*All archives* |  *Admin*

2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
林真理子『六条御息所 源氏がたり』
林真理子『六条御息所 源氏がたり』1林真理子『六条御息所 源氏がたり』2


 湯布院に行く前に、図書館で借りた「源氏物語」をが~っと読んでた。


  それが、この、林真理子の 『六条御息所 源氏がたり』


    一、光の章  二、華の章



 私、3姉妹なんだけど、ねーちゃんも妹も、「日本文学」が専攻だったんで


特にねーちゃんは卒論に「源氏物語」を、しかも「六条御息所」を題材にしたような。。。



 でも、まーたいがいミステリーばっかり読んでる私ですから


 「源氏物語」っていろんな人が書いてるみたいだけど


 読んだことあるのは、大和和紀の『あさきゆめみし』くらいなもので


そう。漫画です。⇒asakiyumemishi.jpg

 
 
 だけど、林真理子の源氏物語はたいへん読みやすく、面白い


タイトルからもわかるとおり、


  光源氏への思いの強さと嫉妬心から、生霊になって光源氏の愛人に取り憑いた”六条御息所”が


いわゆるストーリーテラーとなって


 死んだ後も、過去から未来まで光源氏を見てるって形です。



登場人物の血縁関係とか、誰が高貴な方で、誰が身分が低かったのか


 誰が美しい方で、誰が光源氏がずっと思い続けた人だったのか


なんだかものすご~~くうろ覚えだったのが


  すっごいよくわかったわ~~~


一、光の章 は、光源氏の父上 「桐壺帝」が、身分の低い「更衣」(光の母上)を寵愛しすぎて


 ・・・というか、朝から晩までエッチしまくってました。ってトコから


 光が生涯思い続けた”父の後妻”「藤壺」にあまりにそっくりなので


まだ子供なのに、ほぼ拉致同然に連れてきた「紫の上」を妻にするあたりまでが描かれてます。



 昔の貴族の方は大変やな~~と思うのは


毎夜毎夜のように、女のところにしのびに行っては、夜中睦みあって

 
 朝、明るくなる前にこっそり出て行かなきゃならないってトコ


それから、女性の顔なんてめったに見られないってトコ



 ま~とにかく光源氏はまめで、ひたすら毎日エッチばかりしてました


   ってお話ですかね~~



六条御息所の話し言葉でつづられてるので


 読んでるだけですっかりみやびな気分


言葉の使い方を間違ったら、ただのエロ小説になりそうなストーリーなのに


 日本語ってステキね



面白かった~~~3巻目で完結らしいけど、次はいつ出るとかいな


   待ち遠しいなぁ。。。
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。