*All archives* |  *Admin*

2015/03
≪02  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   04≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
村上春樹 『アフターダーク』
村上春樹 『アフターダーク』

 
   あ~~びっくりした  

 村上春樹って結構苦手なはずなのに、つい手に取りたくなる。

  で、読んでみて 「やっぱりなぁ。。。」と思う。


 とりあえず、読んだことを忘れないように、ブログにでも書いておこう

  と思って表紙の画像をアップロードしてて気が付いた


   これ、読んだことあったんだ


 2010年7月に読んだ感想を記事にアップしてるやん


   読んでる間に、「もしかしてこれ読んだことあったっけ」って確かにちらっと思った。


 思ったよ だけど、こんなに印象に残ってなかったんだ


  その時の感想を読んだら、今回読んだ感想と全く一緒でしたね


    ・・・何も解決してないじゃん  みたいな


 つまり、5年前から私もちっとも成長してないっちゃろーね


   やっぱさ~~~ミステリー好きだしさ

 東野圭吾とか、最後の最後、残り2ページくらいでも、きっちり全て回収してくれるやん

  あのスッキリ感が好きなんだよね


 たださ~~ 「村上春樹が好き」 = 「インテリ」 みたいな雰囲気出すのやめてくれんかな


   まあ、国語の教科書で扱うのにはいいと思うよ

 
  ここの表現は、作者は何を言いたかったのでしょう みたいな。。。


   あ~~ちきしょー ヤラレタ感はんぱね~~


 そういえば、そうこうしてる間に1つ年をとりました。


   SNSが発達して、ほんと久しぶりの人からもたくさんお祝メッセージをいただいて

   
     ありがたいっす

 
  ちょうど、おかあさんコーラスの練習日と重なってたのもあって、


    みんながハッピーバースディを歌ってくれて、ハモってくれてさ

 
  人に歌ってあげることは多いけど、自分の誕生日に歌ってもらうのって、こんなに嬉しいんやね


  地下鉄サリン事件から20年 ってのも昨日でした。

 なんか、村上春樹の作品で地下鉄サリン事件を扱ったものがあるらしいやん


  今回、特番も2つも観たし、懲りずにまた村上春樹に挑戦してみっかな~~
   
スポンサーサイト
冬ドラマ
今期の冬ドラマ そろそろ最終回ですね~


  やっぱ断トツは 『銭の戦争』 じゃないですか

2015-03-15_205114.jpg


  ハラハラドキドキするし、きゅんきゅんシーンもあるし

 やっぱつよぽんの演技は毎回こちらの期待のハードルを軽々と越えられて

 
   いい意味で裏切られまくりですわ

 
 全然スマオタでもない人から 「普段はぽよ~~んとしてるのに演技させたらすごいよね


   なんて、お誉めのお言葉もいただいちゃったわ


 脇をかためる人たちもやたらと好演

 
   渡部篤郎 怖いよ~~~とにかく怖い

 それから ジュディオング 迫力あるよね


 ういんでぃずぶろーいんふろむじえーいじゃーーん

 
   って、当時、おふくろさんが好きでよく歌ってた。

 お風呂で 「ういんでぃ~~」 って言ったあたりで 「おーい」って呼ぶから何

  と行ってみると 「続きなんだっけ 」って何回も聞かれたな~~


 SMAP×SMAPのコントでそれが観れて妙に嬉しかったのだ

 
   もう次回が最終回かな  どうなるっちゃろ~~


 水曜10時 『残念な夫』

2015-03-15_210353.jpg


  元、玉木宏オタとしては観ないわけにはいかんし

 最近の玉ちゃんのビジュアルすごいいいしさ


  観ながら 「かっこいい~~」と思ってたけど。。。

      4話あたりで挫折

 仕事を家に持ち帰った旦那に、「家庭は仕事するところなの?家族といる場所じゃないの?」的なことを

  育児でへろへろになってるかしらんけど、ヒステリックにわめく奥さんに


   すっかりイラッイラして観てて気持ち悪くなっちゃって・・・で、観るのやめた


 で、途中からなんだけど、裏の 『○○妻』 を観てます。

 2015-03-15_211456.jpg

  ま、正直、どうしてあそこまで視聴率がいいのか少々疑問

 そこそこ面白いけど。。。黒木瞳のイケイケかーちゃんぶりと、

   ヒガシのかっこいいのかダメダメなのかよくわからんとこと。。。

 きっと最後までは観るけどね


 そうそう 『ウロボロス この愛こそ正義』

2015-03-15_212041.jpg

   生田斗真も小栗旬も好き  上野樹理もね

 若干ストーリーがしつこいけど


   ・・・黒幕はこいつか と思ったら、実はその後ろに更なる黒幕がいて・・・

  の繰り返しだもんな  

   なんでそこまで復讐に燃えるんかいまいちわからんし。。。


 って部分もあるけどね 主題歌もね

 
   『流星ワゴン』

 2015-03-15_233509.jpg

  何話目だったっけ コトー先生の息子が成仏しようとしてまた戻ってくるってシーン


    寒そうだったな~~~ 俳優さんたち大変だな~と真剣に思ったわ

  重松清はいいですよ どの作品もほっこりしたりほろっとしたり

 
   だけど、1度当たったからって、その作家の原作をかたっぱしからドラマ化するのって何

 1番顕著なのが 池井戸潤 ね


  池井戸潤を堺雅人にやらせとけ みたいな雑なことはやめてほしい


 それにしても、西島秀俊と香川照之って、ついこないだはスーパーハードボイルドだったのに

 
   ・・・えっと。。。「MOZU」だったね

 
 ま~~これまた全然違う役柄で、やっぱ引きこまれるわ


  演技力で魅かれるといえば・・・『ゴーストライター』2015-03-15_234640.jpg


   途中3話くらい見逃したけど、全然大丈夫

     
      中谷美紀は日本の至宝だな  かっこよすぎる


 さて、バタバタと最終回を終えて、特番シーズンに突入したら

  番宣で木村さんもいっぱい登場してくるぞ


  雑誌祭りもスタートするし、ハードディスクも整理して、4月の何日スタートだろう


     楽しみだ~~~~ 

2015-03-15_235246.jpg

 


 


 

沢木 冬吾 『約束の森』
沢木 冬吾 『約束の森』


  毎度おなじみ 「中居文庫」 より ご紹介いただきまして・・・

  
    まあ、中居くんが特別におススメ って感じではなかったけど

 
 本を勧めてくれるのはありがたいよね この人の作品初めて読んだもの。。。


  内容(「BOOK」データベースより)
警視庁公安部に属していた奥野侑也は、妻を殺人事件で亡くし、退職を決めた。以降、人知れず孤独に暮らしていたが、かつての上司から北の寂れた土地でモウテルの管理人を務めてほしいと依頼され、任地に向かう。そこで待っていたのは、見知らぬ若い男女と傷ついた一匹の番犬だった…。



  表紙をめくって最初に、登場人物の紹介と、舞台になるモーテルの周辺地図があり


 つまり、登場人物が多くて、誰が誰かわかんなくなる。


  組織がいくつか出てきて、誰がどの組織の人なのか


 そもそも、それぞれの組織の目的がわかんないから

      ・・・そこんとこがミステリーではあるんだけど


 文字も多いし、読み終わるのに結構時間かかった~~


  これは映像で観たい


 警察犬の映画、なんか観たことあるけど


   市原隼人が出てたやつ イマイチだったけど

 あれよりかはうんと面白いと思う


  何故か放置されていた警察犬マクナイトを訓練するところとか後半のアクションとか、


 最初から映像化することを想定して作品を書いているのか。。。

 
  作者の頭の中には、完全に映像化されたものがあって、それを文章にしてるだけなのか・・・


 主人公の 奥野侑也 は、成人した娘と息子がいるってテイの設定だから


  なおかつ、ちょっとハードボイルドなイメージで、アクションもできる人。 誰


 まあ、こないだあってた 『Nのために』 みたいに

 
   湊かなえの原作は、


    「なんだかいつも通りだし、今はいつ?どこ?って感じでさっぱりわかんない」


 と思ったけど、ドラマになったら、なんたってキャラクターが1人ずつすごいわかりやすいし

 
  見てれば、今は高校生なのか大学生なのかすっかり大人なのか


 一発でわかるんだもんね

 
   榮倉 奈々がまた、ちゃんと高校生に見えるし、OLにも見えるし

 
 『花子とアン』 終了後すぐだったから 朝市でブレイクの 窪田正孝(成瀬くんっ)  

  兄やん な 賀来賢人
 

 2人ともすんごくよかった。それと、チュート徳井さん 悪い人だった~~怖かった~~

    脚本もよかった。原作の100倍面白かった


  原作を読んだ上で、映像化されたものを・・・

 
    ①やっぱ観たい

    ②ストーリーがわかってるからもう観なくていいや

    ③逆にがっかりしそうだから絶対観たくない

 
 どれに転ぶかはそれぞれの理由があるとは思うけど


  先日深夜にテレビであってた 『さよならドビュッシー』はよかった~~

 原作も面白かったけど、本物の音楽が付くことで映画は10倍よかった


  それを考えると、今上映中の 『くちびるに歌を』

  
    どうしよう。。。観ようか観るまいか


  『暗殺教室』 ・・・何故映像化した 絶対変だろ

    カラスマの 椎名桔平は合ってると思うけど。。。


 そしてそして 4月スタートの 『アイムホーム』


   あえて前もって原作は読まずに待機します


 木曜9時なので、ちょうどおかあさんコーラスの方の練習時間とかぶる


   4月12日にコンサートがあるので、絶賛練習中だけど

 それが終わったら、6月いっぱいまで休部されてもらうことにした


  テレビの前で正座して待ってます。たっくんかも~~ん

2015-03-15_013250.jpg



 
   


『アメリカン・スナイパー』
『アメリカン・スナイパー』

  
   震災から4年たった今日、「3.11」の検索をするくらいしかできることのない私は

       実話の戦争映画を観てきました


 最近ハリウッドでは脚本不足というか、「実話物」ばっかだって話だけど


   「小説よりも奇なり」だよねやっぱ


 実際の「クリス・カイル」にあまりにもそっくりな ブラッドリー・クーパー
  

   だいたい外国の人の顔の見分けがつかないからなのかもしれんけど

 
  でも、この人、『特攻野郎Aチーム』 のイケメン担当の人だよね


 映画の中でも、最初はわりとほっそりしてるのに

  
   シールズに入隊して訓練をしてるうちにどんどんマッチョになっていってさ

 
   どのくらいの期間で撮影したのかしらんけど、あんなに身体を改造することができるわけ


 それと、奥さんの出産間際のお腹

   
    ・・・あれは特殊メイクですかね~~


 それと、敵方のオリンピック射撃の代表だったっていう凄腕スナイパーの人

 
   まつげがくる~~~ん ビューラーでもあんなに巻けんだろ

 
 もしや、ライフルの照準のとこに目を当てるのに、まつげが邪魔にならないようになの

 
   ・・・なんて、変なトコが気になったりして


いやいや、そんなどうでもいいトコは気にしなくていいから

 
   是非みんなに観てもらいたい


 ものすごい砂嵐の中を逃げまどう人たち。


   視界もままならない中、銃声が響く・・・けど

 よく敵か味方か見分けがつくよな。。。


  てか、敵って誰 誰と戦ってるん 何のために


  どんどんわからんくなるよ


 すっごい昔、25年くらい前かな~
 
 
   『レニングラード』って名前の、やっぱりスナイパーの映画を観たことがあった。


 ただ、ひたすら地面に伏せて、敵の頭をぱすぱす撃ってく映画


   すんごい気分が悪くなった記憶がある。


 でも、この 『アメリカン・スナイパー』は、淡々とその事実を追ってるようで

 
   戦争によって蝕まれていく「心」みたいなものも描かれてて

 
  きっと、アメリカ人と、戦争をしない日本人とで、感じ方は違うと思うけど


     ・・・なんかよかった。いろんな意味で


 クリント・イーストウッド監督だった。この人、役者の時より、監督業いいね

  

   エンドロールが、真っ黒な背景に白抜きの文字だけで

 
 BGMもなんにもない、全くの無音の中流れていくのが

 
  なんか新鮮で逆にすごいインパクトがあった。そこに監督のメッセージがあるような。。。


 
ガウディ×井上雄彦 特別展

 もういっこ長崎ネタ

息子がバンドの練習してる時間があるっていうので

  んじゃ~~その間、おかあさんは「ガウディと井上雄彦の。。。」と言いかけたら

 
     「オレもそれ行きたいけん、次の日に行こうぜ


  って・・・息子も興味があったんだ。。。だって、井上雄彦だもんね

 今までたくさん漫画も読んできたけど、

   たぶん1番好きなのは 『SLUM DUNK』と公言している私ですから

 もちろん 『バガボンド』 も好き


美術館3

   あ。。。長崎は今日までだったのか・・・

 長崎県美術館っていいよ このあと、木梨憲武展もあるみたいだった
 

美術館4美術館1

 何故に井上雄彦とガウディ と思いつつ

 
   会場入ってすぐに、ガウディの幼少期を井上雄彦が描いた原画が並ぶ

 
 中には、大きな白い壁面に直接鉛筆で描いた作品とか


  基本、水墨画みたいな白と黒のみの絵・・・バガボンドを思い出すわ


    でさ、ガウディが建築士の資格を取った頃?取ったあとかな?

 教会の設計図 というか、デッサンがあるんだけど


  それを見た時に、「なるほど、井上雄彦ってガウディをほんとにリスペクトしてんだな~~」

   
     と思った。

 
   もうその作風が、まんまなの 井上雄彦が描いた絵かと思ったもん


  あと、ガウディの建築物 ・・・ほぼ世界遺産 の模型とか

 写真とか、門扉とかとにかく素晴らしい~~~~


   スペイン行きたい~~~


 ガウディがデザインした椅子(のレプリカ)が置いてあってさ

 
   座り心地良すぎて、ずっと座ってたい

 
  あと、「取っ手」ね 握りやすい


 会場出口の所にあるグッズ売り場では、ここでしか買えないコラボ商品がいろいろあって

 
  どれもすんごいアーティスティックで、ものすごい購買意欲に駆られるものの

 
   結構お値段が高いのと、息子が横からブレーキかけまくるので

 
 チケットファイル(便利かも~~)だけ購入 250円也

  美術館5

   ガウディが設計したマンション 「カサ・ミラ」 の外観です。


 ガウディといえば、「サグラダ・ファミリア」が有名だけど


  その完成予想図がCGで映し出されてた。

  
    今の状態の方が私は好きかな

 208.jpg


      1階に降りたら、

  長崎大教育学部(のたぶん音楽科)と活水の音楽科の子たちがコンサートしてた


 マツコみたいなガタイの女の子が登場して歌ったけど、綺麗なソプラノだった~~

 
   で、そこでも美術館のグッズが売ってるんだけど

 井上雄彦グッズがいろいろ・・・


  それこそ、スラムダンクのグッズや・・・流川はやっぱりかっこええ

     みっちゃんのグッズもかわいかったよ~~

 1番欲しかったのは、1番むさっくるしい時期の武蔵と おつう のイラストが入った「てぬぐい」

 
  でも、どうせ使わんやろ 1200円もするし と息子に却下されちった


 この展覧会 長崎は終わっちゃったけど、このあと 兵庫県立美術館 であるみたい

 
   よかよ~~~ めっちゃ よかよ~~~~
  


  





 
猪ノ口屋
今回長崎に行ってきた1番の理由は、ランタンフェスティバルじゃなくて


  次男くんが3年ほどバイトしてお世話になった 『BAR猪ノ口屋』 でお食事して

 おかみさんにご挨拶してくる ってことだったのですよ


  路電で 「公会堂前」で降りたら徒歩3分くらい


 ファミリーマートの角を入ったところにあります。


 店構えからもういい感じ 猪ノ口屋


 入口がワインセラーみたいになってる~~ 猪口屋3


  古~~い民家をそのまま使ってる感じだから


洗面台が田舎のおばーちゃんちみたいでたまらんすよ

 ほら~~
 178_convert_20150307231040.jpg


 お部屋も中庭も、坂本龍馬がいた時代に来たみたい168_convert_20150307230638.jpg
169_convert_20150307230714.jpg


 さて、お料理は、息子がまかないで戴いてたものとか

  冷めたものしか食べたことなかったものとか(

基本、息子のリクエストでオーダー

 171_convert_20150307230824.jpg  やっぱまずお刺身でしょう

 さすがに長崎 新鮮でぷりっぷり でもこれだけで1800円くらいせんかったっけ?

 だいたいのメニューがその辺の居酒屋よりかちょいお高めではあります

170_convert_20150307230742.jpg  息子おススメの「猪ノ口屋オリジナル パテ」

  なんだか息子の方に向いてるんだろな 写真がわかりづらい

172_convert_20150307230851.jpg  これ、すっごい美味しかった

  「豚バラ肉と厚切りポテトのオイスターソース」 自分でも作れそう


174_convert_20150307230928.jpg  「アボカドの炒め物」 ソースがミソだよね 

   ん いやいや、味噌じゃないよ わさび醤油みたいな感じ


175_convert_20150307231009.jpg  「豚肉とトマトのチーズ焼き」

  これも美味しい~~~ これも自分で作れそう

176_convert_20150307231630.jpg チーズの盛り合わせ

    ・・・美味しいんだけど。。。めちゃめちゃワインが飲みたくなる。食べきれん

179_convert_20150307231542.jpg 結局、1番最高に美味しかったのがこれ

   豚バラチャーハン  もうなんでこんなに美味しいの

 和食系を作るシェフと洋物を作るシェフがいるらしくて

 
   息子はそれぞれの料理を作った人がわかってて

    
     「さすがやな~~」って感心しきりでした


 お酒は3杯ずつ飲んだだけだったけど

  2人で 10,770円払った まあまあ結構なお値段でした


 3000円のコースとかもあるのでそれもいいかも


 もう息子はバイトを卒業しちゃったけど

      恋人どうしでしっぽり飲むのに超おすすめします~


 
長崎ランタンフェスティバル
息子が長崎にいる間に、長崎の祭りを全制覇するつもりだったのに


  早くももうすぐ卒業


 結局、「帆船まつり」だけ、息子と見に行けたんだっけか


  で、2回目だったけど「ランタンフェスティバル」覗いてきた~~

190_convert_20150303232500.jpg 町はず~っとこんな感じだし

193_convert_20150303232627.jpg

  豚の顔がずらっと並んじゃってるし

212_convert_20150303232729.jpg

 中華街前の公園はこんなド派手なランタンで埋め尽くされてるけど

183_convert_20150303233100.jpg

  川面に映るランタンの灯りがものすごく情緒的でさ


 観光通りにある「くじら」屋さんで「くじらカツ」買って、

  浜屋の地下で「ハトシ」(もちろんエビ)買って

    岩崎本舗の「豚角煮まん」の試食をもらって


  中華街で 「小籠包」と「豚まん」と「中華おこわ」買って


 息子と、美味しい美味しいって食べながらぷらぷら祭りを見て回るのは

  
   ほんと楽しい~~~ やっぱ長崎いいわ


 5~6年前に、違う人と1度行ったことあったけど

 
  とにかくド派手なランタンのオンパレードより

 薄暗いぼんぼりの灯りだけのお寺がものすごく感じよくて


  それがたぶん 「興福寺」 と 「唐人屋敷跡」

今回、興福寺には行けなかったけど

 すでに歩き過ぎて悲鳴を上げてる足にムチ打ちながら唐人屋敷には行ってみた。

238_convert_20150305183840.jpg

    
 細い路地に薄暗いランタンがず~っと並んでて

  
   「千と千尋」の世界みたい


 階段を上った先に古い寺院があるんだけど


  前に行った時は、こんだけ地味だとかっこえ~~~ と思ったのに


 今回、ここに4つある寺院がことごとくサーチライトを浴びて煌々とライトアップされてた


   あかん これはあかん


 情緒もへったくれもないっつーの


   実行委員会のみなさま ご一考お願いします


 ま、唐人屋敷跡に上がっていく入口あたりに出てた露店で売ってた(たぶん売ってた)


   矢吹丈に免じて今回は許しちゃる233_convert_20150305184609.jpg



『ジョーカー・ゲーム』
『ジョーカー・ゲーム』


  久しぶりすぎて何から書いたらいいやら・・・ 

で、とりあえず半月前に観た映画


  原作読んでて面白かったし 亀梨くんは嫌いじゃない。激アツ木村担の子だしね


まあ、なんちゃってイケメンなとこが残念だなぁ。。。って部分も多数ありましたが


 原作でも面白いと思ってた 「スパイ研修」の場面とか

 
    ・・・まあ、んなわけねーだろ だけどね


 小出恵介もなかなかおいしい役だし、


  童顔なのにカラダはエロい深キョン 不二子ちゃ~~~ん でした。


 なによりも伊勢谷友介がかっこよすぎて こりゃ、亀ちゃんの立場ないですなぁ。。。


 てか、原作でも、伊勢谷友介がやってたキャラクターの方の印象しか残ってないからな


 全体的には、ちゃんと裏切られるトコもあるし、スパイ映画ならではのドキドキハラハラもちゃんとあり


  あ~おもしろかった で終わるかと思ったら・・・


 エンドロールとともに流れてくる音楽がさ


   KAT-TUNの新曲 たぶん、テレビで1度見たと思うんだけど

 「DEAD OR ALIVE」 だよね?


  テレビで観た時は、ダンスもかっこいいし、田口かっこいいやん なんて思ったけど


 せっかく 伊勢谷友介 と 小澤征悦が渋くかっこよく最後のシーンをしめると思いきや・・・


  そこで流れてくるカツンの声がさ、なんとも幼くて がっかり感がハンパなかった


 なんだろな~~ その後にまた、続編に続くのかな?と思わせるようなシーンが映るので


  無理矢理 その音楽に慣らされてくる感じだけど


 亀梨くんが出てる映画だからって、無理にKAT-TUNの曲なんかにしなくてもよかったんじゃない


 一瞬でその作品がずっこけていく様は衝撃的よ


 他の出演者にも悪いよ


  
   こういう所がジュリーのダメなトコだよね


 ついでに言わせてもらうけど、


  日本アカデミー賞の主演男優賞を事務所の意向とやらで辞退させておいて


 岡田准一にはちゃっかり受賞させてさ 


  木村拓哉は賞から逃げ出した。岡田准一はキム○クを超えた。みたいなフダけたことを

 クソマスコミに書かせて、「ウチの子が1番よ」的な情報操作をするのはやめてください。


  事務所に足蹴にされるSMAPってどんだけ


 もう事務所から出ればいいのに とかも思うけど


  これまでのSMAPの歌が歌えない、とか


それよりも、とにかく義理がたい人たちだから、今まで世話になった事務所を出て行くなんてこと


   しないんだろうな~~


  
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。