*All archives* |  *Admin*

2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『マネーショート 華麗なる大逆転』
『マネーショート 華麗なる大逆転』


解説
クリスチャン・ベール、ライアン・ゴズリング、スティーブ・カレル、ブラッド・ピットという豪華キャストが共演し、リーマンショックの裏側でいち早く経済破綻の危機を予見し、ウォール街を出し抜いた4人の男たちの実話を描いた。「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスによるノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」を原作に、「アントマン」脚本などを手がけてきたアダム・マッケイが監督。第88回アカデミー賞では作品賞、監督賞など主要部門を含む合計5部門にノミネートされ、脚色賞を受賞した。05年、ニューヨーク。金融トレーダーのマイケルは、住宅ローンを含む金融商品が債務不履行に陥る危険性を銀行家や政府に訴えるが、全く相手にされない。そこで「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引でウォール街を出し抜く計画を立てる。そして08年、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れる。



 つまり「リーマンショック」にいち早く気付いたお金のプロたち(しかも極少数)が

  技を駆使してリーマンショックを切り抜けたっていう実話

 で、クリスチャン・ベールとか ブラピ も出てますよ~~ ってことなんだけど


  ・・・一応わたくし、経済学部出身なんだけど(ほぼ授業に出てないけど^^;;;)

 ま~さっぱりわからんわ~~ なんか専門用語がいっぱい出てくるしさ~~

 
 経済の仕組みもいまいちわかってないしさ~~~


  年収もめっちゃめちゃ少ない人たちにも、じゃんじゃん住宅ローンを組ませてたので

 で、払いきれなくなった人がすごい数続出して

 で、アメリカの経済が破綻した  ・・・ってくらいしか知らなかったので


  ふ~~ん そうだったんか!って部分はあったけど

 あと、そう簡単に切り抜けられたわけじゃなかったのね ってこともわかったけど


  そうそう、それと、クリスチャン・ベール演じる元医者のトレーダー() が

 
   ものすご~~ぐ変人そうだ ってことだけはわかった。


 予告を観る限りでは面白そうだったんだけどな~

  
  面白くなかったわけじゃないけど、ただ難しすぎ


ここんとこ、スマスマもないし、完全に木村拓哉不足で

 
  4月からの新ドラマで興味をそそられるものも全くないし


 「あさが来た」も終わったし~~~


    ・・・いつからかな?夜中にある「不機嫌な果実」だけは観るよ~~


 こうなると、もともとテレビっ子としては、映画で面白いものを期待するしかないのよ


 ほんと、テレビ 凋落してるよな~~
『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』
『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』

  レビューを見てたら 「つまんない」とか書いてる人いるけど 意味わからん まじで

 
   いや~~すごかったよ おもろかったし金かかってるし~~

昨日、テレビ地上波であってた 『マン・オブ・スティール』 の続編だったって


  知らんかったよ ちょっと忘れてたやん


 だけどさ、そういえば「マン・オブ・スティール」を観た時まず思ったのが

  
  「どんだけ町壊せば気が済むんだよ」 だった。


 で、それが元で今回バットマンとVSになるわけだ


今作からバットマンが ベン・アフレック 好き~~~

 
  「パールハーバー」の時は「頭の悪そうなただのイケメン」と思ってたのに←また言ってる

 
  歳とるごとにかっこよくなるなぁ。。。今回15kgも筋肉増量したらしいけど 

 
    『アルゴ』はまじで面白かった


 スーパーマンくんは、ほんとは1回前にやってた人が好きだったかな?超正統派イケメンだった 


  それにしてもスーパーマン まじで強すぎる 

 それから、知らない人出てきた。古代な恰好した女戦士みたいな人。

 
  新しいキャラかな?顔がほぼ。。。誰だっけ GUのCMに出てる、オダギリジョーの嫁

 
   ん~~~~香椎 由宇か そっくりだった~~


 てなわけで、初日に観て、その夜にもう1回 「マン・オブ・スティール」をテレビで観て

 
   で、今、もう1回映画館で観たいかな~~なんて思ってるくらい楽しい映画でしたよ


 ここまでお金かけてくれると、ほんと気持ちいいわ

 
  本当は悪者なんじゃない と世間から疑われるHERO って・・・


    木村拓哉かよ 

なんて、心の中で一人突っ込みしながら観てたのは秘密
『グラスホッパー』
『グラスホッパー』

 『ギャラクシー街道』のブルーレイ&DVD 5/3発売 って発表がありましたが


 そういえば、その頃もう1つジャニ映画観てた


 私、SMAP担だけど、決してジャニーズ坦ではない。


   ・・・ちっちゃい頃から、歌って踊れる男の子が好きで

      フォーリーブス ⇒ 郷ひろみ ⇒ 田原俊彦 と移行してったくらいだけど^^;;

 
 かわいい顔した男の子が好きなんだろな


   幼稚園の時、同じクラスの 「ゆりもととおるくん」が好きだった。←実名
 
      かわいかったんだよな~~


 「生粋のジャニーズ」という言うべき 山田涼介

 
   この人、歌番組で観ても(あんまり見たことないけど^^;) そんなかっちょよくないけど

       ・・・ちっちゃいから 顔が真ん丸だから

 でも、お芝居してる時はなかなかよいのですよ

 
   しかも、今回、イカれた殺し屋の役。よい アクションはキレキレだし

  イカれてるんだけどどこかさびしい表情。

     自分の耳を切り落とすシーンは んぎゃーーーだったけど


 それから、生田斗真 ね


   今回は、「カッコ悪い生田斗真」 が新鮮

 斗真くんて、完全に「役者」 ってイメージだけど

  
   ダンスもうまいし、歌もソコソコ歌えるしさ、

  田口くんが抜けて3人になっちゃうかつんに、生田斗真と山P入れて5人にすれば最強じゃん

  
    って意見をどこかで聞いて、それはナイス と思ったのだった。


 ポスターを見る限りでは、生田斗真が主演っぽいけど

 
   インパクトがあるのは、殺し屋 蝉 (山田涼介) と 自殺させる殺し屋 鯨 (浅野忠信)

 2人が戦うシーンが1番の見せ所でクライマックスだもんな~~
 
  
   それと、吉岡秀隆ね  ちょっと不気味だしね


 伊坂幸太郎の原作のイメージにすごく寄せた作りになってて

    原作ファンも楽しめます。


 そういえば、山田涼介は 「暗殺教室」にも出てたよね


  原作も好きだし、すごーく観てみたいけど。。。殺せんせーの中の人がアレだから

 
   うーん。。。お金払って観に行くことにすごい抵抗がある。

 
    早く事務所内の抗争を解消してくれんかな~~
 
『オデッセイ』
『オデッセイ』


 解説
火星にひとり取り残された宇宙飛行士のサバイバルを緻密な科学描写とともに描いた、アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化。極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける主人公マーク・ワトニーをマット・デイモンが演じ、「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を残してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとった。火星での有人探査の最中、嵐に巻き込まれてしまったワトニー。仲間たちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまう。しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、酸素は少なく、水も通信手段もなく、食料は31日分という絶望的環境で、4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びようと、あらゆる手段を尽くしていく。




  やっぱり3Dで観ることをオススメする 宇宙にいる感じと広大な土地にいる臨場感がよい


 それから、「マット・デイモンいったい何キロ減量したんだ」って驚き


  火星に1人取り残されて、で、生きてるとは思われてないからさ

まず、「生きてるっちゃけん助けに来てよ」ってアピールしないといけない。


 の前に、食べるものを確保しないと。。。の前に、水を確保しなきゃ。。。

 
   ってな、誰かが言ってたけど 【火星版1人TOKIO】

 
 運よく「生物学者」だから、肥料作ってじゃがいも育てて、酸素燃やして水作ってさ

 
  理系の人ってかっこいいわ~~


 それでも、全てが思うほどうまくはいかなくて(出た!お決まりの文句だ)


 食糧を節約し続けて7か月後。 マット・デイモンの体は、息を飲むくらいガリガリになってた。

  
   俳優さんてほんとすごいね お体ご自愛ください


 ツイッターで見かけたけど 「隣りの女の子が、火星でロケって大変そうだよね~~って言ってた」って話

 
   超ウケるけど、ま、そう思い込んじゃう人がいてもおかしくないくらい


 すっごい火星っぽい エンドロールを見る限りだと、イエメンだったかな


  広大な砂漠に、大きなゴツゴツした岩はCGで付けてるんだろか


 NASAとか政府の対応とか、世界中の人が待ってる感じとか


  実話だったっけ というか、ドキュメンタリーを観てるかのような錯覚に陥るくらいリアルなの


 1人で火星に取り残されて、食糧は31日分しかなくて4年後しか次の探査船が来ないって


   本来なら、ものすっごく絶望的な状況なのに

 主人公がやたらめったら前向きでさ

  
  だから観てて楽しい気分のままいられるのかも


 船長が残していった音楽をしかたなくいつも聞いてるんだけど

 
  それが、80年代前半のポップスで、まさに私のOL時代のヒット曲のオンパレードでさ

 
 こそばゆい感じの懐かしさでいっぱいだったけど


  隣りで一緒に観てた次男くんには「なんだこれ」って感じだったらしい


 ちょうど研修で福岡に帰ってきてた息子と観に行くのにちょうどいい映画があってて


   ほんまありがとさん でした

    
『PAN  ネバーランド、夢のはじまり』
『PAN  ネバーランド、夢のはじまり』

  今頃   はい。11月に観てました

解説
永遠の少年ピーターパンの誕生秘話を描くファンタジーエンタテインメント。ロンドンの孤児院に暮らす少年ピーターが母親を探すためにネバーランドに旅立ち、若き日のフック船長やタイガー・リリーといった仲間たちとの出会いや、ネバーランドを牛耳る海賊・黒ひげとの戦いを経験していく姿を、ファンタジックな映像美とともに描く。「プライドと偏見」「つぐない」などで高い評価を受けてきたイギリスのジョー・ライト監督がメガホンをとり、黒ひげ役でヒュー・ジャックマンが出演。若き日のフック船長役には「トロン:レガシー」のギャレット・ヘドランド、タイガー・リリー役に「ドラゴン・タトゥーの女」「her 世界でひとつの彼女」のルーニー・マーラ。少年ピーターは新人のリーバイ・ミラーが演じた。



  もう劇場ではあってないんだろうけど、これは3Dで観なきゃもったいないかもな。。。


 ピーターパンだけあって、空をばんばん飛ぶし、

  
   海賊船が空に浮かんでるし、すごい不思議な、宇宙空間 というより・・・


 これぞネバーランド って感じの風景が目の前いっぱいに広がって


    美しかったです。。。


 子供の頃、とにかく人見知りでおとなしかった私(今や誰も信じてくれないけど^^;;)


   いつも部屋の隅っこでピーターパンの本を読んでたらしい

 
 ある意味、ピーターパンは初恋の人かも~~

 
  だからちょっと今回のピーターパン役の男の子はイメージが違ったなぁ。。。

 なんだかクソガキみたいな顔してるんだもん


  なんたって、「黒ひげ」役の ヒュー・ジャックマン なんだけど

 
こんなメイクされたら、ヒューだってわかんないよ~~

 
  でも、やっぱかっこええ


 エンドロールで名前を見つけるまで気が付かなかった アマンダ・セイフライドとか


  キャストも映像もやたらと豪華でしたね

 タイガー・リリーがこんなに脚光を浴びてるのも不思議な感じ。。。

   何か懐かしいものを思い出させてくれる時間でしたね


 ああ、何も知らなかった年末に戻りたいわ

『ミケランジェロ・プロジェクト』
『ミケランジェロ・プロジェクト』

  劇場公開日 2015年11月6日

観たことを忘れてた。。。映画ドットコムを見て思い出す


解説
ジョージ・クルーニーが監督・製作・脚本・主演を務め、第2次世界大戦中の実話を映画化したサスペンス。ヨーロッパ各国に侵攻したナチスドイツが歴史的に重要な美術品の略奪を繰り返していた第2次世界大戦下、ルーズベルト大統領から建造物や美術品を保護する任務を託された美術館館長フランク・ストークスは、7人の美術専門家で構成される特殊チーム「モニュメンツ・メン」を結成し、危険な状況下で美術品保護のための作戦を遂行していく。主演のクルーニーほか、マット・デイモン、ビル・マーレイ、ジョン・グッドマン、ジャン・デュジャルダン、ケイト・ブランシェットら豪華キャストが出演。


  
  キャストがとにかく豪華

 なんだかんだ言って、やっぱりジョージ・クルーニーはよい

   「素敵」という名前の衣装をまとったような人ですな~~

 マット・デイモン に ケイト・ブランシェット

     豪華~~

 それと、たくさん美術品が出てくるんだけど、それが全ていちいち豪華なのですよ

 
    もう現存してないって設定だと、当然、この映画のために複製された絵画なんだろうけど

  とんでもなく素晴らしくて、それを火炎放射器でぼぉ~~っと焼いていくわけよ 


    あ~~~もったいない

 実話なので、淡々とストーリーが進んでいくので

   
   お話としてはちょっと物足りないかな~~

 
 歴史のお勉強にはなるけどね

 
   複製された美術品ももったいなければ、豪華すぎるキャストももったいない作品でした

  


信長協奏曲
信長協奏曲


月9だったからテレビシリーズの時は観てなかったんだけど

映画を観るなら予習しとかなきゃ と思って


  『HERO』の時と同じパターンで土曜日ごとに再放送してくれたのを見た 


 面白かったんやーん

 
  で、映画も(まあ、テレビの続きだけど) 面白かった


 小栗旬 いいよね  で、向井理 よいわ~~~

 
   信長のまわりにいる人たちもみんないいのよ

 高嶋さんちのおにーちゃんの方 とか、家康がっくんとか山田孝之

 
   ガヤくんはもうちょっと頑張ろう

 織田家のみんながワイワイやってるシーンがとにかくすごくいいもの


   原作がいいんだろうけど、現代の高校生 しかも歴史オンチくんがタイムスリップして

 織田信長として生きるって。。。なんじゃそら って思うけど


  ちゃんと辻褄合わせてくるから面白い。


 言い伝えられてることが全て本当とは言えないけどね


 これだけネットが充実してる時代でも、事務所からの一方的な言い分しか報道しないメディアがいるくらいだから


  当時だったら、どんなでも世間を言いくるめることはできただろうしね


 そういえば、豊臣秀吉も政権を取ったら人が変わったみたいに豹変したって言われてるけど

 
  サブローみたいに、実はタイムスリップしてった人間と入れ替わってたのかもよ ふふ


 時代劇って最近とてもいいな~って思う。


  ロケ地がいちいち風情があるしさ


 木村拓哉版 『宮本武蔵』 で、槍の阿厳と決闘するお寺の境内(と思う)が映ったし


 たぶん、岡田准一だったから 『天地明察』 かな~?


 旅立つ前に宮崎あおい(?)とお別れする境内みたいなとこ?


   なんか見覚えのあるお寺だったな~

 
 また京都に行ってロケ地めぐりとかしたいわ


 サブローが帰蝶に


   「思いは必ず未来に通じる」 って言ってた。

その言葉を聞いてるのが柴咲コウだったから、思わず 「ロイド」ってなっちゃったよ


 
『ブリッジ・オブ・スパイ』
 今日は慎吾ちゃんの39歳の誕生日でした

  ついにSMAP最後の砦の末っ子くんも30代最後だなんて

 こんな時代が来るなんて、20年前は誰も想像しなかったよね おめでとう


   ちなみに昨日はうちの次男くんの誕生日だったので、

ちゃんとその日に着くように、ネクタイとかちょっと高級なカッターシャツとか

 しっかり仕事しろよ的なプレゼントを贈ったのに、

 まだ、ウンともすんとも言ってこない。きっと彼女とどこか旅行にでも行ってるんだろな。。。くそっ



『ブリッジ・オブ・スパイ』


  解説

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、ジョエル&イーサン・コーエン脚本と、いずれもアカデミー賞受賞歴のあるハリウッド最高峰の才能が結集し、1950~60年代の米ソ冷戦下で起こった実話を描いたサスペンスドラマ。保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた弁護士ジェームズ・ドノバンは、ソ連のスパイとしてFBIに逮捕されたルドルフ・アベルの弁護を依頼される。敵国の人間を弁護することに周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての職務を果たそうとするドノバンと、祖国への忠義を貫くアベル。2人の間には、次第に互いに対する理解や尊敬の念が芽生えていく。死刑が確実と思われたアベルは、ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わるが、それから5年後、ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットのフランシス・ゲイリー・パワーズが、ソ連に捕らえられる事態が発生。両国はアベルとパワーズの交換を画策し、ドノバンはその交渉役という大役を任じられる。


  
  こういう歴史上の実話を映画化しようと思ったら、きっといくらでもネタはあるんでしょうね。。。

 やっぱり、事実は小説よりも奇なり です


   ・・・なんちて 何故か、何度も途中で寝落ちってしまってました なんでやろ

 まあ、単にすんごく眠かっただけ。面白かったよ と、思うよ


  トム・ハンクスの安定感はハンパないもんな

 
 毎回、実話もの、それもアメリカの、を見ると


  アメリカの人だったらよく知ってる話で、もっと面白く観れるのかもな って思う。


 冷戦下のドイツ

 
  今まさにベルリンの壁が建てられようとしてる。


 壁を乗り越えようとしてる人たちが射殺されてる。


 ハラハラする、というか、緊張するシーンが淡々と描かれてるトコがすごい。


  ソ連とアメリカの間を仲介する、なんて超大役を果たすために出かけていくのに

 家族にも仕事内容は説明せずに行ってさ


   すんごいことを成し遂げて帰ってきても、自慢するわけでもなく

 テレビのニュースを見て、お父さんがすごい人だった、って知る子供たち

  
    かっこええわ

 
 仕事する上で、常に「評価」とか「見返り」は求めてません   by 中居正広


 今週も、金曜のワッツと土曜日のサムガで随分気持ちが落ち着いた。


 すごく腑に落ちる記事を見つけたのでご紹介⇒SMAP騒動を生んだメリー喜多川氏”恐怖の被害妄想”
  
『劇場版 MOZU』
『劇場版 MOZU』

 解説

逢坂剛氏のハードボイルド小説「百舌」シリーズを原作に、TBSとWOWOWが共同製作、リレー形式で放送した人気ドラマ「MOZU」の劇場版。ドラマ版に続き、主演の西島秀俊や香川照之、真木よう子ら豪華キャストが出演し、最大の敵となる悪役ダルマにビートたけしが扮する。妻の死の謎を追っていた公安警察官の倉木は、警察の内部に巣くう闇を明らかにした。しかし、それは恐るべき陰謀の氷山の一角にすぎなかった。ある時、高層ビルが占拠・爆破され、ペナム共和国の大使館が襲撃されるという2つの大規模テロ事件が同時発生。暗殺専門の殺し屋・権藤を中心とするテログループの犯行だったが、権藤らの裏には日本の犯罪史に残る重大事件を裏で操ってきた「ダルマ」と呼ばれる存在があった。



   イケメン揃いすぎる


 たまらんなぁ。。。 

  
   西島秀俊 に 伊勢谷友介 松坂桃李 長谷川博己


 長谷川博己 いいわぁ~~ めっちゃイイ 東かっこええええ

  
   クレイジーなんだけど、スマートなんだもん


 『進撃』 の シキシマ も、くっそかっこよかったけど、東もよいわ~


  それと、松坂桃李な


 こんだけクソな役できるなんて、いいな~ 

 
   ジャニーズ事務所じゃむずかしい。あ~~でも、「十三人の刺客」の時のごろさん クソ悪人だったね

 
 このとーりくんも、相当狂ってます。えげつない。

  
   けど、女装してるシーンはすっごい美人 いいよ すごくいい


 『MOZU』 は、最初にWOWOWでやってたものから、全部観たけど


  今回の劇場版は、今までのを全く観てなくても全然いいかも


  まあ、東 と 倉木 の妙な「同志」的な感じとか

 倉木と明星(真木よう子)の間に、恋愛感情があるのかないのか微妙なトコとか


 倉木が、娘と嫁(石田ゆり子)の死の真相を、ず~~~~~~~っと追ってきた感じとか


  その辺がわかってた方が、しっくりはくるかもしれんけどな


こないだ、ごろーさんの舞台を観に小倉に行ったけどさ

 
  劇場のすぐ近くに 「井筒屋」 があって


 倉木の嫁が爆死した現場が、この小倉井筒屋の前、というか、横?


  北九州は最近、映画のロケ地になることで、えらい盛り上がってるもんね


 「MOZU」はこれで完結なのかな~


  主要人物が健在だったら、まだまだ続編もできるかも


 でも、相当製作費かかってるよね


  アジアのどこかの国でロケしたっぽいけど


 玉木宏と山田孝之の『MW~ムゥ』の時の、タイロケ

 
   これ以上お金がかけられなかったって感じの中途半端なカーアクションに


 すっげーがっかりしたのを思い出したよ

 
  「MOZU」はしっかりお金かけてて、がっかりしないよ


 WOWOW と TBS の共作って、うまいことやったな~
『ギャラクシー街道』
『ギャラクシー街道』


   しかし、酷評が多いですね


 まあ、私も観終わった時にまず思ったのは・・・

 
    「豪華俳優の無駄遣い」 かな

 特に、あの、こんぶのくだりとか


   だけど、これも三谷幸喜ならでは 三谷幸喜以外の監督には、やろうったって無理な話だよ


 慎吾ちゃんが言ってたとおり、ほぼストーリーなんてないようなもんだし

 
  でも、あんまり大爆笑でもなかったかな ずっとクスクスしてたかも


  基本、頭っから「下ネタ」だし。てか、全体的に下ネタだし


  面白かったのは、小栗旬 と やっぱ エンケンさん 最高


 あと、西川貴教 やっぱ歌うまいわ~~


  舞台を観てるみたいだったな 意味不明なやりとりを見てるうちに

いきなり誰かが歌って終わる みたいな


 それでも、2週連続 観客動員数1位だったのは、

 
   SMAP香取慎吾 と 怒涛の宣伝のおかげなんだろな~~

 
 とりあえず観たいと思うもん


 そのおかげで、古畑任三郎 1996年のたっくんゲストの「赤か青か」と

  1999年の「古畑任三郎 VS SMAP」の再放送があったのは、まじで有難かった



  まだまだ、私の中のベスト オブ 三谷幸喜作品は 『マジックアワー』 ってことで

   
プロフィール

るんるん

Author:るんるん
るんるん

生息地 福岡県
生まれた時から親の転勤であちこち移動。結婚してからも主人の転勤で、福岡~大分~下関~佐世保~八代~福岡を移り住む。
旦那(愛称:水虫くん)は単身赴任中 
次男は佐世保で銀行員してます。
電車通勤の長男と、黒猫のジジちゃんと暮らしてます。
合唱とダンスやってます。他には映画館によくこもってます。
SMAP大好き!!木村担当もしくはつとぷ萌え

というよりSMAPなしじゃ生きていけない!解散反対!!

フリーエリア

さっちゃんキムチ

多機能カレンダー(訂正)
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
最近のコメント
最近の記事
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。