*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『アントキノイノチ』
『アントキノイノチ』


  
   フリーパス鑑賞 25本目



 さだまさしの原作を読んだ時、もんのすごく感動したのよ


もぉ~~どうしよってくらい感動した


 
 さだまさし ただものじゃない と思ったのだった。


 
  で、今回、大好きな岡田将生くんがやるってんで


 すごく期待してみました



  心に大きな傷を負った主人公(岡田将生)が、遺品整理業の会社に就職して


 そこで、これまた心傷つきまくりの女の子(榮倉奈々)と出会い


    ”命” ・・・そう、あの時の命 ・・・あんときの命


 ・・・アントキノイノチなんだーーーー って話です



 簡単に書きすぎるとそんなことなんだけど


  
  まず、「遺品整理業」って、そんな仕事があるのかって


 原作を読んだ時、まずそう思った。


  特に、孤独死した人の場合が多かったりするんだけど、残された部屋とその中身を


 捨てたり供養したり掃除するって仕事だけど


  孤独死したまま、発見されるまで時間がかかった人とかいて


 遺体が腐敗して、液体が流れでてたり、そこに虫が湧いたり。。。



   って、ここらへんの描写が、文章だけでも強烈に描かれてて衝撃的だった。


 映像化することで、逆に遠慮もあったはず。そこまで吐きそうじゃなかった



  主人公の男の子は、高校生の時に、生まれつきの吃音があることがきっかけで


 陰湿ないじめを受けるんだけど


  う~~~ん。。。そのいじめてくる奴を、心底憎いと思う過程とか


 そのあたりも、ちょっとユルイ気がしましたね


  普通は映像化した方が、いろいろわかりやすいってことが多いはずなんだけど


 こういう繊細な心の揺れ、みたいなのって、逆に、洗練された文章の方が


  すんなり頭の中でこなれるのかもしれんな~



 でも、岡田将生と榮倉奈々の、なんだかヒリヒリするような


 痛みがびしびし伝わってくる演技は、ものすごく秀逸でした


 
  最後、あんな展開になるんだったっけ


 原作と違うよね たぶん。。。


  えっって思った。ちょっと余計だったかも



 つまり、原作を読め って話や



 宣伝のために、岡田将生が「アナザースカイ」 とか 「A-Studio」とか出てて


  いや~~~顔がキレイなだけじゃなくて


 きちんと育てられた、いい子だな~~ ってのが再確認できたのは


   とってもよかった


Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。