*All archives* |  *Admin*

2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マリリン 7日間の恋』
『マリリン 7日間の恋』


  もう上映は終わっちゃってるよね



 とにかく、マリリンの、透き通るような白い肌と輝くブロンドの髪


  スクリーン全体が光り輝いてる~~



 ストーリー(あらすじ)

2012年で没後50年となる世界のセックス・シンボル、マリリン・モンローの秘めた恋をミシェル・ウィリアムズ主演で描いたドラマ。1956年、ローレンス・オリビエが監督・主演を務める映画「王子と踊子」の撮影のためロンドンを訪れたモンローは、初めて体験する海外での撮影のプレッシャーと、夫との確執により仕事に集中することができずにいた。さらに演技方法でオリビエとも対立し孤立してしまったモンローは、ただひとり的確な助言をくれた第3助監督のコリン・クラークと親密になっていく。クラークの回想録をもとに映画化。



 つまり、実話ってことなのかもしれないけど


  この第3助監督のコリン・クラークの回想録って。。。


 あまりにも夢みたいな話なんで、これって、この人の妄想なんじゃないの


  って思ってしまうほど。。。


 
 マリリン・モンローは、私が生まれる前年(かな?)に謎の死を遂げてるんだけど


  子どもの頃は、まだマリリン・モンローのことを耳にすることが多かったように思う。


 記憶にあるくらいだから、没後何年も経ってたんだろうけど


  それだけ、すごいスーパースターだったんだろな


 そういう描写が、この映画の中にもいろんなエピソードと共に描かれてます。



  でもさ~~~子どもの頃、


    マリリン・モンロー ノータリーン


   って歌が流行ってた


 胸の大きい女は、頭がちょっと足りないんだ、って


  そんな馬鹿げたことを、平気で言うオトナも当時は多かったのよ


 ダイナマイトバディーで、色気を振りまくマリリンに


  ペチャパイ(死語だな。。。)短足ずん胴の日本人が嫉妬してできた替え歌なんだろね



 でも、それから時代も流れて、


  マリリン・モンローは、ただのセクシー女優だったわけじゃないって


本当は、頭もよくて、とても演技のできる人だったんだってことが

 
  だんだんあちこちでささやかれるようになってきたのも


   妙にタイムリーに覚えてます


 マリリンの芝居に取り組む、あまりにも真摯な姿とかも描かれてて


  そういう点でも面白かったかな


 もう2度と現れそうもない天賦の才能を持った人って


  早逝することが多いよね。。。あ~~~マイケル~~~~
 
  
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。