、帝国陸軍の真柴少佐は、陸軍が奪取した900億円ものマッカーサーの財宝を陸軍工場へ移送し隠匿(いんとく)せよと密命を受ける。その財宝は、敗戦を悟った軍上層部が祖国復興を託した軍資金だった。真柴は小泉中尉や望月曹長、そして勤労動員として呼集された20人の少女たちとともに任務を遂行するが……。


   
 終戦のまさにその日、愛国や忠誠心の名の下に


  純真無垢な少女たちが、何も知らずにこんな残酷な命令に巻き込まれてたとは


    なんちゃって


 そんな、実話かと思わず勘違いしてしまうような話でさ~~


  こないだも、『シャンハイ』を観て、戦争って人間を悪者にしちゃうよな~


と思ったとこだったけど


 ここでもまたまた思ってしまいました。ふぅ~



劇中で  「出てこい ニミッツ マッカーサー 出てくりゃ地獄へ逆落とし」


 って、びっくりするようなヒドい歌を、少女たちがそれは楽しそうに歌うシーンが


  何度も出てくるんだけど


 これも、この映画のために新たに作った歌なのかと思ったら


  エンドロールで 作詞:西条八十、作曲:古関裕而 って出たので



    実際にあった歌だったんだ。。。 とまたまたびっくり


 西条八十さんも、戦時中はこんな歌を書かされてたんだね。。。


  きっと激しく不本意だったんだろな~


さて、永依ちゃんはというと。。。


 こないだ永依ちゃんのおばーちゃんが言ってたけど


  本人は自分がキレイじゃないことを大層気にしてるそうで


 そういえば、すーちゃん役の子とか、ほんとにキレイな顔立ちしてたりして


 それに比べると、永依ちゃんはどうもぽっちゃりして鼻もぶちゃっとして


  とても美形とは言いがたい ・・・ごめんね^^;


実物は、細くてすらっとしてて、垢抜けててすごいかわいいんだけどね


 この子のおばーちゃんは、(私のおふくろさんのお姉さんだけど)


  若い頃は(限定で^^;)ジュディオング系の(古っ)


   すっごいキレイな人だったんだけど


 映画の中の永依ちゃん見てると、こりゃどっちかというと


  子供の頃から、キレイなおねーちゃんと比べられて、ぶさいくだ~って言われてた


 うちのおふくろさんの方に似てるじゃんよ


な~~んて思って観てたけど


 最後の方で、戦後、何年か経って、堺雅人が中村獅堂の元を訪ねてくるシーンで


  少し大人になって、横わけの三つ編みになって登場した永依ちゃんは


 そりゃ~~~おばあちゃんの若い頃にそっくりじゃ~ないですか


  おおおおお~~~と1人でウケてました


この感動を早く伝えなきゃ~~と思ってたら


 一足早く、千葉の姉から、「永依ちゃんがおばちゃんそっくりだった

 
   ってメールが来てた。


 やっぱそうだよね


AKBの子たちはほんとに可愛かったってすごい気にしてたみたいだけど


 永依ちゃんもまだまだこれからやし いくらでも綺麗になれるって


ってか、いい美容法があったら、おばちゃんにも教えてちょ
どげんかせんといかん?宮崎
宮崎は何年ぶりやったとかいな


 その昔、おかあさんコーラスの九州大会で同じ会場(県立劇場)に来て以来か


 結婚してまだ子供ができる前に旦那と来たかも 


  学生の時も、合唱コンクールで来たし、女の子たちだけで青島に泊まったこともあったっけ。。。


 今回は、コンクールで来たので、観光は全くできんかったけど


1日目の夜に、前夜祭みたく、みんなで食べれる美味しい店はないかいな


 って、宮崎在住の玉友さんに聞いたら、速攻で教えてくれたのが


  宮崎観光ホテル2Fの 「一木一草」


   地産地消のビュッフェスタイルの店


 19:30までは練習してたので、店に行けるのが20:30くらいになるっちゃけど


って言ったら、


  だったら、通常1人3675円のところが、20時以降入店で、半額だって


006.jpg


 だいたいが卑しいので こういうビュッフェ式だと


  全種類食べないと気がすまない私でも


   さすがに全部は食べきらんかった


大学生のOくんは、宮崎牛のステーキがものすごく美味しかったようで


 こんな美味い肉は超久しぶりだ~~~っておかわりしてました



 すき焼きとか、てんぷらとか、もちろん、チキン南蛮とか。。。


  それから、宮崎と言えば「冷や汁」も


      美味しかった~~~~


 恐ろしいくらいお腹がぷっくり



  泊まったホテルからは若干遠かったけど、帰りはみんなでてくてく歩いて帰りました



 東国原知事ですっかり有名になった「県庁」の横を歩いて


  繁華街のアーケードには、「どこから来たん」ってくらい


   たくさんの人で溢れてて


 宮崎って結構、お町じゃん ←こちらでは、都会のことを「お町」と言うのだ


  と思いつつ、


 そうだ 今日は玉ちゃんの『砂の器』1日目


急いで部屋に帰ってテレビ見よう



  チャンネルを回したら。。。そうだった 「砂の器」映らないんだった


 だけん、宮崎の玉友さんに、玉ちゃんを録画して送ったりしてたんじゃん



    NHK2つと、民放が・・・2つしかない~~~~



 宮崎は、牛とか、鶏とか、マンゴーとか、


  ほんとうに美味しいものもいっぱいで、自然も豊かですんごく綺麗だし


 町もとっても栄えてたのに。。。


  
  1番どげんかせんといかんのは、テレビ局 やね
家を空けると仕事が溜まる(-_-;)
1週間のうちに、長崎、宮崎とともにお泊りだったので


 帰ってきてからの受信メールの数にうんざり


迷惑メールも大量にあるし、最近の迷惑メールは、件名を書いてなくて


 送信者名だけ載ってたりするんだけど


  ん?在宅ワークの問い合わせをしてきてる人かななんて思って


 いちいち、受信フォルダに移動させて中身を確認してみたら


   やっぱりただの出会い系のメールじゃねーか


 ただでさえ、さばかなきゃいかんメールが山積みなのに


  全国の、迷惑メールを送りつけてる皆さん


 あんた 相当恨みを買ってますよ 知らないうちに溜まっていってるはず


 ほれ、首や肩が重~~くなってませんか


  今すぐ、やめろ~~~



今回、長崎で回ったのは「長崎歴史文化博物館」だけではなく。。。


 前回、龍馬の足跡をたどる旅に着いてこなかった息子が


  その後、『龍馬伝』を全巻観て、すっかりはまってしまい


 もう1回、風頭山~亀山社中資料館~亀山社中跡 とめぐってきました


005_convert_20110913192950.jpg


 前に来た時は土曜だったか日曜だったか


ちょうど桜が満開で ものすごく人が多くて


 「さすが長崎は、龍馬人気すごか~~」なんて思ってたけど


 今回は、誰もいなくて


普段、なかなか写真を撮らせてくれない息子も、


 龍馬の前で同じポーズを取ったり


006_convert_20110913193018.jpg


 龍馬のブーツに足を突っ込んで、長崎の町を見下ろして

 
  日本の未来に思いをはせたり・・・してないか

008_convert_20110913193041.jpg


 創業120年の老舗菓子店の表でラムネを飲んだり



最近、長崎でロケが行われたのは「龍馬伝」だけではなく


 『Jin~仁』でも、今年の2/22~24にかけてロケがあったそうで。。。



 例によってグラバー園と(今回は園内には入らんかったけど


  「東山手洋風住宅群」ってトコ


明治20年頃に建てられた外国人向けの賃貸住宅 だそうで

 
 現在は資料館やレストランとして保存されてます。


021_convert_20110913194528.jpg


 「仁」では、中谷美紀 演じる 花魁の野風が、フランス人のおじさんと結婚することになって


  仁先生と咲さんが式にお呼ばれした横浜という設定でした^^


そこの上に面した通りが、いわゆる「オランダ坂」


 022_convert_20110913200049.jpg


 オランダ坂を歩いていくと、すっごいかわいいおうちがあって

 
  何かと思ったら「グループホーム」でした


017_convert_20110913200523.jpg


 坂はツライけど、年とってから、こんなトコでお友達と一緒に暮らせたらいいなぁ。。。


さらに降りていくと、すごく古いけど、洋風でいい感じの「長崎病院」


        024_convert_20110913201337.jpg
       

 その斜め前には、今は普通に人が住んでる洋館があり014_convert_20110913200656.jpg

  かわいい


そして、その斜め前には、いきなり、もろ中国って感じの「孔子廟」023_convert_20110913200604.jpg


 はぁ~~ほんとに


   長崎は今日も異国だった。。。


そうこうしてたら、「長崎旅ネット」ってサイトを見つけた⇒コチラ


 長崎でロケが行われた映画やドラマの一覧が。。。


そういえば、「愛し君へ」も長崎だった


 玉木くんが皿うどんが気にいったっていう店の情報が載ってるじゃ~ないですか


もう1回DVDを観て、


 今度は、「愛し君へ」ロケ地ツアーに行くぞ~~
長崎歴史文化博物館
息子を送ってあげる~~ という名目で


  またまた長崎に行ってきました



 今回はまず。。。


  【長崎歴史文化博物館】


033_convert_20110910030256.jpg



角を曲がると、いきなりどーーん と 大きな石垣の建物が現れるんだけど


 昔、ここに長崎奉行所があって、その復元をしたそうで


  そのたたずまいは迫力があります


 『龍馬伝』があってた頃は、この中に「龍馬伝館」って展示があってたみたいで


 それはもう閉館ってことだったんで、少々がっくりきてたけど


現在は「大河ドラマ館」が併設されてるってことで


  ・・・もしや、どこかにちらっと玉木くんの姿が見れるかも


 なんて期待してみたけど、


  歴代の「龍馬」を演じた役者 のところに、1箇所だけ名前がありました


松の廊下があったり、お白州があったり


 010_convert_20110910031613.jpg


 すみっこに、龍馬さんらしき人が座ってたり



 これまでの大河ドラマの一覧表とか


名場面のビデオがず~っとかかってたりして


 なかなかに楽しめました~~~


博物館の方は更に展示物も充実してて


 あちこちにこだわった説明があって


 特筆すべきは


   【お月見】 と展示されたスペースで


 障子の向こうに、すすきとお供え物が置いてある畳の間で


  なんと、三味線を弾いてる方が。。。


 ただ演奏会をしてるわけではなくて


  お師匠さんの男性と、習いにきてるおばさまだったのですよ


 まずチューニングからしてました。


  3弦が「ド」だとすると、2弦は「ファ」1弦は、3弦の1オクターブ上の「ド」


    ですよ~~


 って、お師匠はんが教えてるんだけど


   おばちゃん なかなか音を合わせきれません^^; 低いってば~~


 四苦八苦した挙句、ようやく始めまっせ~~



って、お師匠はんが歌って、それにあわせて2人で三味線を弾くわけです。


 30分くらいそこで聴いてたかも~~


途中でお師匠はんが、


  「歌に合わせて、そこで シャン」 とか


 「そこ、3弦ちょっと上」 とか言うので


  聴いてて、こりゃ三味線って難しいんやな~~~って^^


 でも、おもしろかった~~~しかも、癒された~~~~


練習場所を提供して、そこを見学者に見せることで


 もしかして礼金とか出てたりして。。。一石二鳥だったりするんかしらん


どちらにしろ、いいアイデアですよ



 さすがに長崎は、修学旅行の子供たちがめちゃくちゃ多くて


  博物館内も、平気でばしゃばしゃ写真を撮ってたりしてたけど


   結構OKだったみたいね


じゃあ、私もひとつ。。。


 芥川龍之介が、長崎でお世話になってた(料亭の?)女の人に描いたという


 河童の絵の屏風


   011_convert_20110910031636.jpg



 複製じゃなくて、こういう本物もたくさんあって


  とても見ごたえのある博物館でしたよ

『シャンハイ』
『シャンハイ』


  キャストが豪華ですよね~~

 渡辺 謙が出てるってだけで、見たいって思うもんね


 真珠湾攻撃の直前の上海のお話。


もう、日本人が極悪非道の限りを尽くしてます。ふぅ~ 


 今や、どのスポーツの試合を見ても、国際的な交流の場を見ても

日本人は礼儀正しくて、控えめで、紳士的なイメージなんだけど


 戦時中って、やっぱ人間もおかしくなっちゃうのかなぁ~


ま、そんなちょっと苦い気持ちで見なきゃいけない映画でもあります


 月イチゴローで、吾郎ちゃんはこの映画を5位にしてたけど

  ・・・理由は、主演のジョン・キューザックの意味がわからんってことやった


まあ、それは確かにそうだったね~~


 渡辺謙の存在感がすごすぎる。怖いもん


  こんなに怖いのに、女のことになると情けない感じ

いや~~ほんとに、日本が世界に誇る役者だよね^^


 菊池凛子は、びっくりするくらいセリフが少なかったけど


  鬼気迫る、インパクトある役でしたね



 70年くらい前の話ってことになるけど

 
    コン・リー とか チョウ・ユンファが、すっごい昭和な顔してるのよ


 チョウ・ユンファは、ちょっと前の 小林 旭 みたい


で、コン・リー は、引退前の 山口百恵 にしかみえない


 確かに若干、「何が言いたかったと」って感じではありましたが


雰囲気を楽しむ、という意味では、そこそこ面白い映画でした


 
  大学生の夏休みはまだまだ続くけど、


もう長崎に戻るというので、「送ってやる」と言って


 また一緒に長崎まで来ています。


週末はコンクールで宮崎だってのに^^;

 
 私の夏休みもまだまだだーい
本当にあった怖い話
今日、久しぶりに「ほんこわ」やってましたね~~


   ほんとに怖かった~~~


 怖いからさ~~一緒に観ようよ~と言うのに


  おにーちゃんは最初っからゲーム部屋に退避


 次男も、怖そうな画面が出てきそうになると、もう目を瞑って見てない



  まあね~ ヤツも来週には長崎に帰っちゃうけど


 帰ったら、夜も部屋に独りだもんね



 考えてみたら、私も子供の頃は、なんでもやたらと怖かった


 特に、心霊ものとか、大好きなんだけど


  暗いところで、後ろに誰かがいそうな。。。


   鏡の中に変なものが映りこんでるんじゃないか。。。とか



 でも、今、別にな~~~んも怖くなくなっちゃってる


  若い頃はきっとまだ想像力が豊かだったんだよね


 歳をとるって、こんなところにも影響が出るのね~~



  次男が長崎に帰っちゃったら、一緒にサッカーを見て盛り上がることもできんやん


 おにーちゃん 使えねぇ~~~
おにーちゃんにはかなわない?
今日も兄弟で、ゲームでバトルしてます


 何故か、にーちゃんの方が圧倒的に強いみたいで


  次男は、「せけー」「うぜー」「きたね~~~


 って、強いにーちゃんを罵倒しまくりながら


  あげく、壁をがんがん蹴飛ばして悔しがる始末


     子供かっ
  

    「にーちゃんがずるいことしよーと


    「そうじゃないけど。。。」


    「ただ強いだけなんやろ


     「そうやけど。。。」


 悔しくてたまらんくせに、毎日バトルを挑んでくるらしい



  今度は、にーちゃんがずっと練習してた、Janne Da Arcの『HEAVEN』を


 にーちゃんはベース、次男はギターで合わせようとしてるけど。。。


  これがまた、ベースを始めて1年のにーちゃんと


 ギターを始めて、まだ3ヶ月程度の次男では


  まーびっくりするくらい腕に差がありすぎる


 結局、勉強も、音楽も、ゲームも、


  おにーちゃんには何にも勝てない弟。。。


 あんだけ、だらだらした生活をしてるにーちゃんやけん


  頑張れば絶対追い越せるって


 1年くらい休学して、留学するとかどう


  英語ペラペラになって帰ってきたら、にーちゃんをぎゃふんと言わせれるかも


 出来の悪い子ほどかわいいってのは本当だしね


  おかあさんは、あんたを応援しとるよ~~ 頑張れ~~~
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』
『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』


  これは3Dで観て正解 期待通り、おもしろかった


 映像もすごいし、アポロの月面着陸にはもう1つ別の目的があった という


  実話にからめたストーリーも



 ただ、しょっぱなから、サムの彼女が前作までの人と代わってたのにびっくり



  なんで 2人で死線をくぐってきて、あげんラブラブやったやん


 それが、まるで何もなかったかのように、


  「前の彼女には振られた」 って、それだけ~~~


 あとで調べたら、彼女役だったミーガン・フォックスが、監督と不仲で降板させられたとか


 ちょっとこんがりな肌色の、めちゃくちゃスタイルのいい子だったけどね~



 まあ、今度の彼女も異常にスタイルのいい人でした~~



 それと、もう1人、サムの新しい就職先のボスの役で、


  ジョン・マルコビッチが出てたんだけど


   相変わらずのヘンなキャラが際立ってはいるものの


  なんか意味があるのかなと思ってたら、なんもなかった


     この人必要



 な~~~んてこともありましたが


  私が、「トランスフォーマー」のシリーズが好きなとこは


 あんなでっかい、触っただけで切れそうな、ハンパない敵に対して


  オートボットだけに頼るんじゃなくて


   最終的には、海兵隊の皆さんが、人間の力でがんがん立ち向かってくトコ


 モモンガスーツで、生身の人間がびゃんびゃん飛んでくシーンとか


  めっちゃめちゃかっこよかです



 この映画まで一緒に観て、長崎から帰ってきてる息子は、


   福岡でやらなきゃいけないこと、全部クリア~


 まだあと1週間ほど、うちにいるけど、


  腹減った~と言えば、食事が出てくる幸せを、今のうちに噛みしめとけよ~
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。