*All archives* |  *Admin*

2014/05
≪04  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   06≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡の観光地
 普段、福岡に住んでると、いざ友達が遠方から来た時に

   どこに連れていく 福岡って観光地ないよね と思いがち


 まあ、せいぜい「太宰府」くらい ま、太宰府はいつ行ってもハズレはないけどね

 
   だけど、千葉からやってくる姉は、「じーちゃんの入院」にかこつけて

 そりゃ~~~いろいろ調べてきてましたよ


  まず、開催最終日だったけど、「アクアリウム展」

fukuoka8.jpg  fukuoka2.jpg   fukuoka5.jpg


            fukuoka6.jpg  fukuoka3.jpg


fukuoka7.jpg  fukuoka9.jpg

  ものすんごく人が多くて、ひたすらキレイでした 


 次は 【福岡市博物館】 fukuoka12.jpg

  ついつい特別展しか観ないけど

   ・・・前に行ったのも「インカ帝国展」だった。玉木宏のナレーション目当てね

 今はちょうど特別展の入れ替わりの時期で(次は「サザエさん展みたい)

  
  おかげで初めて「常設展」を観た
  

   なんたって、今年は「黒田官兵衛」ですから

官兵衛の一生を表した博多人形に出迎えられ

  官兵衛が有岡城に幽閉されてる間にはげまされた「藤」の花をモチーフにした

   「黒田家の家紋」 とか

 黒田節の像で有名な 「母里太兵衛の槍」とか ←めっちゃでかい さすがもこみち~~

  
  あと、目玉としては 国宝 「金印」 

   展示の仕方もとてもおしゃれだし

 福岡の歴史をタッチパネルなんかを駆使して紹介してあって

  すんごい素晴らしいですよ
    
 
 文永・弘安の役・・・いわゆる元寇ね  の絵巻物をタッチパネルで説明してあって


   これが後にまた役にたつのだ

 博物館って閉館も早くて、17:30になった途端、さっさと追い出されて

  最後までじっくり見れなかったのがちょっと残念


官兵衛つながりで 【博多まち歩き】 ってのにも参加してきた

  fukuoka11.jpg

   福岡市観光案内ボランティアがやってる企画で、

 たぶん、いろ~~んなコースがあるんだと思うけど

   千葉のねーちゃんが見つけて予約したのは 「崇福寺の山門に入っちゃおうツアー

 そんなタイトルだったかどうかはわからんが


   崇福寺といえば、黒田 官兵衛はじめ黒田家の墓所があるお寺です

 山門も普段は全く解放してないらしく、今回特別に、ということでした

 
   岡田准一もお参りに来てた黒田 官兵衛のお墓がこちらfukuoka1_20140520232041c6b.jpg

  福岡まち歩き なのに、何故か佐賀から来たというボランティアのおじちゃんが

   ゆっくりじっくり丁寧にいろいろ説明してくれて、

     ぽちぽち歩きながらの博多散策はなかなか楽しいかったです~


  もういっちょ 県庁の展望室から見えたので急遽行ってみたのが

      【元寇資料館】 fukuoka10.jpg
 東公園の日蓮の像の前にあります

  だけど、めったに人が来ないのか、閉まってた

   で、社務所に声をかけたら、妙にイケメンの坊さんが出てきて開けてくれまして


 小学生の頃、祖原に住んでたので、元寇防塁跡 とかとても馴染みがあるしさ

  福岡市博物館で見てきた元寇の絵巻物がここにも おお~~~


 最後に足を伸ばしたのが  【志賀島】

 
   「金印」が発見された、砂州で陸続きになってる陸繋島ですな

 砂州の部分を車で走ると、すぐ右が海 すぐ左も海 という不思議な光景がなんとも

fukuoka13.jpg

   右端の方が細いのわかる? これは、潮見展望台からの眺め ちと寒かった

 他にも「金印公園」とか びっくりする量の「鹿の骨」をまつってる「志賀海神社」とかあります


   なんて、やっぱり若干地味な観光地が福岡にはある って話でした
 
  
  
 
   
 

      
 
 





  
スポンサーサイト
母の日と初任給
長男くんが社会人になって1ヶ月 

 ちょうど就職活動で福岡に帰ってきてた次男は

    「やべっ 母の日やけどオレ全然金ねぇよ

 と言って、何やら洗い物したり、洗濯物たたんだり、いろいろ手伝ってくれて

   何より本人が一番満足してた


 そこに、会社終わりで飲み会に行ってたにーちゃんが大きな箱を抱えて帰ってきた


  箱の中身は・・・

肩とか腰をもみもみしてくれる携帯型マッサージ器


  どんたくの日に、キャナルの中の免税店でよさげなのを見つけて

     「欲しいなぁ~~」 と耳打ちしてたのを、本当に買ってきた~~~母の日


  う~~ん 気持ちいい~~


   次男は 「くそっ 社会人が金に物言わせやがって


 いいぞ~~~ あんたも早く内定もらってこい~~



  で、明日がにーちゃんの初任給


 「オレさ~~高い店とか知らんけん、”てんくう”にでも行こう

   帰りはオレが運転するけん、おかあさん お酒飲んでいいよ」 だって


 ぬお~~~~
  

  あ~~育ててきてよかったよ~~

 彼女も作る気がさらさらないし、だらだらしてるし


   名前も、それこそ今お騒がせの「飛鳥 涼」からもらってつけたような長男やけど

   
     母は嬉しかよ~~~


 そうそう、飛鳥涼から名前をもらう前は、「セナ」にしようと思ったんだよね~~

     「瀬菜」 か 「瀬奈」 

 もちろん、アイルトン・セナから、なんだけど、字画が合わないってのと

  やっぱり事故で亡くなった人の名前をもらうのはどうかな~?と思ってやめたんだった


 その後、「ロンバケ」で拓哉ちんが「瀬名」になった時には、やられた と思ったけど


  ASUKAさんが覚醒剤で逮捕される人になるとは。。。とほほ


 チャゲアスのコンサートは、SMAPのそれより回数行ったかも?ってくらい好きだったんだけどな~

  


 
今日の戦利品
「のだめ」で玉木宏にはまるまでは、

  特定のタレントのグッズを買い漁るなんてことはしたことなかったけど

最近になってSMAP関連のDVDとか雑誌とか、

 BOOK OFFなんかでくっそ安くなってるのを発見すると

  思わず右こぶしを天に突き上げたくなる


戦利品1

 ふふっ 「Cut」と「南極大陸ドキュメントブック」は各108円


  「ヤマト」のDVD-BOXは2890円

 本編のみのDVDは持ってたけど、これには特典DVDが2枚と 

   ・ブックレット
   ・100ページを超える絵コンテブック
   ・古代進のドッグタグ
   ・戦闘班ジャケットタイプ携帯クリーナー付きストラップ 
   ・立体フォトカード + フォトスタンド
   ・地球防衛軍エンブレム入りパスケース


 なんと贅沢な  こんなのがまだ新品同様で残ってたなんて~~


   特典映像の木村くんは、相変わらず超絶かっこいいしさ~~~

きむら38

  ↑監督とトークしてる拓哉くん 目がキラッキラなのだ


 完成披露試写会の時に、登場した木村くんの腕を掴んで離さなくて

  テンションあがりまくってる大馬鹿もののおばさんが映ってるのに1番驚いたかも
  
 あんな非常識なヤツがスマオタにもいるんだな。。。


 
  さて、それと、「武士の一分」のスペシャルBOXですよ~~~


 戦利品2


   メイキングと、木村くんの撮影中の私服が毎日見れるっつー垂涎もののDVD


 DVDだけは持ってたんだけど、

 
   一分Tシャツとストラップも入ったこの箱・・・なんと500円だったのだ~~~~

  3つ出てた。3つ買ってきてもよかったくらい。

    だけど、誰か私みたいにきゃ~~~ってなる人もいるかも


 Tシャツは、今年のスマLIVEにでも着ていきましょう


  今日も入院中のじーちゃんのところに行ってきたけど

 ・・・食後、入れ歯を洗ってあげて、お口くちゅくちゅさせただけだけどね


 きっとじーちゃん、今日も私が来たこともすぐ忘れてんだろうな~~


  ほんとに、スマさんたちがいなかったら、やってらんねーぜ

 
じーちゃん手術する の巻
 手術と言っても、お腹をざっくり切る系ではなくて

最近は心臓の手術ですら「カテーテル」とやらを使ってメスを入れずにやっちゃうもんね


 じーちゃんも、足の付け根から肝臓まで、血管にカテーテルを入れて・・・ってやつ

 
  肝臓の腫瘍の部分に血が入らないようにフタをして「腫瘍を壊死させる」と共に

 抗がん剤も注入しちゃおうって作戦だそうで


  ほんと、医学の進歩ってすごいな


 だけど、「ボケ」ばかりはどうもならん というか


 ボケちゃうと、治療もままならんってことが今回わかりまして


なんたって、針が体内を進んでいくわけだしさ


  動いて他の臓器を傷つけて大出血なんてしたら、その場でおだぶつかもよ

  
 って、担当のお医者さんからも釘をさされてたのに


 何度説明しても、すぐ状況を忘れてしまってて


  「オレはなんでここにおるんか~?」


 「どこも悪くないのにひどいことされる~~」とか


  自分が何の病気か、何度も話したのにわかってないし


だから、動くなって言っても、平気でゴソゴソ動いちゃうのよ


 一番大事な治療の時に、10~15秒 息を止めておいてね って言うけど

 この、息止めができないのよ


  なんたって、なんのためにそんなことしないといけないのかを忘れちゃってるから


 「はい~~息止めてくださいね~」って言われても、「なんでやねん?」で協力しないわけよ
  

  ボケる って、いろいろ自分に都合の悪いことをすっかり忘れてしまってて


 ある意味、幸せやな~と思ってたけど

  治療する医者からすると、とんでもなく迷惑な話のようで


今後の治療はどうするかは、もう家族で決めるしかないみたい。。。ふぅ


 あ、そんなこんなでえらいバタバタしてました。

  というか、じーちゃんの入院で、千葉から姉が帰ってきてて

我が家に泊まっていったために、「お片づけ」と「福岡観光」と「福岡食べ歩き」が忙しかったわけですわ


 今回新しい発見もいろいろあり それはまたおいおい。


 

  
ウィーン少年合唱団
最近ほったらかしすぎてるauの方の携帯を久しぶりに見たら


 大学時代の1コ下の後輩くんから着信が入ってた。


  仕事の関係で「ウィーン少年合唱団」のチケットがあるんだけど行けるって


  「月末だし、明日だし、急だし。。。」って。。。


    
     大丈夫


  S席6000円 A席5000円 だよ そんなラッキーな話に乗らんわけないやん


ウィーン少年合唱団

   ウィーン少年合唱団のコンサートを観るのは3回目かな~


 今回は、そのうちの「ハイドン組」の子たちです



  いきなり座席の左右の扉から登場


 歩きながら、万雷の拍手の中、よく歌えるな~~



  最初の方は若干の乱れとか、ちょい走る感じがあったりしたけど


それも逆に子どもらしい、というか、天使のなせる技



 コンクールの課題曲だったっけ って曲を含め


「サウンド・オブ・ミュージック」から


  「サウンド・オブ・ミュージック」「ドレミの歌」←うちらが歌ったのとえらい違う本場や

  「エーデルワイス」←アコギを弾きながら見目麗しい少年が歌う って。。。むきゃーー


 それから ビリージョエルの「ウィーン」と「ザ・ロンゲスト・タイム」


  学生の時、追い出しコンサートで男声がアカペラで歌ったっけ


 今回、誘ってくれて、隣に座ってた後輩くんもその時歌ったメンバーだったし


     懐かしい~~


 で、このLongest Time にはミュージカル的な振り付けが付いてて


   とってもエンターテイメントな仕上がりでした



 
 第2部は <世界の歌> と題して


  「流浪の民」←やっぱ原語はいいわ 


~オーストリア「ハスルー谷にて」 「フルヨイ」 ~イスラエル「オセー・シャローム」


 ~ペルー「コンドルは飛んでいく」~北アメリカ「シェナンドー」


  ~南アメリカ「センゼニナ」~南アフリカ「ホーヤ・ホー」~インド「ナモ・ナモ・マリア」



 と歌の世界旅行


 アルトから2人 左側2階席にスタンバイ


  ソプラノから2人 1階客席中央右側よりにスタンバイして


 まず2階の2人が歌い、1階中央の2人が歌い←この子たち超絶上手い


  それからステージの子たちが歌い、みんな一緒に歌い


 最後に2階の2人と1階中央の2人が同時にハモるんだけどさ



  倍音が頭上後方からも聞こえてくるから、もうとてもとても美しくて


 キラッキラの声がドームの天井がら降り注いでくるような感じ
 

  いやいやいやいや。。。ほんとうに素晴らしかった


 あと、インドの歌、よかったな~~歌ってみたい



 <日本の歌> は

 
   「花は咲く」「ふるさと」「ひこうき雲」←こんないい曲だったっけ


 最後に


 中国系?の指揮者(カペルマイスター)が
 

 「私たちにとってシュトラウスの曲を歌うのは特別な意味があります」とスピーチして


   『春の声』 『トリッチ・トラッチ・ポルカ』 『ラデッキー行進曲』


 「春の声」と「トリッチトラッチ」はこないだトニカの定演でも歌ったけど


  やっぱ本物はすごい。言葉がまずきれい


 トリッチトラッチのスピードの速さにもびっくり 私には絶対無理~~~~~



  ピアノ弾きながらの弾き振り なんかかっこいいよな~~~



 主催企業さんのご招待だったので


  終了後に団員との交流会にも参加できるってことだったけど


 連れの後輩くんも上司の代理だし、私はさらに代理の代理なので


  さすがに交流会は遠慮して帰ってきてしまったのがちょっと残念だったなぁ。。。


 
 歌ってる子たちの顔はほとんど見えてないんだけど


 どの子もバリバリソロを張れる素晴らしい声してるんだけど


  特にソプラノの ガブリエルくん


 この子、とんでもない子だよ~~~


  
  日系の子も1人いたよ アツシくん


 毎日違う場所にいる僕たちは「流浪の民」です。って言ってた。


4/26スタートで、この後、6/15東京オペラシティコンサートホールまで


 全国31公演するみたい。



 天使の歌声は、濁ってくったくたの心と体をじゃぶじゃぶ洗濯してくれますよ~~~
  




プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。