*All archives* |  *Admin*

2015/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
京都!
毎年、夏に湯布院あたりで、学生時代の友達と「合宿」と銘打ってお泊りするんだけど


 東京在住のヤツと、滋賀在住のヤツがなかなか参加できないので


もっと中央で旅行できたらいいね~~と計画して、ついに京都旅行が実現した


 仕事が入って行けなくなった1人を残して、7人で京都駅で待ち合わせ


  福岡から、大分から、耶馬渓から、別府から、東京から、近江八幡から


それぞれフェリーや新幹線やバスで集合して。。。ってすごくない


  全く土地勘のないヤツらばかりなので、なかなか会えないってね


まず、宇治へ

 
  老舗のお茶やさん 「中村藤吉本店」へ 488_convert_20151029225737.jpg


  小顔でイケメンの外人の店員さんに美味しい煎茶の淹れ方を教えてもらいながら


 樹齢うん百年のくろ松とか495_convert_20151029230503.jpg


  古い古い風情のあるお店の中で 503_convert_20151029230159.jpg
 待つこと1時間・・・

497_convert_20151029230006.jpg    498_convert_20151029230027.jpg              499_convert_20151029230044.jpg


  茶そばいろいろ どれも美味しかったよ~~

それから、なんたってスイーツ

500_convert_20151029230100.jpg    501_convert_20151029230116.jpg             502_convert_20151029230135.jpg


  いやいや、待った甲斐がありましたわ  美味しいもの食べてる時って

      どうしてこんなに幸せなんだろ


 すっかり時間を喰ってしまったけど、ここから歩いて10分(もないかな?)


   平等院鳳凰堂 

655_convert_20151029232526.jpg     654_convert_20151029232506.jpg     519_convert_20151029231549.jpg    509_convert_20151029231514.jpg


  美しいたたずまいですね。。。 

鳳凰堂内部を拝観するには、1時間半の待ち時間があったので、外から観るだけにした


  けど、隣りに「平等院ミュージアム鳳翔館」ってのがあって


52体の雲中供養菩薩像とか b4_3.png こんなのとか
b4_2.png こんなの


とか、壁や扉の絵が再現されてて、

 
  つまり、「極楽浄土」そのものだっていう説明には、ものすごく納得しましたです。はい。

2015-10-29_233830.jpg


  しかし、こんな見本のような写真は、どこから撮ったらいいんでしょかね


 ここまでで予定の時間を相当押してしまった私たち。。。


  本当はこの後、「東寺」に行く予定にしてたんだけど


 京都駅に戻ってきた時点で15:50  東寺の拝観受付終了が16時


   間に合わない~~~~ 行きたかった~~~


 けど、しょうがない。まだ拝観できるところはないか、ipadさんに聞いてみたら


  「西本願寺」がHIT よっしゃ~~~行くぜ~~


 ですが、続きはまた今度にしよう。来週、姪が旦那さん連れてやってくる。お掃除しなきゃ~~





 





 
スポンサーサイト
『図書館戦争 THE LAST MISSION 』
『図書館戦争 THE LAST MISSION 』

 岡田くんはかっこいいな ほんとかっこいいな ちっちゃいけど


 榮倉奈々がでかいからさ 絵が面白い


 ものすごい見上げてるもん。笑えるシーンあるよ~


  ちなみに田中圭も、福士蒼汰も背が高いもんね~~ かっこいい


 てか、最近 田中圭 好き~~


 やたらあちこちで見かけるよね


 今期のドラマで言うと、5時から9時 正直、山Pより、もこみちよりかっこいい


こないだまで「HEAT」にも出てたっけ。。。


  でも、この「図書館戦争」の小牧役は最高によい


 まりえちゃんとのスピンオフドラマがテレビであったので満足したわ~~



  で、『図書館戦争 THE LAST MISSION 』


 原作を読んでた時に頭の中に浮かんでた映像がそのまま来た って感じでした


裏路地な感じとか、1作目の時よりも戦闘がめっちゃ激しくなってる感じとか


 映画のスタッフもすごいんだろうけど、有川浩の文章力もすごいんだろね


  スピンオフドラマの中でまりえちゃんが持ってた本が、原作では「レインツリーの国」で


今度、それが玉森くんで映画化されるわけで・・・


 図書館戦争も原作は全6巻だっけ それ以外にも登場人物が出てくるものもあるしね


 玄田隊長と編集者の彼女とのあれやこれやも面白いんだけどな~


  でも、映画化はここまでなのかな~ 堂上と郁が結婚するまではやらないわな

 
  
有川浩 『明日の子供たち』
有川浩 『明日の子供たち』


  内容(「BOOK」データベースより)
三田村慎平・やる気は人一倍の新任職員。和泉和恵・愛想はないが涙もろい3年目。猪俣吉行・理論派の熱血ベテラン。谷村奏子・聞き分けのよい“問題のない子供”16歳。平田久志・大人より大人びている17歳。想いがつらなり響く時、昨日と違う明日が待っている!児童養護施設を舞台に繰り広げられるドラマティック長篇。



   有川浩の作品はオールクリアしとかんと って人なので

 図書館の棚に見つけた時は、ソッコー借りなきゃなのだ どうせすぐ読み終えるもんね


  で、期待を裏切らない面白さでした 


 「児童養護施設」のお話。


  ドラマでも、養護施設の話は昔からほんとに多くて

 慎吾ちゃんの「未成年」も、拓哉くんの「エンジン」も、

「古畑任三郎 VS SMAP」でもSMAPは養護施設で育った仲間って設定だったくらい


  そして、昨年?だっけ?内容が少々過激すぎて社会的にも大きな問題になった

え~~~~っとなんだっけ あの、天才 芦田愛菜が出てた。。。

 
  「明日、ママがいない」 ・・・面白かったよね~~


 ⇒たぶん、このドラマのことと思われるものが作中の会話にも出てきます。


 実際には自分の周辺に全く存在を感じることはできないけど


   やたらと目にすることがあるもの というイメージ


 私が子どもの頃は、親がいない子が引き取られる施設 って思ってたけど


 最近はもっぱら「子どもを育てられない親」を持った子どもたちが生活してる所らしい



  「かわいそうと思わないで欲しい」 らしい


 きっとちゃんと取材して、妙な同情とか偏見みたいなものを一切排除して書かれてる感じで


  すごい好感持てたな で、テンポもよくて、いい意味で裏切られたり


 稀代のストーリーテラー 有川浩の面目躍如って感じ。


 自衛隊萌え~~だけじゃなくて、なんだって書けちゃうんだよな~~ 


 自分はツイてない とか、なんで私ばっかり。。とかイジイジしてる奴は読んでみるといいよ


  自分の置かれた環境とか運命(おおげさだけど^^;)に、後ろ向きになることなく


 ジタバタしすぎるわけでもなく、少し肩の力を抜きつつ、自分の人生を切り開いていく若者たちに


  なんだかちょっとじーんとしまっせ 

 
  
 
 
『バクマン。』
『バクマン。』

 
  原作読んでた人は、いやいや、ジャンプを読んでた(読んでる)人は

     きっと無条件に楽しい

 
 まず、出だし早々、「週間少年ジャンプ」とは のナレーションと共に


  歴代のジャンプの表紙と、歴代の人気作品がどどどど~~と走馬灯のように流れてきてさ


 ドラゴンボールとかシティハンターとかスラムダンクとかアラレちゃんとかキン肉マンとか幽☆遊☆白書とか

 
  べるぜバブ あ~~ん懐かしいわ


あと、集英社の編集部の廊下に貼られてるポスターね

 
   ナルトが目立ってたけど。。。銀さんがいる~~~   みたいな


 原作は、なんだか突然終わったような感じだったけど


   そこまでの話ではなくて、ちょうどいいあたりまでで完結してました。


 シュージンは結婚してないし、アニメ化までなってないけど。だから亜豆と仕事できてないけど。


  とにかく、原作通りのキャラクターの皆さんに脱帽ですわ


 シュージンはもっと背が高くてクールなイメージだし、

    サイコーの方がちっちゃくて子どもっぽい雰囲気なはずだけど


 だから、キャストが発表された時に、神木くんとたけるくんは逆じゃねって


  みんな思ったと思うけど、始まって3分ですっかりそこに落ち着きます。


 中丸さん(新井浩文)も中井さん(皆川猿時)も川口たろう(宮藤官九郎)もピッタリだし


なんたって、新妻エイジ 染谷将太 すごいな 漫画から抜け出たみたい


  絵を描いてる人もすごいな~~

編集の服部さんに、もっと漫画って絵にしなきゃって言われて


  ほんとに、固い感じから漫画的な絵に変わってくトコとか、すごいよね


巨大な原画の紙に囲まれてエイジと戦ってるってことをイメージしてるシーンとか

 
  ほんと、今まで観たことない映像だったし


 話題のエンドロール


 コミック単行本の背表紙にスタッフの名前が書かれてて・・・・


  名前はわかりにくいけど、


 「ドラゴンボール」の背表紙だ~~とか、「テニスの王子様」の背表紙だ~~~とか

 
  とにかく最初から最後までテンション上がりっぱなしでした


 「世の中は金と知恵」VS「CROWS」 の見開きのページの左隅っこに

 
   斉木楠雄くんがいたりして、お~~~ ってウケたりする。

 細かい部分を何度も観たくなるかもな~~


サカナクションは主題歌だけじゃなくて、全編 音楽監督でした。


  だから、BGMがずっとサカナクションぽくて、バクマン。の世界観とすごくリンクしてる


まだ観てない長男に絶賛オススメしておいた。あいつは観なきゃ後悔するぜっ



 
 
沙村 広明 『無限の住人』
沙村 広明 『無限の住人』


  <木村拓哉>「無限の住人」実写化で10年ぶり時代劇主演 三池監督と初タッグ


   ・・・ということで、早速1巻をBOOK OFFで購入

 
 主人公は、<百人斬り>の威名を持つ伝説の侍・万次。唯一の肉親である妹を眼前で殺され、自らも満身創痍で仇を討つが、そこに謎の老婆が現れ、「そう死に急ぐこともなかろう」と不老不死の肉体を与えられ、無限の命を生きることになる。映画のメインストーリーは、剣客集団に両親を殺され実家の剣術道場を潰された少女・凛から、仇討ちを遂げるため用心棒を依頼された万次が、凜と共に戦いに身を投じていく。


  なかなかにエグいです 

   よくぞこの話を木村さんに。。。 嬉しいわぁ~~


 「HERO」とか 「CHANGE」 とか 「南極大陸」 とか、いわゆる綺麗な正義の味方じゃなくてさ


  万人受けするような、ただカッコいい役じゃない 頭の固いヤツは観ないような役を望んでました


『安堂ロイド』の時みたいなワクワク感ハンパないっす


  まだ1巻しか読んでないけど

不死の体を持つ主人公「100人斬りの万次」は、施された秘術で体内に宿された
「血仙虫」の力で  首と胴を切り離されない限り死にません。 ←ここ大事


  首を落とされない限り死ねない  って・・・


 昔 『ハイランダー』って映画があった。それも、首を落とされない限り生き続ける人の話でさ

 
  すっげーーー好きだった かっこよかったなぁ。。。クリストファーランバート


 中世イングランドが背景だったりするの、好きなんだな~~~


  『無限の住人』 は NEO時代劇とも言える、洋物の武器もばんばん出てきたり

ピアスを開けてる人が出てきたり、なんでもありの時代劇らしい


  万次も、懐からじゃかじゃか怪しい武器を出してた


 ばっすばす斬られて、ぼろっぼろになってた~~~


  汚いしエロいの  楽しみすぎる


 前に、さんまさんが 「木村の人気が無くなればいい。そしたら自分が監督する作品に出てもらいたい」


  って言ってた。 なんかわかる。 コアでレアな作品には出しづらい風潮があるしね


 案の定、早速 「キムタクで実写化に早くも暗雲?」 みたいなクソ記事を書いてるバカがいるけど

 
  毎度毎度懲りずに暗雲たちこめる詐欺をやって、毎度毎度木村くんに鮮やかに蹴散らされてるのに

 まだわかんないのかね???


   公開は2017年 先が長い~~~


  まあ、その間にコツコツ原作を読みますわ 全30巻
朝井リョウ 『チア男子!!』
朝井リョウ 『チア男子!!』


内容紹介
柔道の道場主の長男・晴希は大学一年生。姉や幼馴染の一馬と共に、幼い頃から柔道に打ち込んできた。
しかし、負けなしの姉と較べて自分の限界を察していた晴希は、怪我をきっかけに柔道部退部を決意する。
同じころ、一馬もまた柔道部を辞めていた。幼くして両親と死別した一馬は、あるきっかけから、大学チアリーディング界初の男子チーム結成を決意したのだ。
晴希と一馬は、宣伝やスカウトなど紆余曲折を経て、理屈屋の溝口、内気で巨漢のトン、関西出身スポーツバカのイチローと弦という超個性的なメンバーを集める。なぜか参加を拒む体操界のプリンスをなんとか参加させ、目指すは秋の学園祭の初ステージ。男子チアへの冷たい視線や各メンバーの葛藤を乗り越え、7人は初ステージで大喝采を受ける。
コーチや新たなメンバーを迎え、チームは全国大会出場へ向けて本格始動するが…。
チアリーディングとは、こんなに激しく美しいスポーツだったのか!
何かに一生懸命な人間の姿とは、なんて格好良いのだろう!
著者の通う早稲田大学に実在する男子チアリーディング・チーム「SHOCKERS」に取材した、みずみずしい若さ溢れる、感動必至の長編スポーツ小説。



  表紙だけみたら、アレだけど。。。面白かった


例の 『ロング・グッドバイ』で苦労した後だったから


  朝井リョウ 読みやすい~~


 映画化されるらしいやん 知らん人たちだけど。。。超特急 誰


  人生半分以上過ぎちゃった人でも、なんかキラッキラの青春にトキメくわ~~


 こんなに頑張ることってないもんな てか、頑張れないんかな

 
  いくつになっても頑張っていいんだろうけどさ

  
   すっごい頑張って達成した時の気持ち良さって、生きてるうちにそう何度も味わえるものではないよな~

  つーか、もう頑張ろうって気にもなれないんかも。。。


 大学生の時って、たぶん生きてるうちで最高に楽しい時代だと思うんだけど

 
  その時も合唱団にはいたものの、たぶん、合唱に関しては、今の方が打ち込んでる


 歌はもともとへったくそだったから、歌うことよりクラブの友達とみんなで遊ぶのが

 
  楽しくて楽しくて、ただ楽しい合唱団だったのよね。。。


 この作品に出てくるチア男子たちは、みんなそれぞれ何かに打ち込みたい、頑張りたい理由がある。

 
  自分に自信が持てなかったり、比較対象にコンプレックス持ってたり。


 そういう繊細なハートも必要なんかな~~ 持ってないしな~~


 ↑ ひたすら愚痴のみの感想文でした
『アントマン』
『アントマン』


   「アントマンは観に行くつもりはないんよね~」

     「なんで

   「あんま面白そうじゃないもん」

     「え~ マーベルやけん面白いんやないん

   「予告観たら面白そうじゃなかったけん」

    
    という会話があった後、実際に観た姉から 「アベンジャーズ好きなあんたは観た方がいい」

 
 と聞いたので、あらそう と思いなおして観に行ってみたら・・・


    面白かった~~~~~


 主人公がちっちゃいって。。。迫力ないやん なんて言ってたけど間違いだった

 
  ちっちゃいから、周りの景色がでかくて動きが激しくて、


 水道管の中をびゅわ~~んと流されていくとことか3Dで観た方がさらによかったかも


 それから・・・マイケル・ダグラスかっこよす


 やっぱりイケメンさんは年をとってもイケメンですな 歳を重ねてさらにいい感じ


  3バカトリオがすごいおかしくて、特にめっちゃアホな顔したメキシコ系の人

 もう、後半は映っただけで笑っちゃってるもん


  アベンジャーズからも渋いキャラの人が出てきまして。。。きゅーーーん


 そういや、冒頭から「スターク」って名前出てくるしね


   ・・・あれは、トニー・スタークのおとうさんだったってことかな


てなわけで、アイアンマン、キャプテンアメリカ、マイティ・ソー、まとめてアベンジャーズ、全部観てる人は

 
  そりゃ~~観ないといけない作品でした


 そうそう、それと、 ”アントマン”スコットの娘 キャシーがくっそ可愛いのよ 

  
   あと、トーマスね


  あと、アリ

 
 きっと、昆虫が苦手な人は無理かもしんない。


  その昔、旦那の会社の社宅に住んでた時、お隣の奥さんが、とんでもないお嬢様でさ

 芋虫とか毛虫系がとんでもなく苦手らしくて


  窓から植木鉢が飛び出してきて、下の駐車場にがしゃーーーーんと落下したことがあって驚いた

 芋虫がついてたらしい。

 
  後日、今度はキャベツが窓から飛び出してきた。青虫が付いてたとか。。。

 虫を見るくらいなら、農薬バンザイ って人だったからな


  その人、「風の谷のナウシカ」は決して観れないって言ってた。オームが出てくるから。。。


 ま、そんな感じで昆虫がだめな人は無理なのでご注意を


  続編ありそうです。大爆笑してたおかあさんいたし 楽しみね

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』
レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』

  外国の小説は苦手だ。訳された日本語が気持ち悪い なんだろ 言葉がしつこい

しつこいし、直訳めいた感じが、背中がかゆくなる


  なのに、なんで今回頑張って読んだかというと


    ・・・そう、SMAP×SMAPでビストロゲストに来た「西加奈子」が

 木村さんを例えるのに挙げたのがこれ 『ロング・グッドバイ』だったわけ


  村上春樹 訳だし、大丈夫かな~ と思ったけど

 
 もう~~~苦行だった~~ 

 
   私、気が短いのかな~^ 読んでてイライラする。


 店で見かけた女性がどんなに美しいかを表現するのに

 
  ほぼ2ページかけて、くどくどといろんな例を挙げながら説明するんだけど


    ・・・あ~~~もうだめ


 いわゆるハードボイルドのミステリーってことね


  推理小説と言っても、ハウダニットだけのミステリーはもう面白くないしね


 やっぱり登場人物の背景とか絡みに面白味があるんだろうけど


  なんかよくわかんね~~


 松田優作の「探偵物語」は、この小説が素地にあるらしい

 
 すごい人気作品みたいだし、映画化されたりドラマにもなってたり


   主人公の私立探偵フィリップ・マーロウの名セリフとかたくさんあるみたいだけど


 ・・・私には無理。。。かな


 西加奈子が、この本を木村拓哉にあてはめたのは

 
   フィリップ・マーロウが木村さんのイメージだったのかな~?

レノックスの無実を信じてどんなに警察でひどい目にあっても決して何も語らず。。。

 
   というくだりは、久利生公平が学生の時に逮捕されて、


 友人を守るために何も語らなかった。っていう話と似てるけどさ


  拓哉くんは決してこんなハードボイルドな人ではないと思うんだよな


 私的には、ぽやぽやんとなってる時の拓哉くんが好きですわ



  ま、そんなわけで、やっぱり翻訳ものは苦手、というより村上春樹が苦手


  ということが改めて露見しただけでありました


プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。