*All archives* |  *Admin*

2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東野圭吾 『殺人の門』
殺人の門


ほんとに東野圭吾を選んどきゃ間違いないね


ただ、この 『殺人の門』 の前半部分は、


  これまでの東野作品とちょっと感じが違うかな~


 『殺人の門』 っていうタイトルからくる潜在観念もあるのか


  その昔映画にもなった 『青春の門』 を彷彿とさせる



 【ストーリー】

お手伝いを雇えるほど裕福な家庭に生まれた主人公田島。しかし祖母の死と妙な噂をきっかけに両親は離婚。父親は女に騙され職を失い、転がるように不幸になっていく。いじめ、初恋の人の死、詐欺、偽装不倫…不幸の種を運んでくるのはいつも幼友達の倉持修だった。田島は何度も殺意を募らせるが、あと一歩のところを踏み出すことが出来ない。人を殺人へと駆り立てるものは何なのか?



 医者として、父として、尊敬してたはずの父親が、

キャバクラ(だったっけか)の女におぼれて借金を増やしていって

 はては、病院をつぶしていったり、


 母親が、姑であるおばあさんを毒殺したんじゃないか?って噂がたったり


  不幸の手紙が届いたり、ねずみ講の片棒をかつがされて次々と老人を被害者にしたり。。。


 とにかく、この主人公の周りには、嫌~~~な気分にさせられる事件が次々に起こる


  つまり、決して爽やかな気分にはなれない作品ではある


内容から計算してみると、この主人公の歳って私とあまりかわんないんだけど


 前半は、ものすご~~く昭和の香り


   そりゃそうなんだけど。。。


『青春の門』 を思い出して、


 ものすごく暗い主題歌があったよな~~ 山崎ハコだったっけ



  しんちゃん  しんすけしゃん  うちはあんたに逢いとおて~

 
     ・・・ナントカ峠を越え~てきた~~



 う~~~ん。。。 何峠だったっけ


  しばらく悩んだ末に、


 カラス峠かな~~ カラス峠だよね


大分に帰る時に、八木山峠を越えて、飯塚を越えて、田川に出るために越える峠


 あれだよね 湧き水を汲みにきてる人がいっぱいいる、あそこやん



  な~~~んて発見があり 変なところで感動したのでありました



例によって、勝手にキャスティングするなら


 幼なじみに翻弄されながら、一生懸命真面目に生きていこうとするけど

 
  殺人への衝動と誘惑に悩み続ける地味~な主人公には・・・


   加瀬亮 か、 吉岡秀隆 か、 伊藤淳史  かな~



 で、その主人公の不幸の種はコイツなのかと思われつつ


  口のうまさと、妙に屈託のないところが不思議なイケメンのお友達には・・・



 これはもう絶対  成宮寛貴 成宮寛貴


 悪い人の役、やって欲しいわ~~~
  
Secret
(非公開コメント受付中)

プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。