*All archives* |  *Admin*

2012/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上田カリー
博多駅のバスセンターの横の、横断歩道を渡ったところにある


  【上田カリー】上田カリー1


 ず~~~~っと前から気になってた


バスセンターから長崎に帰る息子を送っていく時も


 合唱連盟の会議に出る時も、


この店の前を通るので、すごくすご~~く気になってて


 やっとチャンスがやってきた


もう10年くらい気になってたと思ってたけど


 今、調べてみたら、平成22年9月オープンって書いてある。。。


   まじで もっと昔からなかったっけ


 ホテルルートインの1階にあるわけだけど


  ここには、その前、何があった 知ってる人教えて~~



 ランチはいくつかパターンもあり、本日のおすすめカリーとかもあったりするけど


  サラダバー・ドリンク、さらに女性にはデザートもついて


 900円(やったっけ800円


  まだ入院中だった妹のアッシーで博多駅に行った時だったんで、


 妹のおごり()だったために値段がはっきりせんわ~


上田カリー3


手前が私がオーダーした、パリパリチキンと夏野菜カレー


   ちょっと辛めの黒いカレー  チキンもパリッパリで美味かった


上田カリー2


 女性におまけで付いてたデザート この日はティラミス


   ティラミスによくありがちな、濃厚すぎてのどがおえっとなる感じが全くなくて


     美味かったよ~~~ 女でよかった


 




  



 
   



スポンサーサイト
『外事警察 その男に騙されるな』
『外事警察 その男に騙されるな』






息子から写メが送られてきた。

スーパーで買ったのか かしわおにぎりの写真

「これ食べられるなんか白いプツプツがあるんやけど。。。」





  慌てて電話したよ そりゃカビだろ あ〜恐ろし


で、「外事警察」

渋かったですね〜〜


  渡部篤郎は、私が初めてfreeMLに登録したのが、渡部篤郎ファンMLだった

ってくらい好きだったんだけど


最近あまり見ないと思ってたけど、やっぱかっこいいよ


細身のスーツをすっきり着こなして、表情がまた渋いわなぁ

   ストーリーも、途中から読めたな〜と思ったら

どんでん返しがあったりして、決してぬるい映画じゃなかった


 先日、じーちゃんを病院に連れて行った帰りにコンビニに寄ったら

  『外事警察』の宣伝用ののぼりが立ってて


 じーちゃんがいきなり

  「外事警察と言えば、つよし(じーちゃんのイトコです)は外事警察におったんよ」

え~~~~~


 いやいや、そんなはずはないやろ

 
   渡部篤郎も番宣で、内部の人にもほとんど知られてない部署ですって言ってたぞ


そしてその後、私が買い物してる間、ずっとエロ本コーナーで何やら物色


    行くよ~と言うと、後ろ髪を引かれてる顔して本を棚に戻してるんで、

「欲しいなら勝っちゃろか」と言うと

  
   嬉しそうな顔して、気になってたDVD付きのエロ本を持ってきた

  
  んなもん、私は会計しきらんし

   1000円渡したら自分で買ってきた


      こういう時は元気なんだよな。。。





湊かなえ 『境遇』
湊かなえ 『境遇』



内容紹介
主人公は36歳のふたりの女性。
政治家の夫と幸せな家庭を築き、さらに絵本作家としても注目を浴びる主婦の陽子。
家族のいない天涯孤独な新聞記者の晴美。ふたりは親友同士であるが、共に生まれてすぐ親に捨てられた過去を持つ。
ある日、「世間に真実を公表しなければ、息子の命はない」という脅迫状と共に、陽子の5歳になる息子が誘拐された。
真実とは一体何なのか ……。
晴美と共に「真実」を求め奔走する陽子。すると、陽子の絵本のファンだという一人の女性の存在が浮上する。
犯人はその女性なのか、それとも……。
人 は生まれる環境を選べない。しかし、その後の人生は自分の意思で選び、自分の手で築いていくことができる。
犯人の示す「真実」が明らかになるとき、ふたりの歩んできた境遇 =人生の意味が改めて浮き彫りになっていく。




  『告白』が衝撃的だったし、その後もいくつか読んでみて


 どれもそこそこ面白かったんだけど


   なんだかここにきて、


 「どれもこれもおんなじ作りだなぁ。。。」 と思うわけ



作家もたいへんだな~


 その人のカラーなのか ただのワンパターンなのか


  意外にちょっとした違いだけなのかもしれんけど。。。



 登場人物が、親のわからない、施設で育った人間だ  って設定が


   ・・・まあ、時々ある設定ではあるけれど


 あまりにも現実味がなくてさ


実際に、施設で育ったという人を知らないし


 例えば日本ではどのくらいの人がそういう境遇だったりするんだろうか


それに、だからどうなん  そんなに隠さなきゃいけないことなのか?


  犯罪を起こすほどの?脅迫されるほどの??



 あんたは普通に両親に育てられたからわからんのや と言われたらおしまいだけど


  きっと、わからん人の方が多いと思うんだよな~



 だから、そういう素材を作品にするってのが、どうもいただけない



  途中で犯人の目星も簡単につくし、犯罪の根拠も、なんじゃそらだし。。。



 湊かなえ がんばれ~~



別府  『天心軒』 

 せっかく長崎に行ってるんだから、長崎の美味しいお店にもっと行きたいんだけどさ


息子はやっぱりかーちゃんのご飯が食べたいらしく


 結局ほとんど料理するはめに。。。


3日も長崎にいたので、その間に私の直紹介で入会された方もいて


  ・・・お仕事上の話です^^;; みなさん ご迷惑おかけしました


長崎に行った2日前には、ばーちゃん=義理の母=水虫くんのおかーちゃん


 が、ひざの手術をするので(人工関節を入れるってヤツ)


水虫くんと、別府に行ってきた



  ばーちゃんが手術室に入るのを待って、じーちゃんと水虫くんと3人で


    お昼を食べに行こう


 ってことになったものの、


  若干、時間が押したこともあって、ランチタイムが終わってるところばかり


 最初に、「別府かんぽの宿」・・・そうだ。ここのお食事は美味しかったゾ


   しかし、13:30でオーダーストップしました
 

     
 んじゃ~~ホテル晴海のレストランがめちゃうまいから、そこ行こう


  日本料理 「玄」 玄

   ってトコ しかし、こちらもオーダーストップ


 食べログで調べながら別府駅方面へ移動


  あ、こないだ特上天丼がべらぼうに美味かった店がその辺にあるし。。。


 『とよ常』 とよ常


  店の前には 「店休日」の札。。。



ここで、別府の友達に電話するも、電車移動中だったらしく出ない


 
 うろうろしたあげく、結局、ばーちゃんの病院からすぐのところにあった


  『天心軒』って店を発見 天心軒



 別府と言えば、【冷麺】 そして 大分と言えば【鳥天】


その両方が味わえるというので。。。


 鳥天セットを注文 天心軒3


とり天 久しぶり~~ サックサクで美味い~~~


天心軒2

  冷麺はこんな感じ  たっぷりキムチの上にゆで卵


 別府の冷麺は韓国風  うまいよ~~

  
最後に、きなこもちまで出てきた 天心軒1




 ばーちゃんの病院で、同じ部屋の患者さんとか、そこにお見舞いに来てる人とか


 看護婦さんとかお医者さんまで


   なんだか別府の人って、みんなすんごく人懐っこくて明るくて親切  


 隣りのベッドの人のところにお見舞いに来た女の人がさ~~


  体の中心部がやたらでかくて^^;でも、なんか頭にかぶっててそれがまたおしゃれで


 私がちっちゃい頃からめちゃめちゃかわいがってくれた、別府のおばちゃんに

 
  すごく雰囲気が似てて


 何が似てるって、、、話し方


   そりゃ、大分弁ともちょっと違う別府弁でしゃべってるしね


 で、別府の人って共通した雰囲気があるなぁ。。。と思ったのでした


ばーちゃんの主治医の先生も、スティッチみたいな顔した


  やたら優しそうな先生で、それだけで、ばーちゃんよかったな~
長崎は今日も雨
久しぶりに長崎に来てます〜

なんかそれなりの用事でもないと

すぐに息子に会いに長崎に行くっちゃけん

って、ちょいちょい非難されるので

大学から保護者説明会の案内が来るのを待ってましたぁ


で、やっとその時が来たわけだけど

来る途中のどしゃぶりの雨には。。。参りました


でも、アミュプラザにいる、という息子をピックアップしたら

「これを買いに来とったと〜」

って、母の日にってエプロンを買ってくれてた〜


うううう 息子って、まじたまらんわ


ビール飲みながら、チーズつまんで

2人でユーロ・・・今日はフランス対ウクライナ 鑑賞中


ウクライナも雷雨で一時中断でしたね~


夕食は、息子の家からちょっと上がったところにある『酛蔵(もとくら)』


  眼下の長崎の夜景が見えて、お魚のおいしい店

「庄屋」グループだと思うんだけど。。。


 tn3.jpg

 まぐろとアボカドの巻きずし


tn4.jpg


  炙りさば寿司


これの前に食べた、お刺身も、炙りサーモンも、あまりの美味しさに写メし忘れた


 
 やっぱ、長崎はお魚うまいな~~~
秦建日子 『愛娘にさよならを』
秦建日子 『愛娘にさよならを』


  女刑事 雪平夏美シリーズ  最終刊 続編出るかも


 この終わり方だったら、続編もありだよね。。。


内容(「BOOK」データベースより)
「たのしみにしています。ひとごろし、がんばってください」幼い文字で書かれた手紙を読み終えると、その男は温厚な性格で知られる夫妻を惨殺した。やがて、まったく異なる男が第二、第三の殺人を犯す。すべての現場に残された「ひとごろし、がんばりました」というメッセージ。そして容疑者たちは犯行後、ふつりと姿を消した。2ヶ月前の事件で負傷し、娘・美央と引き離され、捜査一課からも外された雪平は、娘への思いに揺れながら、ふたたび捜査へと戻ってゆく―バツイチ、子持ち、大酒飲み、捜査一課検挙率No.1、そして「無駄に美人」。刑事・雪平夏見シリーズ最新作。




  読んでると、間違いなく篠原涼子の顔が浮かぶけど


 TVシリーズでは、安藤(瑛太よかったよね~~)は、早くに死んじゃうし


   佐藤・・・雪平の元旦那(香川照之)は、1番最近あった映画で殺されちゃうわけだけど


 そこんとこ、時系列がごちゃごちゃになってるとこが


  TV,映画も観て、原作も読んで、2度おいしい的な



 脚本家の書く小説は、ほんとに劇場的だよね


    「ひとごろし がんばってください」  って、子どもの書いた手紙ってのが


 妙にぞくぞく怖くて


気持ちよく推理しながら、さっくり、あっという間に読了です



  ほんわかした小説を読んだ後は、


ちょっとぞくぞくするくらいのミステリーがやっぱいいわ



  んじゃ~~この後はまた癒し系を読みますかね~


 ほんわか癒し系のおすすめの本ってなんかないですか~

 
 
福岡合唱祭
久留米の石橋文化センターで

 
  第67回(←これってすごい) 福岡支部の合唱祭でした


 朝から見たわけじゃないし、自分も2団体出るってこともあって


  なかなか他の団体の演奏が見れてないけど


 やっぱり若い子たち 上手やね~~



 福岡8大学合同演奏の「夢みたものは」(木下牧子) 


  大好きな曲だし、すっごいよかった


 雙葉の中・高合唱部  久留米信愛女学院  ハーモニー美しいすぎます


  おかあさんコーラスの団が出てくると


    むむむ・・・この人たち、沖縄の九州大会には出てくる人たちやろか


 って、そんなんばかり気になって


  う~~ん。。。こりゃ私たちより上手やな~ とか


   このおばちゃん声は、私たちとどっこいどっこいかな~~ とか


 懐かしい曲とか、この歌、歌いたい~~ ってのや


  暑かったし、腰も痛かったけど 楽しい1日でした



 石橋文化センターでは、「はなしょうぶ祭り」ってのも、裏の庭園であってて


2012-06-10-1.jpg

  暑さのせいか、少しくったりしてたけど。。。



                            2012-06-10-2.jpg


  あじさいも、いろんな種類のが咲いてた

2012-06-10-3.jpg


   きれいだなぁ。。。あじさい っていいよね


 ”紫陽花”って字面もいいよね 2012-06-10-4.jpg


打ち切り とか 総選挙 とか
AKB48の総選挙 なんだか大騒ぎでしたね


 途中までは、裏でやってた男子バレーを見てたけど


  ツイッターで続々と実況されてるのを見てて、


 おにーちゃんが、「おっもう20位だ。そろそろ見よう」というので


  チャンネルを替えたら、まさに選挙速報のスタジオだったので笑ろた



 それにしても、あの子たち、若いのに立派にしゃべれるもんやね~


あんな何万人の前で、あんなに堂々ときちんと自分の言葉を伝えられるって


 それだけでも、本当に素晴らしいことだよ


いや~まじでびっくりした


 
 最近、仕事上の人間関係で、あっちからこっちから苦情が出てて


  だいたいそれを修正、管理するのが私の仕事みたいなもんだけど


 AKBの子たちみたいに、ほんとに厳しい世界で頑張ってたら


  きっと、何があっても、多少誰かになんか言われたとかあっても


 そんなん、なんちゃないというか、ばしばし乗り越えて行くんだろうけどな~


  そのへんの大人たちは、ちょっと見習わんといかんな



 今期の夏ドラマでは


  『家族のうた』 と 『クレオパトラな女たち』が8話で打ち切り


 厳しいですな~~~


  『家族のうた』は、ちらっとも見てないけど


 ・・・なんたって、中居くんの『ATARU』の裏だからな~


 中居くんのチョコザイくんがかわいくてたまらん


  推理も面白いし、警察組織のいやらしい感じも、まだまだ謎だらけで目が離せない



 フジ木曜22時の 『カエルの王女さま』は

 
  天海祐希の歌とダンスが見れて、それと、福原美穂の歌もちょこちょこ聴けて

 
 なんだかとてもお得なドラマやね~と思って最初は見てたけど


  
  地味だ地味だと思ってた大島優子が、突然、派手に踊りだして


 それを見たみんなが「おお~~~すごい~~」と驚く


  ってシーンあたりから、「んなんか変だぞ



 そんな、かっこえ~ダンスだったすか



  天海祐希が、実はブロードウェイには1回立っただけの


 落ちこぼれたスターだったってことがわかって


  それでいきなりバシッと平手打ちして「出てってくださいっっ


 
   え~~~~~ どんだけ肩書きに弱いねん


 合唱コンクールに、隣の市の女声合唱団の ・・・この団だけはほんとに上手い


  だけど、そこでソロを歌う「オペラ歌手」ってのが


 なんとかいう女優さんだよね 


  歌わせなきゃいいのに、これがまたドへたくそで


 あんなへたくそなソリストがおるかいな


  なのに、その歌を聞いて、みんなが「ほえ~~~すごい~~」とか言うわけ



 これじゃ~~~見る気も失せるわな~


  視聴率が悪いのは、何も大島優子のせいではないと思いますが。。。


 『ガリレオ』の時だったと思うけど、


   殺人犯のピアニストの役で、東儀秀樹 が出てたけど


  これがまた、ピアノの腕が素晴らしいのにびっくりしたけど


 そういう手を抜かないキャスティングが、ドラマの質を上げるんだよ



 近頃は、トップ視聴率をあちこちで誇ってたフジテレビの凋落が激しいらしい。。。


  そういえば、私も、朝は「めざまし」だったんだけど


 今は MOCO’Sキッチン見たさに「ZIP」→「スッキリ」つまり日テレだし


  「いいとも」も最近あんまり面白くない気がする


 今日も、最近やたら出てるメンタリストDaigo が出てたので


  またかよ~~それ、あんまり面白くないのに


 と思って、「ヒルナンデス」にチャンネルチェンジしちゃったもんな~


  それも日テレだっけ


 深夜番組もめっちゃ面白いのがいっぱいあるけど


  「アメトーク」とか「怒り新党」とか「スクール革命」(福岡は夜中にあってます)


 フジテレビには、これ!っていう深夜番組がないんだよ


  
 ま、これ以上テレビ漬けになるのも困るので、いいんだけどね


 
   

  
森 絵都 『ラン』
森 絵都 『ラン』


玉木宏の『Naked』で おススメの本 を特集した時に


  玉ちゃんのおススメの本として紹介されてましたね~~


 森 絵都さん 好きだわ~


内容紹介

もらった自転車に導かれ、異世界に紛れ込んだ環。そこには亡くなったはずの家族がいた――哀しみを乗り越え懸命に生きる姿を丁寧に描いた、感涙の青春ストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)
越えたくて、会いたくて、私は走りはじめた。直木賞受賞第1作。



 なんだかえらく簡単な内容紹介やな


まあね^^ 読み始めて最初の1/4くらいは


 主人公の「たまちゃん」←そういえば、ここもたまちゃんだ。環ちゃんだけどね



  家族を事故で亡くして、とにかく自分は不幸だと固い固い殻に閉じこもって生きてる。


 ・・・まあ、この時点で、自分と共感できる部分はないんだけど


 とにかくひたすら不幸なお話→不思議なチャリとの出会い→死後の世界


  →マラソン(


 という、なんとも先の読めない展開というか、


  まるで違うお話が始まったかのような、すっごい作りになってる。


 そういえば、タイトルの『ラン』は、「走る」のランなわけだ



  走ることどころか、歩くのも大っきらいな私。。。ここも共感できず


 だけど、主人公のたまちゃんも、もともと虚弱体質の運動音痴って設定だから


  もしや、「ランニングハイ」っていう言葉もあるくらい


 本当に走ることに目覚めたら、めちゃめちゃ気持ちいいのかも


   ・・・いやいや、この持病の腰痛と、ちょっと歩くと痛くなるひざ


 やっぱ無理だわ~~~


  と、やる前からあきらめる私なのでした



 森 絵都さんの作品は、共通して「がんばれ~~」ってメッセージな気がする。


  最後は心地いい涙がずるずるでしたわ




 
『メン・イン・ブラック3』
『メン・イン・ブラック3』


  いや~~いい休日でした


 先日、食のお祭りで安く買ってきたタコがあったので


  おにーちゃんとたこ焼きパーティ


 自分で作れば、中身もいろいろ


  ベーコン&チーズ とか、チーズを焼いて乗っけたり、


ソースだって、ねぎ塩とか、ゆず胡椒ポン酢とか うま~~い


 昼間っからついつい飲んで、気持ちよくなってちょっとお昼寝


  で、夜になってからレイトショーを観てきました


 次男ならともかく、おにーちゃんはなかなか映画にはつきあってくれないけど


  「MIB」は1も2も大好きだったので、誘ってみたら案の定OKだった


 ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズのコンビはやっぱ最高



  今回は、J(ウィル・スミス)の K(トミー・リー・ジョーンズ)に対するコンビ愛


 もう、なんだかかわいいのよ


  1も2も大爆笑だったけど


 私は特に、「2」の、フランク(見た目ブルドックの宇宙人)が、


  車の窓を開けて、なんだか演歌みたいな歌を歌うシーンが死ぬほど好き


 今回、フランクの出番はないけど


  少しえらくなった「J」の部屋に、大きなフランクの顔写真が飾ってあって


    おおお~~フランク そんなとこに。。。 って感じ


 「1」や「2」で、監視されてる宇宙人がモニターに映る中に


   マイケル・ジャクソン とか シルベルター・スタローンが映ってて


 はは~~ん やっぱりこの人は宇宙人だったのか みたいな^^;


  今回はそこにレディー・ガガがおりました。


   そういえば、1番宇宙人っぽいわな


 なんだか人間離れした「すごい人」はみんな宇宙人だと思えば納得もいくね


  となると、内村航平 とか  芦田愛菜 とかどうだ


 異常に手足の長い 富永愛 とか。。。





 今回は大爆笑ってわけじゃなかったけど


  そこはやっぱり違う意味で面白かったよ~~~


 人類が月に行った年 1969年に「J」がタイムスリップするんだけど


  アンディ・ウォーホルなんかも登場する


 きっと、にーちゃんはこの人知らんよね。。。と思いながら見てたけど


  私も6歳の時ってことだから、この頃の記憶ってあるようなないような。。。


 人類が月にロケットで行く。なんて、大、大、大ニュースだし

 
  きっと当時はものすごい大騒ぎだったはずなんだけど


   ・・・それこそ、スカイツリーのオープンどころじゃないはず


 だけど、そんな大騒ぎしてた記憶があまりない。もったいないことしたな~~



  最後には、え~~~っ そんな事実があったのか


 って、ほろっとさせるようなストーリー展開もあり


  これまでの、ただ面白いだけじゃない「ええ話やな~」になってました


 是非、ご家族で観てくださいな
『ダーク・シャドウ』
『ダークシャドウ』


  まさに、ジョニー・デップありきの映画やね


 200年も眠ってて、目覚めたら世の中はガラリと変わってて


  マクドナルドのでっかい「M」のマークの看板を


   悪魔のしるしと勘違いしたり


 やたらと言葉遣いが古臭いのを、じつはちょっと恥ずかしいと思ってたり


  なんともキュートな吸血鬼


自分を吸血鬼に変えた、超色っぽい魔女との激しい激しいえっちシーンとか


  ・・・とてもいやらしくはないが


 まあ、大爆笑ではないけど、ちょこちょこ、くすくす笑えるって感じかな



  ジョニー・デップとティム・バートンの作品には欠かせないのか


 あの、「アリス・イン・ワンダーランド」で頭の大きな女王をしてた


  「スウィーニー・トッド」では、ジョニーが殺した客の肉でミートパイを作ってた


 ヘレナ・ボナム・カーター


  オレンジの髪のやっぱり奇妙な博士の役で登場


 「キック・アス」で大注目の クロエ・モレッツ もまたまたいい味出してます
 

  
  いくらキュートでお茶目だとはいえ、やっぱりそこは吸血鬼


 お食事はしなくちゃいけないわけで、


  あちこちで人を襲っては、首筋をがぶり


 コメディな部分とダークな部分が、少々中途半端な気もしたけど


  まあ、安心して楽しめる感じかな~~^^


 なんたって、歳を取らない色っぽすぎる魔女が魅力的すぎる


  ・・・性格の悪さもピカイチ


 そして、スタイルのよさもピカイチだった~~~


 「007/カジノ・ロワイヤル」で、ジェームズ・ボンドが唯一愛した女性で出てた人だね



 それにしても、ジョニー・デップは、こういうキャラ似合うよね^^


でも、やっぱりキャプテン・スパロウが見たいなぁ。。。

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。