*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宮部みゆき『小暮写眞館』
宮部みゆき 小暮写眞館


   久しぶりに宮部みゆき 読んでみました


 『ICO』 『英雄の書』でちょっとがっかりして以来だったけど


それに、あまりに分厚い本だったので、若干腰が引けながら読んでみたら


 さすが、宮部みゆき でした



小暮写眞館 って看板がまだ残る、古い店舗つき住宅に引っ越してきた


   花菱英一 16歳


 元、写真館に住んでるってことで、心霊写真もどきの鑑定を依頼される


やっぱり、宮部みゆきと言えば、ミステリーですから


 は~~なるほど、心霊写真の話か。。。と思って読み進めていくと


分厚い本の(713ページ)半分くらいでミステリー色は消え


 登場するキャラクター1人1人に対する愛情を深く感じるような


家族や、友達や、初恋や、青春や。。。


 細かく深~~くつづられていきます



 英一の、ちょっと変わった両親。7つ年下の、できのいい弟 光(ピカちゃん)


 4歳で亡くなった妹 風子


大邸宅に住み、成績もよくて女の子にモテモテだけど、


やっぱり相当変わり者の親友 テンコ


 激しい地黒で「コゲパン」なんて呼ばれてる甘味やの娘


 小暮写真館を花菱一家に紹介した不動産屋の社長


そこの 従業員  垣本順子


 
 1人1人のキャラクター設定がものすごくちゃんとしてるんだな~


小説を書く時って、まずストーリーありきなのか?


 まずキャラクターなんだろうか。。。



この、不動産屋の 垣本順子ってのは、


 お客さんにも、誰に対しても、ものすごく無愛想


というより、にらみ付ける上に、きつい言葉で罵倒したりする女の子


 社長が言うには、昔とてもとても怖いことがあって


今でも、人が怖いから、先制攻撃をしかけてきてるんだと。。。



 ・・・こんな人知ってる~~と思った


ちょっと前まで、トニカにいたんだよ


 新人の大学生が「はじめまして」ってご挨拶に言ったら


  「あっちに行け」とか言っちゃうの


合唱なんだから、みんなで声を合わせて歌わなきゃ と思うんだけど


 輪の中に入らずに、1人後ろで歌ってる。


  「こっちにおいで~」って呼んでも


 「ふん」とか言って、列に加わらないどころか


それをきっかけに、何か捨て台詞を残して帰っちゃったりする


 ほんとに不思議な子だった~~


細くて、薄っぺらい身体ってとこも、垣本順子さんに似てる。



 私も初めて「こんにちわ~」って言った時、


「ふんっ」って無視されたのにはびっくりしたけど


ま、それならそれでいいけどと思って


 普通にしてたら。。。


いつの間にかすっかりなつかれてしまっていた


 本当は、友達欲しいし、くだらない話をしたり


  ケタケタ笑ってたい人なんだよね


でも、異常に人見知りとでも言うのかな?


 慣れるまで、すんごく時間かかるし、自分から攻撃的な態度を取っちゃうんだよね



それで、既に30歳は超えてたんだから、


 よく今までこんなで生きてこれたな~~って不思議だった



 コンクールの曲の練習をしてる頃に、久~~しぶりにやってきたのはいいけど


仕事が忙しくて、練習に来れんかったっちゃけん


 そんなに卑屈になる必要はないと思うけど


難しい曲だったしね。。。


 「歌えない」って泣き出して


練習場を飛び出して行ったっきり。。。来なくなっちゃった
 


 垣本順子さんは、電車を正面から見たいとか言って、


線路に飛び出しちゃうような


 ちょっと難しい、やばい癖を持っている。


  うつ病に近い?ちと違うか



英一は、この垣本さんが気になって


 というか、苦しんでる人をほっとけない性格なのか?



それから、4歳の娘を亡くした母、その夫、その時の記憶はほとんどないけど


 まだ赤ちゃんだった弟 小学生だったし、実はしっかり記憶が残ってる兄


小さい子供を亡くした家族が、その後抱え続けてきた大きな大きな傷が


 その後、かなり衝撃的に描かれてて


   あ~~そうかもしれないなぁ。。。って考えさせられますよ


 結構重いテーマだよね



 でも、この長い長い物語の終わりには、


 辛いものから逃げてた全ての人が


  ちゃんと正面から向き合って(千秋先輩のセリフみたい


最後には、爽やかな風が胸の中に吹いてくるような


 読後感 すっきりの大作でした


図書館の返却日までに、プラチナデータと小暮写真館


 読み終えたぞ~~~


でもまだ手元に、伊坂幸太郎の『オーファーザー』がある。。。


 1日じゃムリだわな~~



   ふ~~ 人気ブログランキングへ
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。