*All archives* |  *Admin*

2016/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『僕だけがいない街』
『僕だけがいない街』


クズの役をやらせたら日本一の藤原竜也が

       いい人だった。。。

 こないだ「おじゃマップ」に藤原竜也が出た時に


   背の小さそうな顔してるけど、実は背が高い ってのと

 慎吾のことを「局長」って呼んでて、二人の関係性というか。。なんかいいな~と思い。。。

 
   まあ、それで観に来たようなものだった。なんだかんだ言って、藤原竜也はよいのよ

     「世界遺産」のナレーションもとてもいいしね


 解説
三部けい原作の大ヒットコミックを藤原竜也&有村架純共演で実写映画化し、タイムリープによって18年前の児童連続誘拐事件の謎に迫る青年の奮闘を描いたSFミステリー。ピザ屋でアルバイトする売れない漫画家・悟は、ある日突然「リバイバル」という特殊な現象に見舞われるように。それは、周囲で悪いことが起きる気配を察すると自動的にその数分前に戻り、事件や事故の原因を取り除くまで何度でも繰り返すというものだった。リバイバルによって大事故を防いだものの自らが大怪我を負った悟は、同僚の愛梨や上京してきた母の看病で回復していく。そんなある日、悟の母が何者かに殺害されリバイバルが起きるが、今回はなぜか数分前ではなく18年前だった。そこは、悟の同級生が被害者となった連続誘拐殺人事件が起きる直前の世界だった。



  原作がコミックなら、話はそりゃ面白いだろ という安心感で観れますね

 犯人は、すぐわかっちゃったけど、それはそれでいいんだろね


  何かよくないことが起きると「リバイバル」が起きる。

 「リバイバル」と「タイムリープ」ってどう違うんだろね


   まあ、今「タイムリープ」と言えば 「木村拓哉タイムリープ説」しか浮かんでこないから

 「リバイバル」でよかったけど。


  で、少し時間が巻き戻って、不幸な事件や事故が起こらないようにやり直す

 って、そんなことができたらなんていいだろう


  いったいどこまで巻き戻したら、今のこのキツイ状態から抜け出せるだろう。

 
   1/13より前ならいいってわけじゃないんだろな~~ああちきしょー


 まあ、藤原竜也は他人を救うために何度もリバイバルを繰り返し

 
  決して自分のためじゃないってところがミソなんだろな。。。


    ま、面白かったよ

スポンサーサイト
朝井リョウ 『武道館』
朝井リョウ 『武道館』
  
  うーん。。。いまいちだったかな~

朝井リョウ作品は、ばんばん人が殺される小説とか、ドロドロした重ーい話を読んだ後とかに

 気持ちをリセットする意味でも時々読みたくなる


 「武道館」というタイトルで思い浮かんだのは、まあ当然のように「武道」にいそしむ若者の話かと


 ところがどっこい  武道館コンサートを目指すアイドルの話だった


  内容(「BOOK」データベースより)
本当に、私たちが幸せになることを望んでる?恋愛禁止、スルースキル、炎上、特典商法、握手会、卒業…発生し、あっという間に市民権を得たアイドルを取りまく言葉たち。それらを突き詰めるうちに見えてくるものとは―。「現代のアイドル」を見つめつづけてきた著者が、満を持して放つ傑作長編。



 しかも、私が読んでる最中に、深夜枠でドラマもやってたらしい


原作に出てくるアイドルグループと全く同じ名前で、新人アイドルグループの売り出しのためなのかな


 もちろんドラマは観てないけど、どうだったのかな~


冒頭、グループから1人辞めるって話で、


  ん??森くん SMAP と思ったけど

       全然違った


握手券を付けてCDを売る、どこかで聞いたことあるような女の子アイドルだった


 アイドルだから恋愛禁止とか、ネットにさらされるプライベートとか

  SNSで悪口をさんざん書かれて、どうやってスルーしていくか とか


 アイドルは大変なのよ  って、今どき誰でも知ってるよ


こんな話より、SMAPを陥れた巨悪とマスゴミの本当の姿とか本にした方が


 よっぽど衝撃的でびっくりぽんやと思うわ


きっとあの人たちは墓場まで持ってくつもりだろうけど


  事務所内にでも、どこかにちゃんと正しい心を持った人はおらんのか

 真実はいつもひとつ なんだけどな~


  徐々にレコ機くんのHDD残量が減っていってる


原因はわかってる。「SMAP×SMAP」をCMカットしたらDVDにダビングして

 
  さらに歌の部分だけ残してHDDから削除することで、常時HDD残量を確保してきたんだけど


あの日のスマスマを編集できないでいる。見れないから


 だから1/18以降のスマスマが全部そのまま残ってるんだわ


 自分の1番大事なものをテレビの中で壊された この敗北感 というか 喪失感


  いつまで踏ん張らんといかんのかな


 セブン&アイ・ホールディングの鈴木会長が退任を発表したけど

 
  もっと辞めなきゃならん年寄りは他にいるんじゃねーのか
  
『マネーショート 華麗なる大逆転』
『マネーショート 華麗なる大逆転』


解説
クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演し、リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描いた。「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスによるノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に、「アントマン」脚本などを手がけてきたアダム・マッケイが監督。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要部門を含む合計5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。05年、ニューヨーク。金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てる。そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる。



 つまり「リーマンショック」にいち早く気付いたお金のプロたち(しかも極少数)が

  技を駆使してリーマンショックを切り抜けたっていう実話

 で、クリスチャン・ベールとか ブラピ も出てますよ~~ ってことなんだけど


  ・・・一応わたくし、経済学部出身なんだけど(ほぼ授業に出てないけど^^;;;)

 ま~さっぱりわからんわ~~ なんか専門用語がいっぱい出てくるしさ~~

 
 経済の仕組みもいまいちわかってないしさ~~~


  年収もめっちゃめちゃ少ない人たちにも、じゃんじゃん住宅ローンを組ませてたので

 で、払いきれなくなった人がすごい数続出して

 で、アメリカの経済が破綻した  ・・・ってくらいしか知らなかったので


  ふ~~ん そうだったんか!って部分はあったけど

 あと、そう簡単に切り抜けられたわけじゃなかったのね ってこともわかったけど


  そうそう、それと、クリスチャン・ベール演じる元医者のトレーダー() が

 
   ものすご~~ぐ変人そうだ ってことだけはわかった。


 予告を観る限りでは面白そうだったんだけどな~

  
  面白くなかったわけじゃないけど、ただ難しすぎ


ここんとこ、スマスマもないし、完全に木村拓哉不足で

 
  4月からの新ドラマで興味をそそられるものも全くないし


 「あさが来た」も終わったし~~~


    ・・・いつからかな?夜中にある「不機嫌な果実」だけは観るよ~~


 こうなると、もともとテレビっ子としては、映画で面白いものを期待するしかないのよ


 ほんと、テレビ 凋落してるよな~~
薬丸岳 『Aではない君と』
薬丸岳 『Aではない君と』


   薬丸岳 面白いね~~ って、まだ読んだの2作目だけど

 冒頭からすぐに引き込まれて、あっという間に読了ですよ


 とは言っても、簡単な内容ではないので、あっさり読めるってことじゃなくて


  途中で一旦切り上げるのが難しい。


ついついお風呂の時間が長くなっておにーちゃんに怒られるのだ


  「Aではない」 つまり、もう「少年A ではない」 君・・・息子 「と」 ですよ


   君へ じゃなくて 君と  なのだ


 同級生を殺してしまった息子

  
   少年犯罪の場合、名前とか顔は公表されないはずだけど

 ネット社会になってしまった今、まあ、それはありえないもんね・・・


  自分の息子が犯罪者になったら 

 
 被害者になるのも嫌だけど、加害者になるのは、後々が辛いからもっと嫌かな~とか

 
  今まで漠然と思ってたけど


 やっぱり、犯罪者であろうと、まさかの殺人者であったとしても

 
  生きていてくれた方が、そりゃいいに決まってる。

 
 けど、犯罪者の親になるのは大変だよな。。

 
  もし、自分がそんな立場になってしまったら


 友達を殺してしまった動機も、なかなか本当のことを言わない理由も


  すごくリアルで腑に落ちるところがあるので


 息子を持つ親としては・・・もうすっかり成人してるけど


  ずっとドキドキしながら読み終わったわ。。。


 子どもは思ったよりも親のこと大事に思ってるし


  親は言うほど子どものこと見てないかもしれんなぁ。。


 見てないというより、理解してない。理解しようとしてない?あきらめてるというより逃げてる のかも。


  まあ、我が家はなんとか何も大きな事件もなく


 親の希望以上にすくすくと立派に育ってくれた(と思う) けど


  実はずっと心配はあったかな?  


 明日は何が起こるかわからない。 ちゃんと考えておかんとね


  逃げたくなる状況に立ち向かって再生していく親子の話。

 
 人の親じゃなくても、中高生にも参考になるんじゃないかな~星5つ


  
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。